病院でも炸裂する劣悪なフィリピン・クオリティ




 

前回の続き。

 

医師の質問に対し、私が通訳となって質問に答えていく。簡単な医療単語はMBA受験時に勉強しているので、大体わかる。

 

腹痛

下痢

吐き気

吐く

手の痺れ

体がだるい

キリキリ痛い

等々

 

それから下記のような質問

 

「吐き気だけか、実際に吐いたのか」

「いつからお腹が痛みだしたのか」

「トイレには何回くらい行ったのか」

「お腹の痛みはどういう痛みか」

 

このような感じで問診を終え、いつものように薬局で薬を買ってくるよう指示を受ける。

【重要】フィリピンでは、病院で投与される薬を購入するのは患者の役割

 

速攻で薬を購入し、すぐに投与してくれと頼む。

一方で、検査の手続きをするよう指示を受ける。

今回の検査は2種類。尿検査と検便。

 

尿 urine

便 stool

 

urineは知っていましたが、stoolは知りませんでした。しかし、なんとなく想像はついたので、Do you mean shit?と質問しyesとの回答を得ました。



 

検査の手続きを終え、薬の投与が終わった知人に尿と便を取るよう指示。日本と違って、両者とも小さいアイスクリームの箱のような容器に入れ、検査室に提出する。検査には1時間かかるということなので、知人が休めるようベッドを用意してもらい、私は廊下の椅子に座ってポッドキャストのラジオを聞いて過ごす。

 

1時間後、検査室へ。

そこで、検査スタッフから思わぬ一言。

 

便の量が足りないのでもう一度取り直して下さい。

 

??

???

 

どいつもこいつも、相変わらずの土人ぶりである。

全く患者のことを考えていない。

早く診察を終え帰らせてあげたいとは微塵も思わないのであろう。

ということで、文句を言うことにした。

 

 

量の足りなさにはいつ気がついたの?

なんですぐに言わないの?

これからまた1時間待つの?

僕はいいけど、僕の知人が気の毒でならない

もう少し親切になれないのか?

 

先方キョトン。。。

 

いまから医者と話してくるが、もし検便がもう一度必要なら最優先で対応してくれ!

 

Yes sir.

 

 

その後、医者と知人と相談。

結局、「もう便は出ない」という知人の主張を優先し(そりゃ何度も出ないでしょ)、薬を出して貰ってホテルに帰れるよう交渉。

なぜか、医者は渋々同意(何が気にくわないのか?)そして、病院指定の「同意書」に検査に応じられない理由の記入とサインを求められる。

見たことない書類なので、何を書けばいいのか医師に聞いたところ、

 

Please write a reason why she doesn’t want to submit her stool…

便を提出したくない理由をここに書いて下さい

 

さすがに、あまりの頭の悪さにうんざり。

何度も「これ以上は(便を)出したくても出せない」と説明したのに。。。

 

As discussed , she wants to submit it but she can’t…

さっき話したでしょ!出したくても出ないって!!

 

と、そのまま同意書に記入し医者に渡す私。無言で受け取る仏頂面の医師。あくまでも一般論ですが、こういう言葉のニュアンスの違いに関して、フィリピン人は全くもって無頓着なのです。そう、こうした点こそが私が彼らと上手くコミュニケーションを図れない理由の一つなのです。

 

まあ、何はともあれ病院を脱出。

薬も効いて、翌日からは日常生活を普通に送れるようになり、3日後くらいには完治となりました。

このブログでは、何度かセブの病院について書いていますが、本当に面倒なところです。日本の病院でも不愉快な思いをさせられることがあるのであまり偉そうには言えませんが、最低限の親切心くらいは欲しいものです。最近の私のフィリピン人に対する口癖は、

 

Please be kind!

親切にして下さい!

 

なのです、病院、空港、役所、いろんなところで連発してます。。。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: フィリピン生活 | タグ: , | 病院でも炸裂する劣悪なフィリピン・クオリティ はコメントを受け付けていません。

やたら偉そうなフィリピン人の医者と不完全&不愉快な英語




 

先日、早朝に知人を病院に連れて行きました。

病院は、マクタン・ドクターズ・ホスピタル。

症状は、腹痛。要は、お腹を壊したということです。

 

セブ在住の日本人の方や観光客の方はジャパニーズ・ヘルプ・デスクのある病院に行かれた方が良いです。下記の3つの病院にあります。

 

(1)セブ・ドクターズ・ホスピタル

(2)チョンワ・ホスピタル

(3)マクタン・ドクターズ・ホスピタル

 

しかしながら、日本語が話せるスタッフがいるのは(1)と(2)だけです。そして、営業時間は9時〜18時。更には、(1)と(2)はセブシティでもかなり奥の方にあるので、リゾートホテルが多い私が住むマクタン島からは車で軽く1時間かかります。

 

よって、急病人がいる時は私は迷わずマクタン・ドクターズに連れて行きます。それに、体調が悪くなるのって不思議なことに病院の営業時間以外が多いのです(これはきっと日本も同じ)。



 

今回は、朝6時半にマクタン・ドクターズに行きました。そして、迷わず救急外来/Emergency roomに向かいました。知人を椅子に座らせ、私が事情を英語で説明します。この病院のEmergency roomには、受付に医師が座っているのです。そして、この医師が最初に言った言葉が、

 

Do you only want to have a consultation?

