もう一度 大人のボホール旅行ガイド




 

またまた ボホールに行ってしまいました
この2週間で2回目

 

余裕あるね~っ!って言われますが そんなことありません
普段は ジプニー&自炊の生活です

昨日なんか ジプニー8本とトライシクル1本乗りました…
ひたすら忍の一字
ギュウギュウなので 隣のおばちゃんのお腹の肉があたるあたる…

 

 

前回同様 フェリーはスーパーキャット
大人は焦らず 午後便で のんびり出発 (1:45発)

 

しかし この日は土曜日ということで 観光客も多め
しかも マクタンで渋滞にはまり 港に到着したのは出発20分前

 

ギリギリでした
この時点で 残り10席もありませんでした

土曜日に この便に乗る方は満席にご注意!

 

さて 船内の様子

IMG_1882

 

シートピッチも十分です

IMG_1883

 

約2時間後にボホールへ到着

 

今回はホテル送迎無し

 

ということで 送迎サービスを売り込むお姉さんの話に耳を傾けてみる
アロナビーチまで1台600ペソ

 

相場内の金額

 

しかも このお姉さん
印刷された料金表を見せてくれたので 明朗会計
安心感がありますね♪

セブのぼったくり文化とは大違い

 

 

タグビララン市内でお金をおろして いさホテルへ

IMG_1886

 

港は ボホール最大の街 タグビラランの中心部にあるので
銀行のATMは簡単に見つかります(豆)

 



 

そして 今回も奮発して5つ星リゾートに滞在!

いや だから昨日はジプニーに8回乗ったoi

 

 

アモリータ リゾート (Amorita Resort)

https://www.agoda.com/ja-jp/amorita-resort/hotel/panglao-island-ph.html?checkin=2016-05-03&los=3&adults=2&rooms=1&cid=1646619&tag=e3714ad1-5bd9-4135-93f3-942eca43934b&searchrequestid=008274bf-8290-4d88-aa0a-935b1627af23

 

このホテルの様子は また明日

マジ ヤバいっす….

 

【広告】ボホール島1泊2日格安ツアーで評判のツアー会社をご紹介↓↓↓

 

さて ホテルのチェックイン
この時間のチェックイン客は私たちだけ

 

私が住所を記入すると

 

モーベンピックに住んでるんですか?
アコ(私の意味) 研修で行きました!
スゴイ ミリオネアですね!

 

 

ノー オイッ!!

だから ジプニー8回だって….

 

ノー オイ という私が使った超絶ベーシック・ビサヤ語に
スタッフは過敏に反応

 

ビサヤ語 話せるんですか?

 

もしかして 『日頃 独学で学んだビサヤ語を試す場所かも?』ということで

知ってる限りのビサヤ語を浴びせかける

 

 

馬鹿ウケ!

 

 

通じる通じる♪

実は フィリピン語の発音というかイントネーションには自信あり
モノマネ モノマネ…

 

 

実は 私 表現にして 20パターンも話せません
ただ 私は単語ではなく センテンスで丸暗記

 

多分 これが現地人には刺さるんです

 

例えば 「おいしい」は ビサヤ語では「ラミ」
しかし 私は「鶏肉はおいしい」というセンテンスで覚えています

 

 

ラミ アン マノック  多分あってると思います…

 

 

もう この方が 断然ローカルには刺さります

 

やはり 外国語は単語ではなく カタマリで覚えるもの

 

イギリス在住時 ドイツ語の通訳をしているイギリス人と話す機会がありました
彼の外国語習得における持論は

 

 

Chunk(チャンク)で覚えることだよ!

キリッ! やや上から目線?

 

チャンクとは 直訳すると「かたまり」
そう 単語ではなく 使える文章を「塊としてそのまま覚えろ」 というのです

 

そして 私のビサヤ語学習は まさにチャンクで覚えるモノ
単語の意味とか文法とか 全然分かりません
というか勉強する気なし…

 

ということで ホテルの受付に対して ビサヤ語のチャンクをぶつけ捲る私

 

そして 最後に決めゼリフ

 

 

ナリパイ コ ナキタ コ イカウ

 

あなたにお会いできて嬉しいです

 

多分あってると思います 通じたので…

 

 

すると ホテルの受付嬢

 

色々私のこと褒めてくれてありがとうございます!
お礼に 帰りの港までの車 通常は700ペソですが無料にしますね♪

 

マオバ??

 

なんと 2日後 実際に請求はありませんでした

 

 

IMG_1888

 

 

やはり 外国語はできるに越したことはないな と痛感させられる出来事でした

 

チャンクで覚える!

 

これ 語学学習の鉄則ですね♪

 

明日へ続く

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: ボホール島 タグ: , , パーマリンク