セブでの行政手続 やっぱり進まない編




 

2016年1月に 知人の会社設立を手伝ったハナシの続き

 

ラプラプ市(マクタン島)では 営業許可を取得すると
検査官による検査/Inspectionが自動的に設定されます

 

そして この検査に合格して初めて
・Fire Inspection Certificate (消防検査合格証)
・Sanitary Permit (保健所の許可のようなもの)
の2点が発行され 営業に必要な一連の許可が揃います

 

営業許可/Business Permit取得は 1月5日
検査予定日は 1月25日

 

 

3週間後って遅すぎ!

 

 

しかし 仕方ない
フィリピンにおいて 1月は最も忙しい時期
『あらゆる免許の更新』と 『クリスマスで現を抜かし過ぎたツケ』
が同時にやってくる

 

はやく今年のクリスマス来ないかな~oi

 

念のため
この検査予定日も 自分で聞きにいかないと教えてくれません
何事も自分で動かなければ進まない国 それが猿の惑星

 

依頼主の知人に検査日程を伝え フィリピン人スタッフに対応させるよう依頼
万事調整済みということで 私は約1週間の一時帰国のため日本へ

 



 

検査翌日26日
知人より連絡が

 

検査 誰も来ませんでした~

 

まあ 想定の範囲内

 

お手数ですが フィリピン人スタッフに
市役所に行って催促するよう指示して下さい と依頼

 

数時間後の報告

 

 

International Eucharistic Congressという大きなイベントがセブであるので
検査は中止した とのことです

 

 

いやいやいや
このイベントって ず~っと前から予定されてるでしょ!

 

 

と言っても後の祭り

 

しかも フィリピン人スタッフ
変更となった検査日を聞くのを忘れる

 

フィリピン人に同時に二つのことを頼んではいけない
これ鉄則
multitaskingなどという コンセプトも概念も意識も無い
そう これは私のミス

 

料理人も 『お湯を沸かしている間に他のことをする』ことができないという噂も
お湯が沸くまで待つ → そして次の仕事
これがフィリピン・ノーマル

 

この時点で そのスタッフに見切りをつけ
帰セブ後に自分で対応することに決める

 

 

自分で動いた方が1000倍速い

 

 

帰セブ翌朝 2月3日 市役所へ殴り込み出頭

 

 

1月5日に営業許可を取って 検査料も払っていて
まだ検査に来ないっておかしいでしょ
すぐ来てよ

 

 

明日の朝10時に行きます Sir!

 

 

早過ぎ!
あっさり 簡単すぎ!

 

 

そして翌朝
予定の30分前に確認の電話を入れる
一晩を越すいうことは フィリピンピン人が物事を忘れるには十分な時間

 

少し遅れそうとか まだ検査員が出勤してないとか
色々言ってるが全部無視
いいから早く来てね!と言って電話を切る

 

その約30分後 ようやく5人の検査チームが事務所に到着した

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: セブ島現地ビジネス タグ: , パーマリンク