フィリピン 移民局の馬鹿さ加減を淡々と語る




 

Bureau of Immigration(移民局)、劣悪なフィリピンの役所の中でも特に悪名高い役所。できれば関わりたくないが、外人には避けては通れない関所。そして、先月どうしてもしなければならない手続きが発生しました。

 

実は同じ手続きを昨年9月中旬に行っていたので、その時と全く同じ書類を寸分違わず揃え、当社のスタッフを移民局へ送り出しました。

 

2時間後、そのスタッフは半ベソをかきながら帰ってきました。そして、『これを全部提出するように言われました』と8点ほどあるリストを私に提示しました。

 

全部はここには書きませんが、馬鹿らしい指示がいくつかありました。「Request Letter にある学校のロゴは上の余白のセンターにしろ」とか。もう、どうでも良いことです。

 

一番阿呆らしかったのは、『社員証のコピーを提出しなさい』。そして、それはauthenticate(本物であると証明)されていること。もう、完全意味不明です。類似の例として、フィリピンにはCertified True Copyという謎の用語があります。「本物であることを証明されたコピー」。いやいや、コピーはコピーでしょと言いたくなりますが、ここは猿の惑星フィリピン、私にとってはaway、従うしかないのです。

 

ということで、社員証をコピーし、その用紙に「これは本物です」と書いて、最後に弁護士に公証/notarizeして貰いました。一緒にIDのコピーや無犯罪証明書も提出しているのに、なんでこんなものが必要なのか意味が分かりません。

 

まあ、何はともあれ必要書類をサクッと揃え、翌日同じスタッフを移民局へと送り出しました。そして、2時間後にまた半ベソをかいて帰ってきました。

 

『書類はこれで良いけど、コピーを2部提出しろと言われました』

 

最初から言え、ボケ!!(私の心の声)

 

フィリピンの役所、いつもこんな感じです。相手のことは一切配慮しないのです。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス BIR | フィリピン 移民局の馬鹿さ加減を淡々と語る はコメントを受け付けていません。

Mynimoという低レベルなフィリピン最大手の求人広告会社




 

フィリピンで人材を探すには、Mynimoというウェブサイトを使うのがベストでしょう。フィリピン人、みんなこのサイト見てますから。

 

https://www.mynimo.com/

 

ただ、この会社もそのサービスは残念ながら超低レベルなんです。Mynimoはオンラインで登録も完了し、支払いもクレカでできるのでオンラインで全て完結しストレス無しです。しかし、問題はここから。

 

この会社、人が余っているのか?サービスというものを勘違いしているのか、広告を掲載すると必ず電話がかかってくるのです。今の時代、家族や友人でない限り、いきなり電話をしてくるのって「失礼」「業務妨害」「マナー違反」でしかありません。他人の時間を奪わないために、メールやメッセー・アプリがあるのです。

 

そして、今回もいつも通り、迷惑な電話が掛かってきました。うるさいので速攻で出て下記のように伝えてすぐに切りました。

 

『前回の担当者にも言ったが、緊急でない限り私に電話しないでくれ。要があれば、メールでくれ、すぐに返事するから』

 

その後、謝罪のメールが来ました。一点確認したいことがあったので、その返信で質問メールを送りました。

 

次の日、また電話が掛かってきました。

 

やれやれ。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス BIR | フィリピン 移民局の馬鹿さ加減を淡々と語る はコメントを受け付けていません。

セブの役所の待ち時間 2019年に実際に待った時間




 

フィリピン人の知人が、セブでの商売をたたみ故郷のミンダナオ島に帰ることになりました。彼女は几帳面に全ての役所を廻り手続きをしたのですが、その時の待ち時間が下記です。

 

BIR:2時間半
PhiHealth:2時間
BI:2時間
SSS:6時間

 

なんとBIRには6回も行っていました。要は、行くたびに、担当者毎の言うことが違うのです。ある日など、朝の10時にBIRについて閉館時間まで盥廻しにされ、挙句の果てに「続きは明日」となったそうです。

 

フィリピンの役所 = Waiting Game

 

そう言えば、PLDT(インターネットの支払い)でも、私は数ヶ月前20分待たされました。その月は1日と2日が祝日だったので、連休明けの5日の月曜日はどこも長蛇の列でした。

 

それは火曜になっても水曜になっても続きました。しかし、悪魔企業PLDTは少し支払いが遅れただけですぐに回線を止めます。そして、再開には数日かかります。ということで、水曜日にノーチョイスということで、20分間、PLDT様に並ばせて頂きました。

 

20分、日本人には限界ですね。。

 

まあ、私は並んでいる間も何かをしているので、時間の浪費はしていませんが。これ、文明国から来た外人としてのせめてもの抵抗です。

 
広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス BIR | フィリピン 移民局の馬鹿さ加減を淡々と語る はコメントを受け付けていません。