PhilHealthというフィリピンで一番マシな役所の実態




 

PhilHealth / フィル・ヘルスとは、その名の通り、フィリピンの医療保険制度。雇用者は一定の割合で、従業者の掛け金を毎月支払う義務があります。

今回は、従業員が1名退職したので、PhilHealthにその届出に行きました。と言っても、たった一枚の書類を提出するだけです。

 

Form Er2

 

PhiHealthの開館時間は、朝の8時。そして、フィリピンの役所対応は朝一が鉄則。ということで、私も開館時間に合わせて家を出ました。

7:50にPhilHealth到着。しかし、館外には既に多くの人が。。。

 

8:00開館。そして、私がもらった整理券の場号は、

 

 

 

40番

 

 

 

朝から思いっきり絶望感を味あわせて頂きました。その後、8:50まで待つもその時点で進んでいたのは15番まで。

9時にBIRでのアポがあった私は、一旦退散しBIRへ。




 

9:40に再びPhilHealthへ。

既に私の整理番号は超えて60番あたりを処理中。

 

そこで順番を仕切るスタッフと交渉。

 

私は朝7:50に来て9時まで並んでいたが、順番が来ずに他の用を済ませにいった。

そして、いま帰ってきたら私の順番は過ぎていた。

なんとかしてくれない?

Help me!!

 

本ブログで何度も書いていますが、フィリピン人の心を動かすには「Help me / 助けて下さい」が一番です。どれだけ自分に正当性があっても、割り切ってHelp meと言えるか?これ、フィリピンで(特にビジネスで)上手くやっていけるかどうかの、ターニングポイントでしょう。

 

ということで、何とか押し込み(割り込み?)書類を受領してもらいます。PhilHealthでは、この時IDも一緒に渡します。フィリピンでは、色んなところでIDの提示を求められれ不安なのですが、不思議と一度も紛失されたことはありません。

まあ、それでも不安ですが。。

 

そこから、待つこと約1時間。10:40にようやく、「たった一枚の書類の提出」という手続きが完了したのです。

 

 

 

PhilHealthに到着してから、実に2時間50分。

 

 

 

これが、フィリピンで最もマシな役所の実態です。PhiHealthは他の役所のように、どこにも載っていないよな資料の提出をいきなり求めたりはしませんが、「待ち時間」という点では、残念ながら他の役所と同じ水準なのです。

 

そういえば、私がセブに来た5年前とあんま変わってないな〜

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス | PhilHealthというフィリピンで一番マシな役所の実態 はコメントを受け付けていません。

セブ留学&バンコク留学の説明会を開催します – 12/1(土)12/2(日)in 東京




 

説明会の告知です!!

東京でセブ英語倶楽部の説明会を開催します。

 

セブ島留学のみならず、バンコク留学だけに興味のある方も大歓迎です!!

 

今年、最後となりますので来年セブ留学、バンコク留学をお考えの方は、ぜひこの機会をご利用ください。

 

いろいろと悩んでいること(分からないこと)も会って話をすれば5分で解決することもあるかと思います!

 

・日時:

   12月1日(土)14:00〜18:00

   12月2日(日)10:00〜14:00

・方式:マンツーマンでご説明させて頂きます。(お1人様1時間)

・説明者:共同経営者のヒッキーが担当します。

残念ながら私はセブで留守番です(悲)

・場所:セブ英語倶楽部 東京事務局

東京都千代田区内神田2-9-9 アイダビル302

山手線神田駅西口から徒歩1分

※ビルの1階はセブンイレブンです。

 

『具体的な留学の計画はないけど、フィリピン留学、バンコク留学に興味がある』という方でも結構です。

お気軽にご参加下さい!

お問い合わせは、問い合わせフォームからどうぞ!!

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス | PhilHealthというフィリピンで一番マシな役所の実態 はコメントを受け付けていません。

SSSという悪魔のような役所 たった1分の手続きに何時間待てば良いのか?




 

単刀直入に答えから、

 

 

6時間です!

 

 

では、経緯を順を追って説明します。

SSSとは、Social Security Systemの略。フィリピン人労働者の年金や傷害保険等を扱う役所です。雇用者は毎月の掛け金をSSSに支払い、従業員の給料から毎月一定額を控除します。

そして、今回私が経営する英語学校の講師が1人退職することになったため、その登録手続きに赴いた訳です。

何故、私自身で行ったか?それは、今回退職したスタッフがこの手の業務を一切担っていたからです(今後の引き継ぎが大変)。

 

SSSの悪辣ぶりを経験済みの私は、「もしかしたらいけるかも?」という微かな期待を抱いて知り合いのフィリピン人に届出を依頼しました(自分では行きたくない)。

しかし、結果は惨敗(苦笑)。

 

ざっくり言うと、SSSは「資格者」しかこういう手続きができないのです。そして、今回依頼した友人は当然に資格者ではないわけです。

ゴメンね、Irish!

 

と言うわけで、「万が一のため」と起業時に資格者登録をしていた私自身で行くことになった訳です。

やはり、万が一の備えって重要ですね!




翌日、朝の9:30にSSSに到着。

貰った整理券は49番

そして、9:30時点の進捗状況を確認するとまだ10番が処理中。

SSSは朝8時に始まるので、ざっくり1時間半で10人しか進んでいないということ。

 

この牛歩ぶり、フィリピンでは普通です。

 

一応進捗スピードを確認しようと、そのまま30分待ってみることにしました。

結果は、1人進んで11番♪

ということで、事務所に戻りました。

 

一通りの仕事が済んで、SSSに再び降り立ったのが午後2時。

そして、この時点で処理中の番号は46番

 

ラッキー!!

 

この「ラッキー」の意味は、「もしかしたら今日中に要件が済むかもしれない」という極めて低レベルのラッキー。フィリピン生活も長くなると、小さなことで幸せを感じられるようになりますね。

 

そこから忍の一字で、待って、待って、待ちます。

 

ようやく、自分の順番が来て、サクッと1分で処理が終わり時計を見ると、午後3時半。

 

 

整理券をもらってから、きっかり6時間で処理が完了したわけです。

 

多くの経営者は「雑用は全て部下に振れ」と言います。確かに「生産性」を考慮すればその通りです。しかし、ここフィリピンの役所や銀行の乱暴狼藉ぶりを直に体験して熟知していると、部下に頼むのが可哀想でならないのです(私の甘さですね)。

 

今後フィリピンで起業する方は、自分でこうした業務をする必要はないと思います。しかし、一方で一度は経験してみるべきだと思うのです。そうすれば、フィリピン人スタッフの気持ちも分かり、頼み方にも気を遣うようになり、良好な人間関係を築く上でポジティブに作用すると思います。

 

 

6時間待たされて、「お待たせしてスミマセン」の一言もないのです。

長時間待たせておいて、聞いたこともない追加資料を要求されたりするのです。

長時間待っても自分の番号が来なければ、翌日に持ち越しなのです。

 

 

待つこと以上に、相手の人間らしからぬ不親切さが気に障ります。

残念ながら、この国には実は親切さが欠けているのです。

見た目の(仕事時以外の)フレンドリーさに惑わされてはいけません。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス | PhilHealthというフィリピンで一番マシな役所の実態 はコメントを受け付けていません。