セブ生活で英語はマストではありませんが、出来たら全然違います!




 

セブって日本人には本当に優しい場所です。
英語を話さなくても普通に住めてしまう不思議な島です。

 

それくらい、日本人ネットワークが充実しています。住む場所・食事・買い物・レジャー・車、お金さえ払えば、全て現地に住む日本人の恩恵にあずかることができます。

仕事においても、完璧では無いにしても日本語を話すフィリピン人に頼ることができます。少なくとも、私が以前住んでいたイギリスに比べれば、日本語スピーカーの数は比較にならないほど多いです。そして、こういうスタッフを雇うことができれば、英語が得意でなくても十分にセブでビジネスをすることができます。

 

以上が良い面。



そして、何事も良い面の裏側には悪い面(ダークサイド)があります。それは、

 

 

 

折角の海外生活なのに英語を勉強しなくなること。

 

 

 

私の知る限り、多くの方はセブに来られた直後は英語を勉強します。しかし、次第に英語を話さなくても何とかなることが分かり、勉強をやめてしまうのです。

 

これ少し勿体無いと思います。

 

そして更に、批判を覚悟で言えば、

 

そうした方のフィリピン人とのコミュニケーションは、一見通じているようで通じていないことも多いのです。

 

それは横で聞いていれば簡単にわかります。

たまに、即席で通訳を頼まれまずが、正直「こんなことも言えずに、いままで何話してたの?」と思うこともあります。

 

セブでは外国人とフィリピン人の間での仕事のトラブルが絶えません。最大の理由は、文化の違いと個人の力量と思いますが、「言葉の壁によるミス・コミュニケーション」も間違いなく理由の一つでしょう。

ですから、これからセブに来られる方、いまセブに暮らしていて普段あまり英語を使われない方には、是非、英語の勉強をオススメしたいと思います。

(注)ビサヤ語やタガログ語を話す方には不要です。そちらの方が圧倒的にパワフルですので。

 

やはり何事も「分かる」と楽しくなります。仕事もそうですが、買い物とか食事に出かけることだって一段と楽しくなります。夜のお店に遊びに行っても(男性の場合)英語を上手く使えればモテ度は格段に上がります。女性だって、イケメン・フィリピン人と簡単に友達になれますよね。

 

もう一度言います。

 

何事も「分かる」と楽しくなります

 

あとは、「いつ・どうやって・誰と英語を勉強するか」、それを決めるだけです。
次回は、この辺について具体的に話していきます。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: フィリピン生活 タグ: , パーマリンク