最強食材ブロッコリー(フィリピンでは高いですが。。)




 

筋トレ愛好家の中で大人気の最強食材と言えば「ブロッコリー」。今回はこのブロッコリーの最強ぶりについて簡単に書きたいと思います。まずは、ブロッコリーに含まれる成分

 

・タンパク質
なんと野菜であるにも関わらず、ブロッコリーにはタンパク質が含まれているのです。100gあたり4.3gとなかなか優秀です。筋肉を育てるには、タンパク質が必要ですよね。

 

・ビタミンC
なんとグラム当たりで換算すると、レモンよりも多くのビタミンCが含まれているのです。ビタミンCは、疲労回復・風邪の予防に良いですよね。

 

・NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)
なんとアンチエイジングに効く成分で、これを摂取するにはブロッコリーが最強だそうです。マウスの実験では、実際に寿命が伸びたり、ミトコンドリア(エネルギーを生成します)の機能も上昇したそうです。

 

『身体機能を回復し、健康寿命を延ばす。 ――老化・寿命の研究で解明された物質「NMN」の驚きの効用』
https://www.mugendai-web.jp/archives/6576

 

・スルフォラファン
脳の機能を改善したり、血糖値を調整したりするそうです。

 

ということで、ブロッコリーはフィジカルだけでなく、脳にも効く最強食材なのです。もう今夜のおかずは、ブロッコリーで決まりですね!

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: その他 | 最強食材ブロッコリー(フィリピンでは高いですが。。) はコメントを受け付けていません。

居留守を使う役所 TESDA




 

このブログでも何度も取り上げている最悪の役所、TESDA。ざっくり言うと、TESDAはフィリピンの職業訓練学校を統括する役所のことです。そして、フィリピンで英語学校を経営するためには、TESDAが直接提供するトレーニングを修了することで取得できるTM1(Training methodology)という資格を有する教師が必要です。日本で不動産業を営むのに、宅建の資格を持っている人が必要なのと同じようなイメージです。

 

TM1保持者は1人でも多い方が安心感につながるので、2018年10月に新たに雇用した教師のためにTM1コースに申し込みをしました。フィリピンのこうしたコースは、申込者が定員に達した段階でスタートする、完全に顧客無視のスタンスです。そして、その定員は18名。参考までに、2018年10月時点の申込者はたったの3名でした。

 

その後、何度か問い合わせをしたのですが、先方は一切無視。メールには絶対に返信しない。電話にも出ない。実はオフィスにいるのに出ないのです(これあとで確認したので本当です)。そして、さすがに業を煮やし2月頃に当社のスタッフに現地に行かせました。すると、あっさりオフィスにいるのです。そして、返事は「まだ」の一言。一切謝罪はなかったそうです。

 

そして、ある土曜日のお昼頃、当校の教師の1人からいきなりメッセージが入りました。「いま、TM1の講義に参加しています」と。そして、「いつ、開講するとの連絡があったの?」と聞くと返信は、

 

last night(昨日の夜)

 

半年待たせて、一切の経過報告もなしに、いきなり前日の夜に連絡してきて「明日来い」。これがフィリピンなのです。言いたくありませんが、この国には本当に「思いやり」という言葉がかけているのです。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: その他 | 最強食材ブロッコリー(フィリピンでは高いですが。。) はコメントを受け付けていません。

セブでの家賃の割引交渉の仕方




 

フィリピンでコンドミニアム(日本でいうマンション)を賃貸する場合、基本的には6ヶ月単位となります。確か、イギリスでも半年契約でした。日本の「2年」というのは世界標準からするとかなり長いようです。理由はわかりませんが、貸主保護の観点から長く設定されているのでしょうかね。

 

参考までに、フィリピンで家賃を値切りたい場合は「1年契約」を申し入れると良いでしょう。私もそうすることで家賃の10%ディスカウントを獲得しました。もう一つの手段としては、「1年分の前払い」です。実は、このやり方で私がセブで運営する会社の一つは、年間1ヶ月分の値引きを獲得しました。

 

ただし、このやり方はリスクがあるので注意して下さい。住んでみたら周囲が煩いとか、不具合が連発するというのはフィリピンではよくあることです。そして、こうしたことに「日本人目線」でクレームを入れても全く相手にはしてもらえません。ですから、知人が住んだ実績があるとか、実際に居住した後の更新の場合の時だけこの値引きテクニックは使った方が良いと思います。

 

またセブでよく聞く話では、「日本人の金払いの良さ」は群を抜いているそうです。フィリピン人、支払い遅延は普通です。ここでは国籍は伏せますが、ある国の人はやはり金払いが悪いという評判を聞きます。ただ、ここでいう「金払いの良さ」とは、契約通りの金額を期限内に支払うという極めて当たり前のことなのですが。。まあ、こういう積み重ねが、日本人の評判を高めてきたのでしょうね。

 

話は飛んで、

 

昨夜、部屋に戻ると一通のレターが部屋に差し込まれていました。そこに書いてあるのは、

 

『あなたの契約は2019年の5月に満了しています。更新しますか?それとも契約を終了しますか?』

 

8ヶ月遅れて、更新確認の通知が来ました。実際、家賃は払い続けているので契約は更新されていることになると思うのですが。。面倒なので2年まとめて更新しておこうと思います。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: その他 | 最強食材ブロッコリー(フィリピンでは高いですが。。) はコメントを受け付けていません。