セブでビジネスを始める -7 フィリピン人の雇用と福利厚生




フィリピン人の雇用に関しては、以前お話したので

下記の記事を参考にして下さい。

ココココココ

基本的には、日本と同様に、雇用契約書を締結することで雇用は完了します。
そして、最後に、従業員の福利厚生関連の手続きをして全てが完了します。



フィリピンには、3つあります。

 

SSS (Social Security System) / エス・エス・エス

休業補償や妊娠・出産時の一時金等が支給されます。

 

Phil Health / フィル・ヘルス

簡単に言うと、健康保険です。

 

Pag-Ibig / パグ・イビグ

正式名は、HOME DEVELOPMENT MUTUAL FUND
そこから、何故Pag-Ibigなのかは分かりません。

Pagi-Ipig、意味は”love”だそうです。

ざっくり言うと、住宅基金です。

 

 

登録後は、”毎月”支払をする必要があります。
当社では、フィリピン人スタッフが、実際に現地に行き、現金で支払っています。

恒常的な渋滞と、役所の処理の遅さの為、毎月膨大な無駄な時間を
これらの支払に費やしています。

Pag Ibigは、纏めての前払いも可能です。
当社は、10月に、10,11,12月の3か月分を払って時間を節約しました。

また、銀行振込も可能なようですが、銀行でその登録をする為だけに、
Board Resolution (取締役会議決)か、Secretary’s Certificateの提出を求められた為、
面倒なので(というか馬鹿らしくて)、まだ登録はしていません。

詳細な手続き論は書いたらキリがありませんので割愛しますが(既に忘れてますし)、
日本人の経営者は、全体感をざっくり押さえて、毎月の支払漏れがないかだけ
チェックしておけば十分かと思います。

 

当社では、下記に関する現地サポートを”リーズナブルな価格”で提供しております。
ご興味のある方は、是非、お問い合わせ下さい。

会社設立登記
営業許可取得
PEZA(税制優遇措置)取得
VISA取得
銀行口座の開設
月次・四半期・年次の納税手続き
フィリピン人雇用契約及び社会保障関連の手続き
オフィス開設(物件探し、契約手続き)
オフィス開設までの仮オフィスの提供
その他

良質なサービスを、リーズナブルな価格で、提供できる理由とは?

1、現地在住の日本人が直接対応 ~フィリピン人弁護士へのマージンなし

2、良質な現地ネットワーク ~経験豊富な現地企業とのアライアンス

3、フィリピン人と互角以上に渡り合える確かな英語力

4、日本における豊富なビジネス経験

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: セブ島現地ビジネス タグ: , , , パーマリンク