2018年 ビジネスパーミット等年次更新(3)Pag-ibig & SSS




 

Pag-IBIG

 

1/9(火)の朝9時頃、Pag-Ibig事務所を訪れるも、

 

オフライン!

 

の一言。

日本人には理解に苦しむ言葉ですが、これ「ネットが繋がっていない」ことです。

日本でこんなことが起こったら、間違いなくヤフーニュースに載りますねww

 

いつ復旧しますか?と私。

明日、来て下さい、とスタッフ。

 

こうして、フィリピンでは1日という貴重な時間が簡単に失われていくのです。

 

翌日朝、再びPag-Ibigへ出向く。

いつもと違い閑散とした雰囲気。

そして、予想通りの

 

2日連続オフライン!!

 

肩を落としてその場を立ち去るフィリピン人を掻き分け、中に入る私。

二人いる受付の一人を捕まえ「年次更新にきたのでよろしく!」と告げる。

 

先方が何かを言う前に機先を制し、

 

オフラインであることは聞いた。

2日連続だよね。

でも大丈夫。

昨年の支払い分の領収書は全部持ってきたから確認作業はできるよね。

担当は誰ですか?

 

すぐに担当部署まで連れていってくれる受付係。

優秀?というかオフラインのおかげで超ヒマだから?

 

その後、担当者にも同じことを告げ、資料を全て渡し、5分以内に年次更新終了。

 

フィリピンでビジネスをする上での心得。

 

役人の言うことを信じてはいけない!

 

2日連続オフラインとなることを想定しての準備が勝因でした。



 

SSS

 

1/9(火)11時頃にSSSのマクタン事務所へ。

 

そこには、フィリピン名物「推定待ち時間2時間の長蛇の列」。

ガードマンに「会社の手続きだから入れて」というも、「列に並べ」の一言。

 

数分おいて、奥義を炸裂。

満面の笑みで

 

クーヤー、ヘルプミ〜

会社の手続きだといつも入れてくれるよ・・・・・・・・・(早口英語でゴニョゴニョ)

 

「下手に出る」「相手をするのが面倒と思わせるくらい面倒くさい英語を話す」

この2点で大抵の関門は突破できます。

 

2階の法人カウンターに行き、約30分待ち。
私の手続きそのものは、ものの5分。
至って簡単!

 

しかし、私の前にいた2名はそれぞれ15分くらいを要し、SSSスタッフから色々言われてました。

役所に行くたびに思うのですが、フィリピン人、自国の行政システムを全然理解してません。それが、あらゆる所で非効率を生み、長蛇の列ができる一因なのです。

おそらく、私よりもこうした行政プロセスに精通したフィリピン人は100人に1人もいないと思われます。

 

とにかく、書類の不備で突き返されるフィリピン人のやま、ヤマ、山なのです(悲)。

 

 

少し脱線しますが、、、

フィリピンの人件費の安さは驚異的です。

大卒初任給、ざっくり8000ペソ(2万円)の世界です。

 

ですから、「とりあえず雇う」という経営者が多いのです。

セブでビジネスをする日本人も同じです。

 

しかし、私に言わせればそれが失敗の元なのです。

 

できない人間は、残念ながらとことんできないのです。

そして、ゼロならまだしも、そういうスタッフはマイナスをももたらすのです。

 

会社の金の横領。

毎月の支払いを懐に入れられ、合計100万ペソ以上を横領された話。

自分の経営する飲食店の食材を毎日持ち帰られていた話。

 

こんな犯罪行為に至らずとも、採用・教育に費やす時間と費用。

日々のマネジメント・ストレス。

信用できないので、結局自分で全部チェックする。

そして、更に募るストレス。

 

私もできれば、こうした「処理仕事」はスタッフに振りたいと思っています。

しかし、「任せてはいけない人に任せた場合に生じるデメリットとケツ拭きの大変さ」を知っているので、慎重に慎重を期しているのです。

会社を成長させ、来年の年次更新はスタッフに任せられるよう頑張りたいと思います。

 

ということで、残りの手続きは次回。
広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス | 2018年 ビジネスパーミット等年次更新(3)Pag-ibig & SSS はコメントを受け付けていません。

