またかっ! PLDT !! セブでインターネット開通までの道のり




 

フィリピン生活は、”インターネットとの戦い”と言っても過言ではありません。

世界最遅レベルのスピード
台風等の自然災害ですぐに止まってしまう脆弱さ
そして、PLDT(フィリピン最大のネットプロバイダー)という悪魔企業

興味のある方はココココココ

今回、ムーベンピックに引っ越すに当り、PLDTにネット開設を
申し込んだのが11月27日。

7~10営業日以内に現地にインストーラーが伺います。
日程が決まり次第、事前に連絡します、とのこと。

これは大体、嘘。

これを鵜呑みにすると、裏切られた際の精神的ダメージが大きいので気をつけてください。
通常1ヶ月と考えるのが無難でしょう。



更に、事前に連絡は来ません。
私の経験では、

「いま車で向かっている」(一応、事前?)
「いま現地に着いたのだが誰もいない、どうなってるんだ?」

といった感じです。

 

話を元に戻します。

12月中旬、2週間以上が経過。
当然、何の連絡もなし。

ここから、忍耐力が試されるPLDTとの戦いが始まります。

とにかく、しつこく電話します。

更にはPLDTオフィスに行き、直接プレッシャーを与えるのです。

PLDTに勤める知人がいれば、あらゆるネットワークを駆使して催促します。

 

しかし、2週間経過時点のPLDTの回答は、

マニラからモデムが届かない。
台風の営業で、コントロールボックスが異常をきたしている(意味不明)。

要は、私のせいではないので知りません、ということ。

その後も、根気強く電話します。

 

そして、1ヶ月以上経過した12月29日。

耳を疑う事態が発生。

ムーベンピックの契約戸数は24戸までとなっており、
すでに24戸の契約があるので、お宅にはネットは引けません。

申込後1ヶ月以上が経過してのこの一言です。

当然、詫びの一言もありません。

 

そろそろ、悟りの境地に達しつつある私は、

「他社に申し込んであと一ヶ月待つか」、と気持ちを整理。

その後、1月2日に何故か「明日、インストールに行く」との連絡があり、
3日に無事インストール完了。

結果として、申込後1ヶ月+6日でインストール。

実は、これ悪くないですね。

 

セブ>>>>>イギリス、なんです。

 

私がイギリスでネットの申込をした2012年当時は、
1ヶ月半~2ヵ月待ちが普通でした。

フラット(アパート)の契約をした9月中旬に、数社に電話したところ
全ての会社に「November」と言われ、カルチャーショックを受けたのを
覚えています。

最終的には、1社日系企業を見つけることができ、割高ながらそこに
お願いしたら、1週間もかからずに繋げてくれました。
https://www.orbixinternet.co.uk/

他の国の多くの留学生は、11月までネット難民となり、10月は夜遅くまで
図書館で勉強していたのを覚えています。

これが、海外生活でジャパン・クオリティを痛感した最初の経験かもしれません。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: セブのインターネット タグ: , パーマリンク