セブのコンドミニアムに住むってこういうことです。




 

セブでは、日本のマンションのことをコンドミニアムと言います。そして、私はセブでこれまで3件のコンドミニアム(賃貸)に住んだことがあります。いずれも、現地では有名な高級物件です(そうでないと日本人は住めません)。そこで今日は、私がこれまで経験した「フィリピン・コンドミニアムあるある」をお届けします。

 

 

家賃を払いに行ったら「家賃いくら?」と聞かれた。

→お前の仕事は何だ?

 

 

家賃を払いに行ったら「いつの分?」と聞かれた。

→契約書に「前払い」って書いてあるだろっ!

 

 

光熱費を払いに行ったら「釣りがない」と言われた。

→フィリピンでは、お釣りを用意するのは顧客の責任

 

 

換気のためにドアを開け放しにしていたら、ネズミが入ってきた。

→子ネズミですが笑

 

 

電気スタンドのコンセントを入れたらスパークした。

→過去3回経験があります。電圧の不安定が理由?



 

以前1年半住んだ部屋。入居時にベランダの電気がつかなかったので修理をお願いしたが、退去時まで一度も点くことはなかった。

→ある意味徹底してます。

 

 

エアコンの水漏れがあったので、管理事務所に修理を依頼したら「うちではやらない」と言われた。

→なら誰がやるんだ?

 

 

エアコンの修理業者に値段を聞いたところ、フィリピン人スタッフが聞いた時の方が、私が聞いた時より格段に安かった。

→値段の確認はフィリピン人に依頼する、これ鉄則です。

 

 

8時間停電し、8階の部屋まで階段で2往復した。

→台風とかの自然災害ではなく、普通の日にサクッと停まりました。しかも、セブ随一のビジネスエリアのITパークです。

 

 

コンドミニアムのスタッフがよくエレベーターホールで昼寝してた。

→床に大の字で爆睡
きっと床がヒンヤリしていて気持ち良いんです → 犬と一緒じゃん!

 

 

キリが無いので10個で止めておきますね。。。
まあ、セブってこういうところです。

 

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: フィリピン生活 タグ: , パーマリンク