驚愕のデータ! フィリピンのネットショッピングとクレジットカード普及率




 

フィリピン生活で一番欲しいもの、それはアマゾン。私は欲しいものがあればアマゾンで購入し実家に送り、日本に帰国する度にセブに運んできます。フィリピンで生活する者にとって、通販の快適さは正に神レベル。一方で、本ブログでも何度も書いている通り、「フィリピンでの買い物」とは修行というか苦行レベル。

 

貧弱な品揃え
在庫切れ
故障品(使える代物かどうか、確認するのは顧客の義務)
値札なし
土人レベルの顧客サービス
質問に答えられないスタッフ(商品知識ゼロ)
上司に確認に行くと10分は帰ってこない(ゆっくり歩いていくから、だって急ぐと疲れるダカラ)
レジでの長蛇の列
クレカ使えない
お釣りない
買った品物投げる
挙句の果てにビニール袋も在庫切れ…

 

スミマセン、うっかり日頃の鬱憤を吐き出してしまいました。アマゾンさえあれば、こうした苦行を簡単に回避できるのですが、21世紀中にアマゾンがフィリピンにやってくることはまず無いでしょう。ここに断言します!!まずは、現時点の小売業におけるオンライン・ショッピングのフィリピンでの普及率

 

 

 

驚愕の1%

 

 

 

ONLINE retail sales in the Philippines account for only one percent of total retail sales in the country, a key e-commerce executive said.

http://www.sunstar.com.ph/cebu/business/2015/10/16/low-credit-card-penetration-lack-trust-constrain-ph-e-commerce-436207

 

 

そして、Eコマースの普及を阻害する最大の要因の一つが、クレジットカードの普及率。

 

・クレジットカードを持っているフィリピン人は、300〜700万人

→ 人口は約1億なので多くて7% → 肌感覚では絶対にこんなにいません!

 

・銀行口座を持っているのが約3000万人

→ 銀行口座を持っているのは10人に3人 → 口座ですよ、口座、普通の。

 

One major constraint to the growth of e-commerce in the Philippines is the low credit card penetration. According to Balci, only three to seven million Filipinos are credit card holders and 30 million have bank accounts.

 

・そして、クレカを持っていても、慣れるまでは現金払いを好む傾向

 

・商品を買ってから配達されるまで、1日〜10日が相場

→ 幅広すぎて全くデータに意味なし → ていうか10日はひどいでしょ

 

“Credit card penetration is low, but even those with credit cards prefer cash-on-delivery on their first few purchases,” Balci said. Most of the transactions in Lazada are through COD. In Lazada, top selling categories include electronics, fashion, and home products. These are delivered to the customers within one to 10 days upon purchase.



私はJALマイラーなので、買い物はクレジット・カード派。世界中どこでも、いつでもJALカードで払います。いまだかつて、クレジットカードに関わるトラブルに巻き込まれたことは一度もありません。アフリカでも全然平気でした(アフリカの皆さん、スミマセン)。

ですから、セブでもいつもクレカを使いますが、使える場所は限られています。しかし、使えたとしてもカード読み取り機の1割は壊れています(経験に基づく)。店員も慣れてないので、現金払いの5倍くらい処理に時間がかかります(カードの意味なし)。店によっては、IDの提示を求められます(失礼なハナシです)。なぜか、2枚のレシートにサインを求められたりします。

 

 

 

他の記事によるデータ。

 

 

 

フィリピンでのクレジットカード使用率は、たったの2%。

 

→ うん、多分これ正解。

 

 

31% of the Philippines’ adult population have bank accounts, 20.50% of whom have debit cards. 12% of debit card owners use their cards in their transactions. However, credit card usage rate is only at 2%.

http://www.demystifyasia.com/creditdebit-card-adoption-asia/

 

篤く盲目的な?現金志向
脆弱なシステムに坦を発する?クレジットカードへの不信感

なんとフィリピンの会社では、依然として多くの会社で給料はニコニコ現金払いなのです。ビットコインとか暗号通貨という言葉が当たり前に使われる社会がある一方で、「こんなところにいてもいいのか?」という焦りを覚える今日この頃です。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: フィリピン生活 タグ: , パーマリンク