正確には覚えてませんが確かこんな感じ

 

診察だけでいいですか?

 

 

意味不明

 

 

なぜonlyなのか?

 

 

What do you mean?

 

どういう意味ですか?と私。

 

 

Do you only want to have a consultation?

 

もう一度同じセリフを繰り返す医師。

全く説明になっていない。

そして、私は急病人を抱える身。

一刻も早く診て欲しい。

 

 

私にはあなたが言うことが理解できない。

ここは病院なのだから、診察する以外に何があるのですか?

私は外国人なので、フィリピンの病院システムがよくわからない。

onlyというなら、他に何があるんですか?

 

 

そこで医師の一言

 

 

admitted?

 

入院しますか?

 

 

要は、「診察だけ」か「診察を受けたあと入院までしたいのか?」と聞かれていたわけです。もうアホらしくて二の句が継げません。そして、この医師の態度が少し傲慢だったので、ちょっと攻めることにしました。

フィリピン人の医師は傲慢で偉そうな人が多いとよく聞きますね

 

 

入院するかどうかは、あなたが診察して判断することではないのか?

どれほど重症か分からないから、いまここにいるんです。

 

周囲の視線が私に集まり始める

そう、フィリピン人は絶対と言っていいほどクレームを言わないのです

 

彼女(私の知人)はいま苦しんでいるんだ。

すぐに診てくれないか?

だいたい、さっきからのあなたの態度はなんだ?

あなたの目には怒気がある。

何か私が悪いことでもしたのか?

 

 

ハッとした表情からすぐに笑顔を浮かべノー、ノーと否定する医師。

 

 

もういいから、とにかく早く診て下さい!

 

 

Yes, sir.

 

 

ということで、急病人を抱え5分程度の無益な時間を費やし、ようやく問診が始まった。

この国、本当疲れる。。。

 

次回に続く。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: フィリピン生活 | タグ: , | 病院でも炸裂する劣悪なフィリピン・クオリティ はコメントを受け付けていません。

セブ島5つ星ホテル / モーベンピック ホテル マクタンアイランド セブ 宿泊紀




 

初日

デラックス オーシャンビュー ツイン (Deluxe Ocean View Twin)

Agodaで料金を見てみると、約22,000円(税・サ込み)

 

お部屋はこんな感じ。

セブ在住者には、バスタブが何とも嬉しいですね。

バスタブとは別にシャワーブースもあります。

 

翌朝は残念ながら雨。

先の方にかすかに 見える工事現場はおそらくシェラトンのものです。

 

そして、お部屋の感想はというとイマイチ。。。

ベッドが小さい&硬い

 

このモーベンピック、実は以前はヒルトンでした。

そして私はヒルトン時代にも一度泊まったことがあるのですが、同じ感想でした。正直、一泊2万円越えであのベッドでは物足りないと思います。それが、私がこのホテルをリピートしていない理由です。

 

ディナービュッフェ

お部屋のダウングレードのお詫びとして無料で頂いたので値段は分かりません(スミマセン)。食事は普通に美味しいですが、モーベンピックの近辺には徒歩圏内でもっと安くて美味しいレストランがあるので、そちらに行かれることをおすすめします。

 

興味のある方はコチラを→ Movenpick /モーベンピック 周辺ガイド レストラン編

一応、モーベンピックに1年半住んでいたので周辺には詳しいんです!

 



 

2泊目

スイート キング (Suite King)

値段は約28,000円(朝食付き)

お風呂、なんとジャグジー!

 

このお部屋なら納得ですね。

ベッドもフカフカでした。

 

部屋からの絶景

 

朝食

スミマセン、1枚しか写真ありません。。。

 

 

結論:

・モーベンピックに泊まるならスイートにしましょう!

・差額は6000円程度ですが、満足度の差ははるかに6000円の価値を上回ります。

・辛口ですが、スイート以外の部屋に泊まるなら、私ならマリバゴ・ブルーウォーターを選びます。

 

 

 

参考までに、セブのリゾートホテルについて私の主観を書いておきます。

 

シャングリラ:

間違いなくセブNo1. 予算に余裕があれば迷わずココです!

 

クリムゾン:

2017年8月現在、プールが工事中です。

また、陸の孤島と言っていいほどのロケーションなので、移動が大変です。タクシーが来ないので、結局高額なホテルの車を使うことになります。

 

Jパーク:

あくまでも個人の感想ですが、リトル韓国です。ホテルの周辺は、コリアと見紛うほどにハングルだらけ。朝鮮好きの人以外はあまりお勧めしません。ここは、フィリピン、セブですから。

 

プランテーション:

ここも立地に難がありますね。しばらく行っていないのでコメントは控えます。

 

ということで、シャングリラかモーベンピック(スイート)の2点推しです。

次に、4つ星のブルーウォーターですね。

 

 

【広告】ボホール島1泊2日格安ツアーで評判のツアー会社をご紹介↓↓↓

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: フィリピン生活 | タグ: , | 病院でも炸裂する劣悪なフィリピン・クオリティ はコメントを受け付けていません。