バンコク英語留学 参加者募集 期間:2/5-2/9(5日間)

 

スミマセン、今日は告知です。

格安でネイティブのレッスンを受けられる「バンコク留学」参加者募集です。

主催者は、私の友人。

詳細は下記をご覧下さい。

==================================

 

タイをこよなく愛する経営者2人が運営するセブ英語倶楽部。(もちろん2人ともセブLOVEです。)

 

今年は、セブ留学を終えたお客様(生徒さん)のステップアップの場として、また長期でセブ留学をしている方のモチベーションUPの場として、バンコク留学を広めて行きたいと思っています!(もちろんセブ英語倶楽部のお客様以外の留学希望者も大歓迎です!)

 

私、Hikkyは今回で2回目のバンコク英語留学!(嬉)

いつも生活しているセブではどうしても環境に慣れてしまって、英語の勉強に対するモチベーションがなかなか上がらず…

 

前回バンコク英語留学に行った際には、自分なりに英語の勉強に対するモチベーションが上がり、来月、2回目の短期バンコク英語留学に旅立つことになりました!

 

前回のバンコク英語留学は日本(成田から)から行きましたが、今回はセブ留学中のみなさんにも情報をシェアできればと、セブ発着で行く予定です!

 

前回のバンコク英語留学(短期)の様子についてはこちらをご参照ください。

タイ・バンコク英語留学(短期)に行ってきました!~バンコク英語留学のまとめ~

 

また、前回は1人でのバンコク英語留学だったのですが、今回は私以外にもう1人の参加が決定しております!

 

もちろん他の方の参加者も受付けております!

 

詳細は最後に!

 

 

 

今回は、もう1人参加者がいるので、いろいろな体験をして欲しいと思い、行きと帰りのフライトの航空会社を変えてみました!

 

行きはエアアジアにて

 

セブ 07:05発→バンコク(ドンムアン空港)14:50着(クアラルンプール経由)

 

帰りはセブパシフィックにて

 

バンコク(スワンナプーム空港)09:35発→19:25着(マニラ経由)

 

行きはクアラルンプール経由でマレーシアも空港だけですが体験。

そしてバンコクの空港も行きはドンムアン空港、帰りはスワンナプーム空港とバンコクの2つの空港を体験していただきます!

※最近、フィリピン航空がセブ~バンコクの直行便を就航させたのですがスケジュールが悪く、今回は上記の経由便となりました。

 

また、今回の予想費用は(というのもホテルはこれからなので)

 

航空券・・・約35,000円(往復)

 

授業料(1日3時間×5日間)・・・約21,000円

 

ホテル代(7泊)・・・約25,000円

 

食費・マッサージなど(7日間)・・・約10,000円

 

————————————————————–

合計 約91,000円

※バンコクにはたくさんのゲストハウスがありますので、宿泊費を節約することも可能。

 

そうです、1週間のセブ留学費用とほぼ同じ予算で

 

・ネイティブ講師の英語の授業が受けられる

・語学学校に通う世界各国の生徒と友達になれる

r

と、少し環境を変えるだけで、セブ留学では得られなかった刺激が受けられるのです!

 

あなたも私と一緒に新たな刺激を受けにバンコク英語留学をしてみませんか?

 

留学日時:2/5(月)~2/9(金)

※私は2/4(日) ~2/11(日)バンコク滞在です。

 

只今、私と一緒にバンコク英語留学に行きたい仲間を受付中です!

セブから一緒に行く方、バンコクで現地集合の方、どちらもでOKです!

バンコクに詳しくない方は、私が授業時間以外で可能な限り、楽しいバンコクをご案内いたします!(無料)

 

1人よりも2人、2人よりも3人と人数が多い方が、しっかり勉強して、楽しく遊べると思いますので、ぜひこの機会にご興味のある方はどうぞ!

 

 

当校のLINEにお友達登録していただければ、留学についての質問はもちろん

セブについての質問も受け付けております!

 

セブ旅行・セブ移住・セブビジネス・南国ノマドについてのご質問もお気軽に下記LINEからどうぞ!

