フィリピン航空の特典航空券を予約する




 

諸事情により、成田セブ間の片道チケットが必要

 

時期は8月

 

セブパシフィック航空の怒涛のプロモに乗り遅れ
安くても片道3万円は必要

 

本来であれば決して高くない価格ですが、最近のセブパシやエアアジアの
「安売り攻勢」に慣れていまうと、なかなか納得できません



そこで、今回はマイレージを使うことに

 

JALのマイルは温存し(使い道が広いので)、今回はフィリピン航空をチョイス

 

日本・フィリピン間の特典旅行(無料チケット)に必要なマイル数は

 

往復 27,000マイル
片道 13,500マイル

 

私は現在、約25,000マイルを保有

 

通常の航空会社であれば、websiteにログインし
全てオンライン上で手続き可能

 

しかし、我らが?フィリピン航空

 

”アジア初”の国際航空会社 フィリピン航空

 

未だ、ウェブ上での手続きができません

 

調べてみると、

 

 

申請書をダウンロードし、印刷して、手書きで記入し、最寄りのPALオフィスに提出しなさい

 

グラフィックス1

 

とのこと

http://jpn.philippineair.com/member/mm_appli_may14.pdf

http://jpn.philippineair.com/member/dl_appli09.htm

 

 

この21世紀にそんなカッタルイことできません…

 

 

まあ、何はともあれ電話してみます

 

今回は日本発なので東京のPALオフィスへ

 

特典旅行の申込の手続き方法を教えて下さい

 

ただいま口頭で承ります

 

えっ、ウェブには申請書とか書いてありましたが…

 

いえ、電話で大丈夫です

 

ということで、希望日・希望便を伝えてあっさり予約完了

 

追って、登録のメールアドレス宛てにチケット情報をお送りします

 

とのこと

 

無茶楽

 

フィリピン航空

 

やれば出来る子だったんですね!

 

ちなみに、チケットそのものは無料になりますが、
サーチャージ・空港使用料等で、計5,910円は支払う必要があります

 

電話でクレジットカードの決済もしてくれます

 

しかしクレカの決済は夕方5時までとのこと

 

その他のルールとして、

空席がある便への変更であれば、初回の変更は無料
2回目以降は都度3,000円の手数料

荷物は23キロまで

座席の指定も当然できます

 

「通路側」とだけ伝えたところ

 

”前方”の通路側の席をお取りしました、とのこと

 

フィリピン航空

 

ここでも出来る子ぶりを発揮

 

日本人スタッフだからか?

 

それともPALもようやく大人になりつつあるのか…

 

ナイナイ セッタイ…

 

何はともあれ、良い方に期待を裏切られるのって
気分が良いものですね

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: フィリピン生活 タグ: , , パーマリンク