フィリピン航空 プレミアム・エコノミー搭乗紀 成田セブ直行便





今日は、成田からセブへのフィリピン航空搭乗紀です

 

お盆を日本で過ごし、ようやくセブへ
3週間ぶりのフィリピン

 

今回は、久しぶりにフィリピン航空の成田~セブ直行便を利用。

 

成田セブ間は、1日2便飛んでいますが、以前のブログで書いたように
夜便の機体は最悪なので(超狭いLCC仕様)、迷わず14:25発の昼便
を予約しました




 

基本通り、2時間前に成田に到着
(数年前、飛行機に乗り遅れて以降、この基本動作を守っています)

 

カウンターはガラガラ

 

「通路側」を指定しつつ、「どういう座席の並びでしたっけ?」と聞いてみると、
親切に座席図を見せてくれました。

 

 

これ、夜便と一緒じゃん!!

 

 

そう、3列・3列の小さな機体、テレビ画面なし、シートピッチ激狭のLCC仕様です
(こんなところで、セブパシと競っても仕方ないのに。。。)

スタッフに聞いたところ、「以前の機体に戻るという話は、いまのところありません」
とのこと

4時間20分の飛行時間とはいえ、あの拷問に耐える自信はありません

そこで、「足元の広い席って、いくらですか?」と聞いたところ、3,000円
13時間半かかるマニラ~ロンドン便で5,000円だったので、かなり割高ですが、
ここは迷わず購入。マニラ~ロンドン便についてはこちら

 

で、これが正解。

 

一応、プレミアム・エコノミーでした
(勿論、JAL等のPYに比べたら月とスッポンですが)

 

↓ 前の席とのスペースです。十分、足を組めます。

グラフィックス1

 

↓ 機内食。ポークを選択
日本便だからか、煮物もあって悪くはない
但し、ポークは「生姜焼き」の”フィリピン人用甘口・生姜抜き”、って感じでした

 

 

グラフィックス2

 

 

プレミアム・エコノミーは、”3席:通路:3席”×3列=計18席
なんと、ビジネスクラスとの仕切りはなく、プレミアム・エコノミーの後のカーテンで
エコノミーと仕切られているので、比較的静かに過ごせます

 

これで、プラス3,000円なら絶対に買いだと思います!

 

一方で、ビジネスクラス
悲惨です
これで、ビジネスと言い切るフィリピン航空はさすがですね。。。

 

シートピッチは、ほぼプレミアムエコノミーと同じ
リクライニングも、他の航空会社のプレミアム・エコノミー程度
そして、なんとモニター無し。。。

 

↓私の席から撮ったビジネスの座席
窮屈さ、伝わりますかね??

 

グラフィックス3

 

ちなみに、セブのMIP(Most Important Person)の一人、”だるまの大将”もそのブログで、「今まで乗ったビジネスで、最もしょぼかった」と嘆いていらっしゃいます。。。。
興味のある方はこちら。

 

JALの東京・セブ直行便の就航を、心底願ってやみません

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

関連記事&おすすめ記事


カテゴリー: 搭乗紀 フィリピン航空 タグ: , , パーマリンク