フィリピンの非効率さをリアルに語る (銀行編)




 

先日 「銀行口座を開設し、他の口座でお金を下ろす」という
極めてシンプル&単純な2つの用事で ほぼ半日の時間を失いました

記憶違いによる多少の誤差はあると思いますが
リアルな時間と共に綴っていきます

 

13:00~14:00  タクシー移動 1時間

マクタン島のモーベンピック・ホテルから
セブ・シティのマリオット・ホテル(アヤラモール)までタクシーで移動

 

image1

 

17.11キロの移動に約1時間

 

ポッドキャストを聴きながら フィリピン人の手洗い運転にひたすら耐えます…

 



 

14:00~14:50 証明写真を撮る 50分

フィリピンで銀行口座を開設するには 証明写真が必要です
当然 日本のような「スピード写真」のマシーンはありません

その場で スタッフが撮影し、パソコンで編集し、印刷し、手動のカッターで切ります

私が行った頃は 運悪く長蛇の列

image1 (3)

 

アヤラモールの3階

雑談しながら働くフィリピン人スタッフのスローな動きに何とか耐えます

どんなに混んでいてもペースを変えないのがフィリピン流

 

最後に サンキューと 写真を投げ気味に渡されて完了

フィリピン人 なんでも投げます

これには どうしても慣れませんね…

 

14:50~15:10  銀行(BPI)でカスタマーサービスの順番を待つ 20分

BPIには 日本同様に受付の機械があるのですが 当然故障中

銀行内にあるATMまでOut of Order の札が掛かってました…

Customer Serviceのボタンを押しても 番号札が出てこない..

 

隣にいた親切なフィリピン人が

「番号札はガードマンが持ってますよ」

と教えてくれました

 

手書きの番号札…

 

BPIって確かフィリピン最大の銀行では??

 

15:10~16:10 口座開設手続き 約1時間

口座開設については 後日詳しく書きます

申込書類を書いた後 延々待たされました…

 

16:10~16:30 BDO(違う銀行)でお金を下ろす 約20分

こちらは会社の資金

銀行内に入ると私の前に待っている人は1人

 

ラッキー!

 

と思いきや それでも20分かかるのが フィリピンです…

 

16:30~16:50 タクシー待ち 20分

オフィスに行くべくタクシー待ち

運悪く夕立が降り始めたため タクシー競争率がグンと上がりました

 

16:50~17:10 アヤラからマンダウエのオフィスへタクシー移動 20分

距離にして4.5キロ

image2

まあ この時間帯で20分なら良い方ですね

 

17:20~17:40 オフィス前でタクシー待ち 20分

嘘のような話ですが 20分待ち

 

アベレージです

 

道沿いで手を挙げていると すぐにジプニーが勘違いして寄ってきます

乗るわけね~だろっ!と心の中で毒づきながら やり過ごします…

私はジプニーはマクタンでしか乗りません..危ないから…

 

17:40~18:00 オフィスから日本料理屋「筑前屋」へ移動 20分

その距離 たった1.5キロ程度

(下記のThe Orchard Hotelは筑前屋の近くのホテル)

image3

 

以上が ある日の 午後1時から6時までの5時間の記録

 

5時間かけて得たものは 銀行口座と口座から引き出した資金だけ

 

とにかく ひたすら待つことが要求される国

それがフィリピンです

 

 

みなさん 耐えられますか???

 

 

私は この日 「絶対にイライラしない」と心に誓ってから家を出ました

そうでもしないと耐えられません

どこまで耐えられるか いわばゲーム感覚ですね

 

こんなのは 年に1回くらいにしたいものです…

 

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: フィリピン生活 タグ: , パーマリンク