【フィリピンの劣悪役所シリーズ】Pag-ibig編




 

フィリピンの役所は本当に最悪で腐っているのですが、今回はPag-ibigと言う役所について。

 

フィリピンの法人が従業員を雇用した場合、SSS、PhiHealth, Pag-ibgの3つが3大福利厚生であって、毎月のように掛金を会社と従業員が一定割合に応じて納付する必要があります。

 

そして、SSSとPag-ibigについては、毎年1月にライセンスの更新をする必要があるのですが、3/20の今日時点でPag-ibigの更新は終わっていません。責任は120%先方にあります。

 

まず、コロナ以降、フィリピンの役所は1日の受付人数に制限を設けています。そのため、並んでも並んでも自分の順番が来ないのです。フィリピンの役所には早朝から行列ができます。5時頃から並んでいる人もいます。番号札をゲットするためです。

 

と言うことで、あまりに哀れなので僕も担当者に「早くしろ」とは中々言えないのです。僕自身は少しぐらい手間暇掛かっても待つよりは断然良い、と言う考え方の持ち主なので、スタッフには「いつでも早起きして番号札取りに行くよ」と伝えているのですが、流石にスタッフも「じゃ、よろしく!」とは言って来ないので、全然進まないのです。

 

そんなこんなで、ようやく番号札が取れてライセンスの更新に言ったところ、「3回分の支払いがないので更新できない」とのこと。こちらとしては、これまで完璧に支払って来たので1年分の領収書を持参させたところ、「2020年の支払いが滞っている」とのこと。

 

いやいや、それって昨年の更新の時点で解決してることでしょ!と思いつつも、領収書を持参した方が早いのでそうさせると、

 

システム上、支払が記録されていないので、システムのアップデートを要求する申請書を提出してくれとのこと

 

もうメチャクチャです。先方のシステムエラーの責任をどうして、毎月掛金を納付している優良業者が負わなければいけないのか?しかも、宛先はマニラ本社。

 

ほとんどのフィリピンの役所に言えることですが、地方のブランチはマニラ本部にモノが言えないのです。だから、推測するに自分ではなく業者に申請させるのでしょう。

 

以前はこんなことがあると、自ら乗り込んで解決して来たのですが、最近は丸くなったので全てフィリピン人スタッフに任せるようにしています(別に実害は発生しないので)。

 

さて、マニラに申請書を提出してからかれこれ1週間。フィリピンタイム的には、返信が届くにはもう少し待つ必要がありそうですね。

 

フィリピンの役所は本当に酷い。。進展があったらまたここに書きますね。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス | コメントする

【2022年1月〜3月】パンデミック下のタイ&セブ滞在で感じたこと




先週、日本に戻りました。
今回の海外渡航の日程はこんな感じでした。

 

1/9〜2/9 タイ(パタヤ拠点にバンコク5泊、ホアヒン3泊)
2/9 シンガポール空港でトランジット夜明かし
2/10〜3/11(セブで学校再開準備)

 

タイも半分は仕事です(タイ英語留学のビジネスもしているので)
そして、感想はというと「最高」でした。
久々の海外、刺激がありましたね。
そう、僕が欲しいのは刺激なのです。

 

快適に過ごすなら、安全に暮らすなら、美味しいご飯を食べるなら、お金を稼ぐなら、日本人であれば当然に日本がベストでしょう。

 

しかし、僕にとっては余りに心地良すぎてつまらないのです。

コロナのせいで、2012年以来の日本長期滞在となってのですが(18ヶ月)、昨年の年末などは精神的にほぼ限界を迎えていました。

 

そう、海外に行きたい。。

 

そして、今回の2ヶ月の海外滞在で僕は完全に息を吹き返しました。
色んなものが身体中に注入され、眠っていた感覚が無理やり起こされた感覚です。

 

悪くありません。

 




 

まずコロナについて。フィリピンの過去1週間の1日の平均新規感染者数は586人です。タイは約2万人。日本は5万人以上です。医療体制については、フィリピンは劣りますが、タイの大都市なら日本と遜色ありません。

 

