フィリピンでの体調管理はこの3つで十分! 




 

フィリピンでの体調管理で私が実践していること。

 

うがい
手洗い
屋外で食事をしない

 

まず、うがいについて。セブの風邪は喉から来ます。理由は排気ガス(多分)。セブといえば「青い海」「白い砂浜」というイメージがありますが、一部のリゾート地を除いては、汚い空気に苛まれることになります。世界で一番空気が綺麗な日本で暮らす日本人には耐え難いものがあります。ですから、毎日のうがいは必須です。私は、家を一歩でも出たら必ずうがいをします。うがいの励行を始めてからは、一度も風邪をひいていません。その前は、毎月体調を崩していました。

 

次に、手洗い。一番気をつけて欲しいのはお札。世界一とは言いませんが、間違いなく世界でワースト10に入るお札の汚さです。これまた「世界で一番キレイなお札」である日本円に馴染んだ日本人には、信じられないレベルです。フィリピン人はお金を渡す時に、クシャクシャのまま相手に渡します。日本人がするように広げたりしません。財布にしまうときも細かく何重にも折ります。そして、お金を投げます。お店に行ってもお金を置く専用トレーもありません。とにかく、お金に対する尊敬値はゼロです。悲しくなるほどお金を大切にしません。とりわけ、庶民間で最も流通している20ペソ札と50ペソ札には触りたくもありません。そのくらい劣悪なコンディションです。ですから、お金に触ったら必ず手洗いをしましょう。これ、フィリピン生活の知恵です。



最後に、屋外で食事をしないことについて。これは、蚊対策です。フィリピンでは、デング熱にかかる人が日本に比べて格段に多いのです。デング熱は、40度級の高熱が数日間も続く大変キツイ病気です。先日、私の知人の日本人もデング熱で入院しました。デング熱は蚊を媒介としてのみ感染します。つまり、蚊に刺されなければいいのです。それだけです。フィリピン生活に慣れてくると現地人が食事をするような場所で、食べたり飲んだりする人がいますが、私は絶対にやりません。唯一、リゾート地の屋外レストランやビーチにあるレストランでだけ、屋外で食事をとります。その際は、日本で買ってきた虫除けスプレーをガンガンかけてから出かけます。

 

決して難しいことではありません。
私は、この2年半、一度も体調を崩していません。
もともと健康な人は、この3つを守れば問題ないでしょう。

 

最後に、ちょっと嫌なニュース。ブラジルで猛威を振るったジカ熱に初めてフィリピン人が感染してしまいました。フィリピン中部のイロイロという都市に住む45歳の女性。最近の海外渡航歴はないので、フィリピンで感染したとのことです。ジカ熱もデング熱同様に、蚊を媒介としてのみ感染する病気です。

 

http://www.abc.net.au/news/2016-09-06/zika-virus-case-confirmed-in-philippines/7817378

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: フィリピン生活 タグ: パーマリンク