在庫がない! セブで家具を購入 茫然自失編




 

昨日の続き

 

1店目

 

これ4つ欲しいんだけど在庫ある? と私

 

在庫確認します

 

5分後  おせ~よoi

 

 

NOT available SIr…

この現品限りです

 

 

注文したらいつ入るの?

 

1ヵ月後です サ~

 

 

ここで 『絶対怒らないスイッチ』をマックスに入れてから
2店目へ

 

これ4つ下さい

 

NOT Available Sir

現品限りです

 

 

感情スイッチを『ゼロ』に入れて
3店目へ

 

この丸テーブル4つ下さい

 

IMG_2087

 

2つしかありません と即答

またか と退散しようとしたところ

 

 

四角いタイプなら在庫があります

 

 

じゃ 丸2つと四角2つで 4つ下さい

 

 

全部で 7600ペソです 結構安い!

 

 

いや その前に全部見せてくれる?

 

 

 

 

 

その後の約40分を 私は茫然と過ごすことになる

 

 

 

 

傷モノ3つ

組み立て用の脚が入らない2つ

組み立てたものの グラグラして使いものにならない1つ

 

IMG_2093 (1)

 

結局 9個中 売り物になるのが たったの4つ

 

 

defection rate(不良品率) 脅威の55%

全盛期のイチローの打率を遥かに凌ぐクレージーぶり

 



 

もう最後の方はスタッフもヘロヘロ

 

勘弁してよ~的な表情がありあり

 

そこで 不安定なテーブルに手をついて

 

これどう思う? とスタッフに質問

 

OKサー

 

ホントか? これフィリピンでは普通?

 

イエス サー

 

そこで 違う質問をする

 

 

あなたが私だったら このフラフラするテーブルを 1800ペソだして買う?

 

No Sir~  と全員苦笑

 

これがフィリピン人の一般レベルです

 

頭の中が小学校2年生のまま 大人になってしまう可愛そうな土人達

 

まあ 推定月給 9,000ペソの人達に
これ以上文句を言っても仕方ないので 最後まで我慢して
その場を後にしました

 

日本やイギリスなら アマゾンでワン・クリック
ものの数秒で終わる買い物が セブではゆうに1時間以上かかるのです

 

まあ この国にアマゾンやイケアができるのは
きっと来世紀でしょうけど…

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: セブ島現地ビジネス, フィリピン生活 タグ: , パーマリンク