イミグレ(移民局)での長い1日 なんでこんなことで丸一日もかかるのか?(前編)




 

4月5日(木)に、移民局のウェブサイトに私の名前を発見した。

要は、私の労働ビザの申請が通ったということだ。

 

マトモな国であれば、すぐにビザを取得できるはずなのだが、ここは猿の惑星フィリピン。

永遠の発展途上国フィリピン。

いつまで途上と言い続けるつもり?

 

マニラ様からセブくんだりまで、書類が届くのに2週間はかかる。

いまは21世紀、2週間もあれば世界のどこにだって荷物は届くと思われるが、そんな常識でこの国を測ってはいけない。

実際に、かかるのである。

 

ということで、4月23日(月)に満を持してセブのイミグレに向かう。

朝9時に到着し要件を告げると、私のビザが許可された書類を渡される。

そして、それを3部コピーして来いという。

ご丁寧にもイミグレの裏にある弁護士事務所で有料でコピーができるという情報も添えて。

 

フィリピンの役所は書類の原本しか用意しない。

複数必要な場合、それをコピーするのは利用者の役目だ。

とにかく面倒臭い。

 

サクッとコピーを終え、コピーに受付スタンプを押してもらい、指定されたカウンターに提出する。

あとは待つだけ。




 

しかし、この日は少し待ち時間が長い。

と言っても、「1時間待ち」など待ったうちに入らないのが永世後進国フィリピン。

 

しかし、日本人には1時間が限界だ。

いつも通り「絶対怒らないスイッチ」を入れ、柔らかい笑みを浮かべつつ、慇懃無礼スレスレの丁寧な英語で要件を告げる。

 

まだ時間かかりそうですか?

 

すると、そのカウンターにスタッフが意味不明な言葉を発した。

 

3時。

 

何?

 

3時です。

 

????

 

 

なんと9時過ぎに出した書類にサインするのに、3時まで待てという。

 

 

どういうこと?

 

ルールです。

 

何?

 

ここに書いてあります。

 

と言って、全面ガラス貼りの受付カウンターの右下の隅っこに貼られた、5cm*10cm程度の小さな張り紙を指差す土人フィリピン人スタッフ。

 

よく見ると、そこには確かに小さな字で9Gビザの交付は午後3時と書かれている。

 

これを世の中の常識では不親切という。

しかし、この国では至極当たり前の光景だ。

 

まあ、何はともあれ少し苛めてみることにした。

 

 

こんなの誰が気づくの?

あなた、私が提出した時に何も言わなかったよね。

あなたが私の立場だったらどう思う?

どう考えても不親切だよね。

 

 

珍しくソーリーと素直に謝るスタッフ。

しかも2回も。。。

 

まあ、謝った人を許さない訳にはいかない。

謝罪を受け入れ、これ以上時間を無駄にしたくない私は帰路についた。

 

セブ名物の渋滞で、深夜なら10分程度の距離をたっぷり1時間かけて自宅に戻った。

 

こうして私は、移民局に行くことで貴重な午前中を失った。

出来高は、

・コピーを3部したこと。

・そして、移民局のスタッフに謝罪させたこと。

 

一応、フィリピン免疫の低い方に説明しておくと、フィリピン人の役人にSorryと言わせるほどの偉業はない。

この国では、それをミラクルと言う。

それくらい、フィリピン人の役人は絶対に謝らないのだ。

 

こうして私の貴重な時間が無為に失われていった。

 

自宅に戻り、仕事を済ませ、午後2時半にもう一度家を出た。

 

次回へ続く。

 

 

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス ビザ | イミグレ(移民局)での長い1日 なんでこんなことで丸一日もかかるのか?(前編) はコメントを受け付けていません。

セブ留学 俺ならこうする!社会人のために本音を書きます!!




 

本音を書く前に、セブ留学に関連する私のスペックを軽く。

 

・私はセブに4年住んでます。

・セブで英語学校を始めて約1年半。

・学校を経営するだけでなく、自分でも英語を教えています。

・2008〜11年にかけて、自分自身、7回のフィリピン留学を経験(全回1週間ですが)。

・一応、英語できます。

 

さて、本題。

でも、難しい。

 

一言で留学と言っても、1週間の短期もあれば半年以上の長期もある。

初級者もいれば、現時点である程度話せる人もいるでしょう。

 

ですので、誰にでもフィットする万能なことは言えませんが、幾つかの信念を書くので、あとはどれが自分に当てはまるか、ご自身でご判断下さい(スミマセン、身勝手..)。

 

では、早速。

 

1、私なら学生の少ない学校を選びます。

 

学生さん、スミマセン。。

中には、可愛いJDやイケメン大学生と友達になりたいという人もいると思いますが、それは学校でなくてもできます。

学校は勉強するところ。

正直なところ、自分で学費を払っている社会人と、親に払ってもらっている学生の間には、モチベーション(やる気)の面で大きな差があります。

こっちが本気なのに、周りでヘラヘラされるとイラッとします(顔には出しませんが)。

実際に教えていても、授業中にあくびとかしてるのは学生ですよ、大抵。。。

 

