2015年1月の株価 総括




 

2015年の株価は、まずまずの滑り出し。

以前ご紹介したアノマリーの一つ、「1月第1週目までは株価は上がる」
は見事に外れ、1月中盤まで、株価は低空飛行を続けました。

そうした中、1月22日の欧州中央銀行の量的緩和の発表を受け、
日本・アメリカ・欧州の先進国市場は、ようやく勢いを取り戻しました。

リーマンショック以降は、株価のトレンドはほぼ「金融政策」によって
決まっているといっても過言ではありません。

本ブログでも何度かお話した通りです。




↓は過去3ヶ月の日経平均株価の推移。
稀に見る乱高下ですね。
投資家には、もっとどっしり構えて欲しいものです。

日経平均株価 過去3ヶ月

一方で、新興国・途上国市場は、年明けから絶好調です。

フィリピンは、驚異の6.35%アップ&史上最高値更新!!
フィリピンは株価だけは本当に強い!

フィリピン株価

そして、タイも5.64%上昇!

といっても、12月の”異常な暴落”を取り戻しただけ。
いまだに原因不明です(1日で6%弱下げた日もありました)

タイ株価

今回、新しい企画として(別に目新しくはありませんが)、
下記のようなバーチャル・ポートフォリオを組んでみました。

日本のETFに50%、残り5カ国のETFに10%ずつ投資した場合、
どの程度のリターンが得られるか?

毎月末に結果をお知らせしたいと思います。

ちなみに、この6カ国はそのまま私がETFを買っている国です。

1月の結果 (表をクリックすると大きくなります)

株価1月

100万円の投資で、1ヶ月で約2万円の利益。

日本以外のETFは、ドル建てなのでドル円レートの変動も加味しました。
年初 1ドル 119.36円だったのが、1月末は117.41円。
年の価値が、1.6%下落しました。

これを十分と考えるか、少ないと考えるか?

私には十分です。
美味しいモノ、十分、食べに行けますよね!
セブなら和食屋に8回くらい行けます(リアル過ぎ?)。

アメリカ経済は好調(1月の株価は低調でしたが)。
日本、欧州は金融緩和。

短期的な乱高下はあったとしても、上昇トレンドは続くのでは?
(アメリカの利上げが当分無いのであれば)

投資は自己責任でお願いします。

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: 投資の話 タグ: , , パーマリンク