そして、一番良いのが嫌なニュースが耳に入ってこないこと。僕は日本ではテレビも新聞も一切見ないのですが(レベルが低過ぎるので)、どうしても触れざるを得ないことがあります。家族が見ていたり、大好きなサウナではなぜかワイドショーが流されていることが多いのです。

 

そして、あんなに「煽ってる」の日本だけではないかと思います。僕は普段、イギリスのBBCニュース、アメリカのABCニュースとFOXニュースを見るのですが(半分は英語の勉強)、あんな偏った煽り方はしません。

 

また、セブやタイでは一切テレビを見ないし、現地語もそれほど分からないので自然とネガティブニュースから距離を置くことができるのです。そして、現地にいる間にほとんどコロナについて話すことはありませんでした。もう生活の一部なので、日本であるような「昨日増えたね」なんて会話はゼロ。そもそも、みんなそんなに気にしてないので。

 

ただ、みんなマスクはしてるし、至るところで検温と消毒はあります。つまり、感染対策は日本と同レベルです。ですから、普通に注意していれば全く問題ありません。その証拠に、僕は過去2ヶ月で6回のPCR検査を受けて全て陰性でした。

 

次に日常生活。基本、コロナによる規制はありません。フィリピンのセブについて言えば、ほぼコロナ前の生活に戻っています。違いと言えば、外国人が極端に少ないこと。僕は1ヶ月の滞在中に観光客らしき日本人は1人も見ませんでした(在住者は雰囲気でわかりますので)。

 

ということで、完全アウェイな感じが最高でした。もちろん、ネット上では日本語は使いますが、現地ではガチで英語オンリーでした。

 

うまく英語が通じなかったり、レジで軽く15分待たされたり、1000ペソのお札を出してレジ係に”この世の終わりのような顔”をされたり(お釣りねぇよ!って顔)「不便」を感じることもありますが、この「不便さ」が何とも楽しいというか、戦闘意欲がそそられるのです。すみません、もう完全にドMですね。

 

そして何と言っても南国の気候。僕は2ヶ月、ほぼノースリーブ&短パンで過ごしました。タイでは毎日泳いで、セブでは3日に一回ジムに言って、早朝から仕事&勉強して、お昼にはビールを飲んでその後読書、という生活でした。もう最高ですね。

 

以上、自慢ではありません。「海外に行きたいけど、まだ心配だな〜」と思っている方の背中を押すために書きました。そして、最後に少しだけ煽るのをご容赦下さい。

 

セブの経済は壊滅的です。失業者が溢れ、観光業は姿を消し、レストランでは閑古鳥が泣き叫んでいます。セブが好きな方、コロナ自粛で自然と蓄えが増えた方、海外に行きたいと思っている方は、是非セブにいらして下さい。

 

今セブにいらっしゃれば、皆さんは楽しむ、現地の人は潤うという好循環が生まれ、以前以上に歓迎されるでしょう。「もう少し落ち着いたら」ではなく、みんなの力で落ち着かせませんか?

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス | コメントする

お気に入りのマクタン島のスポーツジム『JAM』




セブ滞在中の1ヶ月は、3日に1回のペースで地元民で賑わうジムに通っていました。
コロナ前からの常連なので、多くのスタッフや常連筋トレフリークからやたらと声を掛けて貰えました。

 

セブのマクタン島に滞在される方で、ガチに筋トレをしたい方、筋トレを始めたい方にはオススメです。下記がその理由です。

 

・みんな若い!想定平均年齢23歳。
→若い人に囲まれると何となく気分が上がる

・ガチ勢が多い、スマホ見ながらダラダラとバイクを漕いでる人とかいない
→これも同様にモチベーションを高めてくれます

・壁が吹き抜け&冷房なしなので、通気も良く気持ち良い
→全然暑くないし、発汗も促してくれます

・器具が豊富で種類も多い
→待ち時間ナシで、何らかの筋トレができます

 

正直なところ、いま僕が一番好きなジムです。
料金は1回80ペソ、1ヶ月で800ペソと破格です。
とにかく、下記のツイートで動画を見てみて下さい!

https://twitter.com/Cebu_Eigo_Club/status/1499359104242176002

3回5000円でパーソナルトレーニングも提供してます!

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス | コメントする