在庫がない! セブで家具を購入 苦闘編




 

Not Available

 

ノット アベイラボー

 

在庫がありません

 

 

セブ在住者のみならず 旅行者のみなさんも
きっとセブで遭遇するであろう常套句

 

とにかく この猿の惑星に 『在庫管理』 などという高等概念は存在しない

 

土人の頭の中は

 

 

無くなったら買いにいけばいいダカラ~

何か問題ある?

 

 

 

在庫が無いことで どれだけのビジネス・チャンスを逃しているか ということになど
到底思考は及ばない

 

 

機会損失

 

 

おそらく この未開の地では 23世紀になっても
こんな概念は浸透しないであろう



メニューに載っているモノを注文して いきなり『在庫がない』と言われる

 

まあ 100歩譲ってOKとする

 

日本人だって たまにはこういうことはある

 

 

しかし この地では どんなことでも最低10分待ちがデフォルト

 

珍しくKFC(ケンタッキー)には 野菜サラダが売っている
これを買おうと15分待った挙句の

 

 

NOT Available!!

 

 

結構堪えます

 

それ以外は 油まみれの食べ物しかないので 買うものが無い

 

貴重な15分の喪失 と やり場のない憤り

 

しかし 『15分あれば何ができるか』などという思考は 土人には一切ない
時間は無限にあるもの..

 

だから 一切悪びれることなく 笑顔すらなく真顔で

 

ノット・アベイラボー!!

 

フィリピンの国民食 ジョリビーでもランチタイムのかき入れ時に
ポテトの在庫がなくなるというのは よくあること

 

日本人には信じられないことが この地では起こるのです

 

 

スミマセン 愚痴と悪口と前置きが長くなり過ぎました

 

先日来 ある日本人の方のオフィス用の家具を探すべく
セブ家具屋ツアー

 

 

アヤラ
SM
Jモール
パークモール
ガイサノ
メトロ
マンダウエ・フォーム
Progress
Sun Gold …

 

 

廻れど廻れど まともな家具がない

 

とにかく この国の家具は重い
軽量化などという発想はゼロ

 

しかもデザインが酷い
派手
無駄なものばかりが付いている

 

例えばベッドカバーを探しても 9対1で柄物が多いというお国柄

そんな派手なカバーじゃ 目がチカチカして眠れるか!

 

そして 高い

 

日本で2000円で買えそうなものが 3倍の6,000円くらいする

 

勿論 フィリピン人用のローカル・クオリティでよければ
気を失うくらいに安いのですが それは日本人には無理

 

要は 文明人グレードの商品はあまり売れないので
競争が働かずに 高値となってしまう

 

じゃ 日本から持ってくる?
という発想もあるが この国の税関の悪徳ぶりをなめてはいけない

 

何でもストップ

 

何モノであろうとストップ

 

そして 法外な関税を請求してくるのです

 

まあ 届けばラッキーくらいのレベル

 

ということで セブで歩き倒した挙句 ようやく日本人目線で
妥協しうるテーブル(執務用のデスクとして使用)をいくつか発見

 

続きは明日

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: セブ島現地ビジネス, フィリピン生活 タグ: , , パーマリンク