著作第2弾!! Amazon KDP から「イギリス英語本」を格安250円で出版しました!

著書第2弾は、イギリス英語本です。

タイトルは、

表紙

処女作同様、Amazonから電子書籍のみでの出版です↓。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A7%E5%AD%A6%E3%81%B6%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E8%8B%B1%E8%AA%9E-%E8%92%BC%E6%9C%A8%E5%95%93-ebook/dp/B00TL5CE4A/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1423901189&sr=8-1&keywords=%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A7%E5%AD%A6%E3%81%B6%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E8%8B%B1%E8%AA%9E

 

出版の動機は、単にイギリス英語が好きだからです。

 

あの独特な表現、癖になるアクセント、クールなリズム。
アメリカ英語、フィリピン英語とは全くの別モノです。

私はフィリピン人と英語で話していると、
かなりの確率で「イギリスにいたの?」と聞かれます。

イギリス在住時に、イギリス人に理解して貰うために
”イギリス人のモノマネ”ばかりしていた癖が残っているようなのです。

「うん、以前少し住んでた」と答えると、かなり珍しがられます。

 

イギリス英語って、クール!!

 

私、大好き(イギリス英語が…) !!

 

よく言われます。

それと、色々質問されます。

 

イギリスでも、take out(テイク・アウト)って言うの?とか…
(答えは本書をお読みください、スミマセン営業トークで)

 

イギリス英語とアメリカ英語。
同じ英語なのですが、結構違うのです。

そして、その違いが興味深い。
それが、”英語を勉強する新たな楽しさ”を与えてくれるのです。

本書は、語学書と言うよりは、私のイギリス生活体験談のようなものです。
ホント、軽い読み物です。

 

ですから、250円という価格設定にしました。

 

正直、最後まで100円にするか迷ったのですが、
「安過ぎると逆にあやしい」と思われるのでは?と考え、250円に決めました。

250円の本でも、イギリス英語やイギリス文化の雰囲気は十分に
味わって頂けると確信しています。

イギリス旅行に行く前に、本書を読んでおくのとそうでないのとでは、
結構な違いが出ると思います。

イギリスでは、時間の言い方すら違うのですから…

 

Quarter to Ten.

 

何時だか、分かりますか?

このような表現を、私のリアルな体験に基いてご紹介しています。
本書におさめたキーワードは62個です。

皆さんのちょっとした”知的”暇つぶしに貢献できたら嬉しく思います。

 

Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

関連記事&おすすめ記事


カテゴリー: Amazon KDP, イギリス生活&MBA, 英語 フィリピン留学 タグ: パーマリンク