JAL エコノミークラス搭乗紀 マニラ~成田




 

日本へ。

今回は久しぶりにJALです。

マニラまでフィリピン航空で行き、
JALが発着するターミナル1へ。

 

何とリノベーション中

 

世界最悪空港から脱するために、とうとう重い腰を上げたようです。

Departure floor

DSC_0640

天井のデザインなど、やる気が伺えます。

トイレもこんな感じ。

DSC_0641

ようやく、”全うな衛生レベル”に到達してきました。
以前のターミナル1を知る方には、感動のレベルではないでしょうか?



更に驚いたのが、スタッフの対応。

先日のマニラ空港に関する記事で、

「やるべきことはハードでなく、ソフト面の改善」と書きましたが、

ありがたいことに、大きな進歩が見て取れました。

 

例えば、パスポートコントロールの職員。

処理が終わる度に、

ネクスト・プリーズ!!

と、手を挙げて、次に待っている人に声を掛けます。

しかも、ハキハキ喋る。

処理も心持ち早く感じる。

 

やればできるじゃん!

 態度が悪いと罰金でもあるのかな?
と勘ぐってしまう私は、少々フィリピンに毒されていますね。

 

そんな中でも、やはり一際輝いていたのが、我らが安心の翼、JAL。

14:50発のフライトなのに、11:15にターミナル1に到着してしまった私…

「カウンター、まだ開いてないだろうな~」と、思いつつ出発ロビーに入ると、

セキュリティ・チェックを終えたところで、

JALのプラカードを持ったグランド・スタッフさんが4人、笑顔で立っているです。

 

ちょっと、感動しました。
(写真取るの忘れた…)

 

更に、「JALです」と伝えると、チェックイン・カウンターまで
連れて行ってくれる親切さ。

「カウンターは11:45にオープン」
と書いてある看板があったので聞いたところ、

「早く準備ができたので、早く開けました!」とのこと。

 

お・も・て・な・し

 

こういう思いやりの積み重ねこそが、顧客満足度を向上させ、
最終的には収益の増大につながるのです!

 

ラウンジの内装も改装済み。

DSC_0644

食事のメニューもパワーアップ。

DSC_0648

JAL名物のカレーライスが、ようやくマニラにもお目見えしました。
(前からあったかもしれませんが、私は初めて見ました)

DSC_0647

成田や羽田のサクラ・ラウンジに比べては、大きな差がありますが、
あのマニラでここまでやれば十分です。

参考までに、羽田のファースト・クラス・ラウンジ↓

2011-07-16 08.10.31

2011-07-16 08.30.59

 

 

最後に、もう一つサプライズが。

 

なんと、機体がボーイング787

 

そう、あのボーイングの最新機なのです。

ビジネスクラスも、ようやくビジネスらしくなりました。

DSC_0649

↓は以前のビジネスクラスのシート。

2011-07-16 09.00.47

 

エコノミーも、長距離線並にゆったりしてます。

 

 

DSC_0650

DSC_0657

 

機内食もなかなか。

ちなみに、真ん中の紙コップは味噌汁です。

サラダ、フルーツもついて、アイスはハーゲンダッツ。

DSC_0653

 

ちみみに、↓はフィリピン航空の機内食。

食文化の違いを痛感します…ライスがあればOK

フィリピン航空 機内食 ジャカルタからマニラ

 

今回は、3時間30分のショートフライトでしたが、ほぼノーストレスでした。

まあ、ラウンジから成田到着まで、ほとんど仕事してたのですが…

 

ということで、今回はマニラ空港の頑張りと、JALの安定したパフォーマンスのお蔭で、快適に日本に帰ってくることができました。

 

感謝、感謝です。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

関連記事&おすすめ記事


カテゴリー: 搭乗紀 JAL タグ: , , パーマリンク