セブのタクシーの法則(年末編)




 

日本にいる時に比べ クリスマスという言葉を聞く機会が
セブでは格段に多く そろそろウンザリしてきたので
タイトルには敢えて「年末」という言葉を選びました

 

年末のセブのタクシー&渋滞の法則

 

実はピークはクリスマス前
クリスマス前の週末から23日がピークだと思います

その時期
タクシーは全く捕まりません
売り手市場をいいことに 益々マナーの悪いドライバー達が跳梁跋扈します

更にジプニーまで捕まりません
私は12月22日に『脅威のジプニー8台見送り』という金字塔を打ち立てました
そうです 満員で乗れないのです

また 普段はヤギさんの群れがノンビリお散歩しているような所ですら渋滞に遭うという
新鮮な経験を積むことができます

 

何事も経験経験….

 

大好きなファミリーとクリスマスを過ごすために
フィリピン中で民族大移動が起こるのでしょう

この時期はもうどうにもなりません…



 

しかし24日と25日は意外と静か…
車もわりと流れます

 

 

そして26日以降

セブシティは 『いつものレベルの渋滞』に戻ります
少なくとも 私にはそう見えました

一方でマクタン
マクタンでは事故でも起きない限り絶望的な渋滞はありませんが
タクシーは依然として捕まりません

 

そうです『リゾート需要』です

 

年末年始をマクタンのリゾートで過ごす人たちが
大挙して訪れるので タクシーにとっては稼ぎ時が続きます

 

そんな中味わった不愉快な経験を2つ

 

夜7時
友人との8時の待ち合わせに時間通りに到着するために
モーベンピックでタクシーに乗り込む

行先を告げる

その時 その猿運転手が発した言葉は

 

I never go to ○○○

 

土人英語ここに極まれりって感じですね

どういうことかと聞いてみると

8時に奥さんを迎えに行く約束があるので
そこまでは行けないとのこと

それなら最初からそう言えばいい

I never go to っていくら猿でも度を越してますね…

 

 

そして今朝

セブシティに用事があるのでホテルスタッフにタクシーを呼んでもらう

約10分待ち

やはりかなり混んでいるらしい

 

ようやく1台到着

 

すご~く古くてしょぼいヤツ

これはヤバいな と私の直感が言っている

嫌だな~と思いつつ 普段ならパスするところですが
次はいつ来るか分からないので仕方なく乗車

 

エアコンからは温~い風が弱々しく吹き出してくる最悪の環境

この時点で フィリピン生活で覚えた『感情ゼロ』のギアを一気に入れる

ゼロになればもう怖いものは無い

 

走ること5分弱

 

いきなりストップ

 

故障

 

うんともすんとも言わず

 

しかし 私は既に「感情ゼロ」の世界に住む住人

こんなことで心は乱されない
ゼロだから乱れようがない

ひっそりとタクシーを降りる

仕方ない こういうこともある 次を探そう

そう気持ちを切り替えている最中

土人運転手が一言

 

 

 

金払え!

 

 

 

中指を天に向かって立てることと Fワードを浴びせかけることだけは何とか我慢し

あらんかぎりの罵詈雑言で返り討ちにしてやりました

 

 

感情ゼロの人間を怒らせることができる人間がこの猿の惑星にはいるのです

 

 

やはりタクシー選びに妥協してはいけませんね
どんな時も自分の直感を信じて行動しようと強く誓った経験でした

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: フィリピンのタクシー タグ: , パーマリンク