2、断然、日本人経営の学校にします。

 

フィリピンの英語学校の半分は日本人経営、残り半分は韓国人経営です。

ごく僅かですが、ロシア資本とアメリカ資本の学校はありますが。。。

 

要は、日系か韓国系かの2択なんです。

 

私がセブ留学してた頃は、韓国資本の学校しかなかったので、私の留学先は全て韓国系でしたが、大変でした。。。

例えば、

 

・顧客サービス

・食事

・無駄に厳しい拘束

・圧倒的な融通の利かなさ

・利益最優先

・学生層(当然、韓国人が多い)

 

日本と韓国の文化って、両極と言っていいくらい全然違うんです。

ここではこれ以上詳細は語りませんが、勉強に集中したかったら迷うことなく日系を選んで下さい。

 

3、レッスン数の少ない学校/コースを選ぶ

 

レッスン受けたら英語力が伸びるなんて、都市伝説は忘れて下さい。

あなたに必要なのは「自習」です。

 

自習は練習。

学校でのレッスンは練習試合。

学校外での英会話が公式戦(実戦)。

 

練習なしに試合は戦えません。

 

レッスンたくさん受けて、自習もしっかりやるから大丈夫!

 

こういう人たくさん見てきましたが、みんな授業で疲れ切って自習なんてしてません。

 

決して、留学料金を授業数で割って、1レッスンあたりのコスパを出すようなことはしないで下さい。

全くもって無意味です。



 

4、学校はスタッフの質で選ぶ

 

私は7回のフィリピン留学中、4回同じ学校に行ったのですが、その学校をリピートした最大の理由は、日本人スタッフの親切さでした。

 

これは、本当に重要です。

 

海外にいて同じ日本人に冷たくされると、辛いのです。

正直、イラッとするのです。

 

しかし、学校スタッフも一応サラリーマン。

学校の方針に従うしかありません。

また、インターンも多いので、良い顧客サービスは期待しない方が良いでしょう。

だって、彼ら(インターン)の目的は、英語学習ですから。

 

 

5、学校を決める前に学校スタッフと話す

 

ラインでもスカイプでも、いまは簡単に海外通話ができます。

話せば雰囲気はすぐに掴めます。

余裕があれば、事前視察もありですね。

 

有名な学校か?評判の良い学校か?よりも、自分に合う学校か?です。

 

 

6、口コミサイトを鵜呑みにしない

 

あくまでも。これは一般論です。

留学に限らず、全てのビジネスに通じる真理です。

残念ながら、口コミはコントロールされている可能性があります。

 

ですから、学校スタッフと自分で直接話すのが一番です。

 

 

7、留学中は積極的に遊ぶ

 

上記3で書いたように、実戦は「学校の外」にあります。

極端な話、教室で英語を話せても、外で話せなければ意味はありません。

 

実際に、教室ではそれなりに話すのに、レストランではまともに注文もできない人を私は何人も見てきました。

 

また、セブは物価が安いと言っても、学生さんはあまりお金を持っていません。

1人で遊びに行くのはハードルが高いので、やはり友人を求めることになります。

当然、社会人の。。。

 

最後に私個人について言えば、英語は「独学」と「旅行」で学びました。

 

 

好き勝手書きましたが、こんな感じです。

 

 

セブ留学に興味がある方は、是非、下記のメルマガにご登録下さい。

無料ですし、変なセールスレターとか一切送らないのでご安心を!

 

http://mail-lp.com/p/LP0

 

全75回のメルマガです。

 

『フィリピン留学 ブログには書けない話』

 

最初の30日はフィリピン留学・英語学習・セブ英語倶楽部について。

それ以降、筆者とネイティブとのメールを教材にした英語レッスンです。

全120日で一緒に、セブ留学と英語のリテラシーを高めましょう!

 

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス ビザ | イミグレ(移民局)での長い1日 なんでこんなことで丸一日もかかるのか?(前編) はコメントを受け付けていません。

セブ島でゴルフなら『セブたび』 当日の現地引率と受付を格安でサポート

 

今日はセブ島で格安にゴルフを楽しめるツアー会社のご紹介。

 

この会社は、私のフィリピン人の友人が経営しています。

彼女は日本語ペラペラ

 

画像をクリックするとウェブサイトに飛びます⇧

 

この会社の良い点は、

 

1、日本人がホテルからゴルフ場まで引率してくれる

2、ゴルフ場での受付もしてくれ、カートに乗るところまでサポートしてくれる

3、プレー代は直接ゴルフ場に支払うので、現地価格でプレーができる

4、この会社に払う費用は、1人650ペソ〜1200ペソ(人数やゴルフ場により変動)の手数料のみ

5、移動は原則タクシーも、要望に応じて格安で専用車も手配

6、ゴルフ以外にも、ディープな現地情報をゲットできる(実はこれが本当の売り?)

 

 

お問い合わせは下記へどうぞ。

info@cebutabi.com

 

 

Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス ビザ | イミグレ(移民局)での長い1日 なんでこんなことで丸一日もかかるのか?(前編) はコメントを受け付けていません。