 

友だち追加数

 

※PCの方は『@pzk1123u』で検索して下さい

————————————————————–

 

Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス | 2018年 ビジネスパーミット等年次更新(3)Pag-ibig & SSS はコメントを受け付けていません。

2018年 ビジネスパーミット等年次更新(2)消防署




 

ファイアー・インスペクション・サーティフィケイト
(消防検査済証)

 

1/5(金)の朝、消防署(Fire Department)へ

 

・ビジネス・パーミットとバランガイ・クリアランスのコピーを持参。
・スタッフが簡単な書式に記入し、ホチキスで綴じ、それを消防所(Fire Station)へ提出するよう指示を受ける。

 

*この辺、全て手作業・マニュアルなのがフィリピン式。更に役所内の横の繋がりとかゼロ!

 

 

上記のルートを、トライシクルで移動(50ペソ)。

現地に行くと、消防員は私のことを覚えていて「来週の月曜日の10時〜11時の間に消防検査に行くね」とのこと。話が早い!

 

 

1/8(月)

 

指示された時間に待機するほど私はウブではない。
時間通りに事が運べば、フィリピンという国は既に先進国の仲間入りをしているはずである。

 

ということで、朝9時から事務所で待機。

 

そして、結論。

 

検査には誰も来ませんでした(汗)

 

そして、昼過ぎに1通のテキストメッセージが。

 

検査レポートにサインをしに消防署まで来て下さい。

 

ということで、ステルス消防検査のレポートにサインするために、同日夕方、再び消防署に赴いたのです。

サクッとサインすると、「3日後に検査済証を取りにまた来てくれ」とのこと。
(そこで、なぜか書類のコピー代として6ペソ請求されました)

 

11日(木)11時頃 消防署へ

 

前回応対してくれたお姉さんに、証書を取りにきたことを告げると早速別室へ。

ものの2〜3分で証書を持って帰ってきたので安堵していたところ、見たことのないおっさん登場。

どうやら、偉いおっさんらしい。
そして、このおっさん、開口一番。

 

 

おたくが入っているビルに消防上の問題があるので、この証書にはサインできない。
そう、ビルのオーナーに伝えてくれ。

 

 

完全に意味不明

 

 

ビルに問題があるから、その入居テナントの証書にサインできないのは100歩譲って理解できる。
しかし、それを私が告げなければいけない責務などあるはずがない。



 

そう、このオヤジはここで私のレッドラインを超えてしまったのだ。

そして、私は迎撃体制に入った(しかし、表面的な笑顔は忘れない)。

 

 

ビル・オーナーと話すのはおたくの仕事だよね。

どうして、私がそんなことしないといけないの?

それこそ、あなたの責任でしょ?

だから、あなたが電話してくれ。

私はこの国でビジネスをするにおいて、全ての法的な責任を果たしている。

そんな理由で証書をもらえないなんて、全くもっておかしい!

 

 

 

多少の押し問答はあったものの、最後は笑顔を浮かべてOK, OKと私を宥めるおっさん。
おっさんの退室後、気まずい雰囲気が漂う室内。
申し訳なさそうな顔をして私を送り出す担当のお姉さん。

 

そう、この顔こそが、どちらが正論を言っていたかを如実に表しています。

 

まあ、これが理由で証書がもらえないことはまずありません。
また、ビルのオーナーとの関係は良好だし、彼は地元の名士なので心配はありません。
(彼には同日中に「ヘルプ・ミー」と言っておきました、よろしくTony!)

 

しかし、フィリピンの役所は、以前よりは良くなってますが、依然として「お上体質」は抜けませんね。

 

私は今後も「モノ言う外国人」として言うべきことは言います。
私が曲がったことが大嫌いなのが一番の理由ですが、今後「日本人がなめられないため」という理由もあります。

 

あっ、あまり経験のない方は真似しないで下さいね。
こっぴどいカウンターをくらいかねないので。

 

私は、それなりに細かいことまで、ニュアンスまで、英語で伝えられます。
また、外国人とのビジネス経験も豊富にあるんので「引きどころ」も分かっています。
言う時はガンガン言いますが、心の中はいつも冷静で緻密に計算しながら話しています。

 

ということで、今日はダメダメな消防のせいで長くなったので、続きは次回。
広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス | 2018年 ビジネスパーミット等年次更新(3)Pag-ibig & SSS はコメントを受け付けていません。