セブで労働ビザを取得する 9Gビザ フィリピン最狂編




 

2016年の4月に労働ビザの申請手続きのハナシを書きました →コチラ

今回はその結末までの一部始終をお届けします

 

4/4    書類提出 → 受理
4/13  面接

 

この面接時の説明

・およそ3ヶ月で労働ビザは出る
・その1ヶ月後にACR-I Card(外国人登録証)が発行され その時点でフィリピンを出国できる
・申請期間中にフィリピンの国外には出ない方が良い→申請がやり直しになってしまう
・労働ビザが出てACR-I Card発行までの間であれば  Waiverという制度を使って一度だけ出国できる
・労働ビザが出るまでの暫定ビザとしてPWPを発行する→2週間程度で発行予定

 

そして

 

4/26 PWP発行

 

きっちり申請から3週間以上経過
まあ フィリピンにおいて1週間程度の遅れはオンタイム

 

その後は待つのみ

 

ひたすら待つのみ



 

一応その後の展開をイメージすると

 

7/5 労働ビザ取得
8/5 ACR-I Card取得

 

そして8月までは待てないので Waiverを使って7月に出国 → 一時帰国

 

 

あくまでもイメージ

希望的観測

願望

儚い幻想…

 

 

ビザの申請ステータスは ウェブ上で確認できます
http://www.immigration.gov.ph/information/application-status/agenda-verification

 

ここに名前が掲載されたら 移民局のオフィスに行き ビザの発行を受けられます

面接時には こうした手続きの流れについて 割と細かく説明されます

「早ければ1ヶ月で名前が載る可能性もあるのでチェックして下さい」

これが面接時に私が聞いた言葉

 

最長で8ヶ月待たされた人を知っている私からすれば 全く信じるに値しないのですが
一刻でも早く出国したい身としては ありえないと知りつつも
5月以降は毎週のようにウェブをチェックし続けたわけです

 

しかし6月に入ると ウェブサイトの更新頻度がガクンと落ちました

 

ドゥテルテ・ショック?

 

フィリピンでは大統領が変わると 行政組織全体に大きな影響が出て
行政手続きが遅れるどころか 止まってしまうとまで言われています

 

そして 6月は なんと23日になって初めて 名簿が更新されました

 

私の名前はまだありませんでした

 

そこから毎日数回 移民局のウェブをチェックする日々が続きました

 

しかし 一向に更新されません

 

最後にこの土人の国を出国したのが2月頭
5ヶ月もこの地にいると ストレスは限界に達しつつあります

 

セブはずっと居続ける場所ではありません
たまに外の空気を吸うことで その良さが実感できるのです

 

そして とうとう7月22日(金)
待ちに待った1ヶ月ぶりの更新がありました

ウェブ上では7月14日に更新があったことになっていますが嘘です
あとから付けただけです
7月21日というのも嘘 22日です

 

スクリーンショット 2016-08-07 11.25.28

 

祈るような気持ちでリストを見つめる私

なぜなら ここで名前が無いと ビザが出ないどころか
PWPの更新手続きをしなければならないのです

期限は3ヶ月 7月25日がPWPのデッドライン

 

結果は

 

 

 

無い…

 

 

 

思いつく限りあらん限りの悪態をついてから 一気に冷静になる自分

 

実は 私 異常に気持ちの切り替えが早いのです
済んだことは済んだこと 次いこう 次!

こうした言動が 「冷たい人」との誤解を生んだこともしばしば
だって 一緒に悲しんだりしたって何も生まれないですから…

 

ウェブサイトに載ったリストをもう一度じっくり読んでみる
2、3箇所穴が開くらい 食い入るように見る
そして変化に気がつく

 

 

名簿の書式が変わっている
「申請日」が今回から記載されている 正確にはオフィシャルレシートの日付

 

 

そして その日付を見ると6月下旬の人達ばかり

 

 

???

 

 

おかしい

 

 

3ヶ月かかるのではないのか?

 

 

みんな1ヶ月足らずで出ているではないか?

 

 

もしかして 俺のビザも1ヶ月以内で出てるのかも?

 

 

そして4月27日のリストを開く
「早くても5月以降」との説明を受けていたので
気にも止めなかった4月のリストを初めてクリック

 

 

 

あった

 

 

 

申請日からたったの22日で 労働ビザをゲットしていたのです
3ヶ月はかかると説明されたビザがたったの3週間
つまり「PWPという暫定ビザ」発行の翌日に 「9Gという正式ビザ」が出ていたのです

 

これに気がついたのが7月22日(金)の深夜

 

怒りと興奮で心身共に高揚する中
週明けの月曜日のアクションプランを練りつつ床につく私

 

ここはフィリピン

 

これで一件落着なんてことは300%無い

 

次回に続く

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: セブ島現地ビジネス ビザ タグ: , , パーマリンク