フィリピンのメガバンクBPIの銀行員を完全論破する




 

昨日の続き

結論から言うと BPIで無事口座を開設することができました

Metrobankで問題となった請求書についても
私の説明であっさり理解

まあそれが普通でしょ

 

BPIで口座開設に必要な書類は

1、2つのID (パスポートとACR-Iカード)

2、現住所を特定できる請求書

3、写真 (1×1 のサイズを2枚)

フィリピンでは証明写真のサイズといえば、1×1か2×2
前者を「ワンバイワン」 後者を「ツーバイツー」と呼びます(豆)



ひたすら待たされ 計1時間20分の苦行でしたが
目的を達成できたので良しとします

私はこの日 「今日開設できたらラッキー」と自分に言い聞かせてから家を出ました

このくらいの気持ちで臨まないと 色んなところでがっかりしてしまいます…

 

 

しかし この1時間20分の間 一つの疑問が…

 

それは私が希望する口座を開設させてくれないこと

 

私は下記の記事を読んで Easy Saverという口座を作りたいと思い
BPIに行きました

http://www.thinkpesos.com/how-to-open-bpi-easy-saver-savings-account/

 

Easy Saverのメリットは このウェブサイトによると

1.Low initial deposit (P200.00)
2.NO maintaining balance
3.Works as a regular savings account
4.ATM card (convenient to use anywhere)
5.You can enroll in BPI online banking

 

ポイントは2番目の

 

NO maintaining balance (口座維持残高の設定なし)

 

要は 口座残高がゼロでも 手数料も取られず口座を閉鎖されることもないということです

日本では当たり前のことですが 海外の銀行でこのサービスは破格です

 

私は以前BDOの口座を凍結されてしまったのですが
その理由がこのMaintaining Balance

残高200ペソくらいのまま数カ月放置しておいたら
いつのまにか口座が使えなくなっていました

なんの事前通知も無く…

 

話をもとに戻します

私に接してくれたBPIの担当は 珍しく男性職員

名前はアダム

 

アダム、Easy Saverの口座を作りたいんだけど

 

これは Regular Account(普通の口座)の申込になります

 

いやいや Easy Saverが欲しいんだけど

 

今日作れるのはRegular Accountです

 

 

完全 意味不明

 

 

経験上 フィリピン人は 都合の悪いことには答えません

質問と全く関係のない回答をして誤魔化そうとする 非常に強い傾向があります

勿論 こういう人はフィリピン人に限らず存在しますが
フィリピンでの遭遇率は別格に高いのです

理由は無意味なプライド??

分からなくても OK!

出来ないことでも OK!

こんな感じですから 特に仕事では用心が必要です

 

残念なことにアダムも間違いなくこの一人

しかし私の目的は「口座を開設すること」
「Easy Saverを作ること」ではありません

これ以上食い下がって アダムに逆切れされては元も子もありません

そこで 口座が開設されるまでこの件は引っ込めることにしました

 

1時間20分後 ようやく口座開設完了

参考までに 最低デポジットは500ペソですがMaintaining Balanceが3,000ペソなので
BDOと同じ轍を踏まないために3000ペソを預けました

 

最後に話を切り出します

 

アダム 今日はありがとう!
君のおかげで無事口座を開設することができたよ

 

Welcome, Sir !!

 

ところでアダム
一体 どういう人ならEasy Saverを作れるんだい?

 

Easy Saverについて説明を始めるアダム…

 

いやいや それは知ってるよ
じゃ、はっきり聞くね
どうして 僕はEasy Saver を作れないの?

 

まごつくアダム…

 

誰が作れて 誰が作れないの?

 

銀行の判断によります と渋々答えるアダム

 

銀行って誰?
今日、私は君としか話していないから 銀行の判断って君の判断?

 

そっ、そうです…

 

なるほど
で、君は私に対してどういう評価をしたの?

 

目が泳ぎ始めるアダム

 

SirならMaintaining balanceの3,000ペソを維持できると思ったので

 

根拠は何?
君の方が僕よりよっぽどリッチだと思うけど、アダム…
良い時計してるね
僕は貧乏だから時計もないよ、ほら..

 

アダム、苦笑しながら

 

申込書に書かれた年収で判断しました

 

それはおかしいよアダム
僕は申込書を書く前に 2回 君に聞いたはずだよ

 

一気に赤面するアダム
いまにも汗が垂れてきそう…

 

もうこれ以上 聞いても仕方ない
答えは明白

 

アダム 銀行員が預金を稼ごうとするのは悪いことではない
それが君の仕事でしょ
それなら そうと正直に言ってくれ
僕はここでは外国人
無理を言う気はない
君たちに従うよ

 

基本 所得が高い人や外国人はEasy Saverを開設できないって理解でいいかい?
それなら諦めが付く

 

Yes Sir !!

 

おそらく Easy Saverは低所得層のフィリピン人顧客を獲得するための
戦略的な口座(商品)だと思います

フィリピンでは 半分以上の人がまだ銀行口座を持っていないと言われています

ですから

まずはシェアを取る というBPIの戦略は正しいものです

 

しかし 誇大広告にも程がありますね…

まだまだ こういうことが許される国

それがフィリピンです

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: セブ島現地ビジネス フィリピンの銀行 タグ: , , , パーマリンク