セブ島留学を経てインドネシアの達人へ

 

先日 無茶苦茶アジアンな人生を送っている友人Mが
セブに遊びにきてくれました

 

彼との出会いはフィリピン留学
2009年8月のこと

 

当時 フィリピン留学は日本では超マイナー
韓国人の独壇場
知名度はほぼゼロ
日本人率5%程度
毎食 赤くて辛い食事が出てくるのが普通でした

私は寮で夕飯を食べたことが一度もないことが自慢
私の場合 旅行の一部としての留学だったので

 

留学初日 淡々とレッスンをこなし 最後のイギリス人講師の授業へ
そこで なかなかしっかりした英語を話す学生に初めて遭遇

スミマセン 上から目線で

 

そう それがM氏
20代中盤の好青年

 

聞くところによると 会社を辞めて6カ月のフィリピン留学
退路を断って 自分を追い込んで
半年でTOEIC350点から780点まで上げたとのこと

 

 

尊敬!

 

 

私 こういう頑張り屋さん大好き

 

ということで セブ滞在中何度か飲みに行き
その後も『数年に1回』は会うという間柄

 

そんなM氏

フィリピン留学後は 訳あって1年間 日本で働き
その後はなんと

 

 

インドネシアのジャカルタへ

 

 

う~ん アジアン

 

 

そして 5年間無事に勤め上げ 今年とうとう日本に帰国

なかなかできることではありません

 

 

更に尊敬!!

 

 

完全な異文化の中で
I am want to といった意味不明な英語が飛び交う環境で(私コレ実際に聞きました)
5年間のサバイバル

英語力のみならず 『高い高い戦闘力』を手に入れて
ますますナイスガイになってました

 

こういう人に会うと ホント励みになります

アジアで働きたいと思っている方
インドネシアに興味がある方
フィリピン留学に関心がある方

M氏の著書を 是非手に取ってみて下さい

 

81n2I3398qL._SL1500_

 

http://www.amazon.co.jp/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%B5%B7%E5%A4%96%EF%BC%88%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%EF%BC%89%E3%81%A7%E5%83%8D%E3%81%8F%EF%BC%81-24%E6%AD%B3%E5%8D%8A%E5%B9%B4%E3%81%A7TOEIC780%E7%82%B9%E3%80%8025%E6%AD%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%8D%E3%82%B7%E3%82%A2%E5%8B%A4%E5%8B%99%E3%80%80%E3%82%92%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E5%AD%A6%E7%BF%92%E6%B3%95%E3%81%A8%E6%B5%B7%E5%A4%96%E5%B0%B1%E8%81%B7%E3%81%AE%E6%96%B9%E6%B3%95-%E4%BB%8A%E4%BA%95%E5%AE%8F%E6%A8%B9-ebook/dp/B00YJGLJHY/ref=sr_1_6?ie=UTF8&qid=1451210904&sr=8-6&keywords=%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%81%A7%E5%83%8D%E3%81%8F

 

値段も格安
彼の経験が生々しく書かれているので
臨場感抜群です

私の知る限り 嘘も誇張も一切ありません

 

私は実は2回読みました

 

『アジアで何かやりたい』と思っている方には
スゴク参考になる本だと思います

あっ 純粋にこの本のファンとして書いてます
売れても私には1円も入りませんので
一応念のため…

 

Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: 英語 フィリピン留学, Amazon KDP パーマリンク