IELTSを海外で受ける 3ヶ国比較 – 日本、セブ、イギリス




今日はセブでのIELTS受験について、お話します。
日本での受験については、ネットで日本語で簡単に検索できると思いますので、
ここでは割愛させて頂きますね。

まず、スケジュールですが、セブでは月1回しか受けられません。
下記リンクを参照下さい。

http://www.philippines.idp.com/ielts.aspx

おそらく、どの学校でもIELTSの申込サポートは提供していると思いますので、
日本人スタッフに聞いてみて下さい。

次に、問題の料金です。
3ケ国を比較してみますね(2014年6月現在)。

日本  : 25,380円
セブ  : 20,684円 (8,900ペソ×2.32円)
イギリス :24,220円 (140ポンド×173円)

ちょっと、高過ぎですよね~




これには、実は理由があるのです(単なるわたしの推測ですが)。

一言で言うと、Speaking Testのイギリス人採点者の人件費です。

IELTSのスピーキングは、ネイティヴ・スピーカーとの1対1の面接なのです。
所要時間、15分弱。

逆に言えば、この面接官のスケジューリングのために、
セブでは月一回しか受けられないのです。
フィリピンで、イギリス人見かけることって、そんなに多くないですよね。

では、イギリスではどうか?

はい、当然ながら、毎週開催されています。

IELTS、セブでも料金は高いですが、それでも日本に比べれば割安です。

セブ留学の集大成として、IELTSを受けてみるのはいかがですか?
脳みそが「英語脳」の状態のうちに、イギリス人面接官に向かって、
思いっきり英語をぶつけてみましょう!

フィリピン留学に興味のある方は、是非、お問い合せ下さい。

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

関連記事&おすすめ記事


カテゴリー: 英語 フィリピン留学 タグ: , , パーマリンク