【必見】セブ島旅行 旅行会社のツアーの選び方




 

2016年の年末からバニラエアーの直行便が成田セブ間を飛ぶようになったせいか、心持ち日本人観光客が増えているように感じる今日この頃のセブです。

観光客の皆さんに「どうやって旅行を手配したか」と聞いてみると、いまだに多いのが旅行会社のツアー。JTBさんとか、HISさんとか、まあそんな感じです。

実は私、これまで旅行会社主催のツアーで旅行をしたことが一度もありません。全て個人手配です。そんな私がふと旅行会社のセブ島ツアーを眺めてみたところ、

 

突っ込みどころ満載!!

 

ということで、今日は皆さんが安かろう悪かろうのツアーに引っかからないように、セブ在住者の視点でツアー選択のコツについて書いてみます(スミマセン、関東在住者目線です)。

 



 

飛行機は成田セブ直行便一択!!

セブの魅力は近いこと。日本を出発した当日の夜から現地でゆっくりディナーを楽しめるアジアのリゾートはセブだけです。しかし、飛行機の選択を間違ってしまっては無理。

 

羽田発着のツアーは乗り継ぎ便なのでオススメしません!

到着時間も遅く、遅延リスクも当然2倍になります。

 

マニラでの乗り継ぎは絶対に避けること!!

マニラ空港の航空渋滞はアジアで一番最悪です。1時間遅延は当たり前です。また、空港職員の腐敗も最悪レベル。ですからセブ在住者の日本人は、あまりマニラには行きたがらないのです。

 

ということで、多少経由便のツアーより高くても、下記3つの航空会社の成田セブ直行便を利用するツアーを強くオススメします。

バニラエアー (安心の日系です)
フィリピン航空 (1日2往復)
セブパシフィック航空 (帰りの便の出発が、早朝5:50なのが難点)

 

必ずホテルは指定すること。中にはホテルを指定できないツアーがありますが、要注意です。

ここでどのツアーがヒドイのかは具体的に挙げて説明することはできませんが(営業妨害になるので)、某大手旅行会社のツアーを見たところ目ん玉飛び出ました。

例えば、

 

海まで車で1時間半はかかるホテルが含まれている

 

確かにビーチ沿いにはあるものの、陸の孤島のホテルが含まれている

外出するにはタクシーしか手段がありませんが、ホテルに呼んでもらうしかありません。それでも下手したら全然来ません。そして、結局ホテルの車を使用すればタクシーの10倍以上の料金を支払うことになり(といっても、日本人にとっては大した金額ではありません)、そうであればもっと良いホテルにすれば良かったとなるのです。

 

挙句の果てに、数年前に閉鎖されたホテルの名前がリストにある

○○さん、ちゃんと仕事しましょうね!

 

明らかにグレードの違うホテルが同じホテルグレードで括られている

軽く1泊1万円は違うホテルがあったり、私なら絶対泊まらないホテルが「高級ホテル」のリストの中にあります。完全な地雷ですね。

 

延泊料金が高い

これはセブに限ったことではありませんが、直接ホテルを予約した場合の倍程度の料金がかかります。まあ、基本料金は安くして追加(オプション)で稼ぐ、のは商売の基本?なので理解はできます。。。

 

いまはネットで、オール日本語で、飛行機もホテルも予約できるので、全て個人手配にチャレンジすることをオススメします。上手に取れば本当にお得に来ることができるところです、セブは。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

関連記事&おすすめ記事


カテゴリー: 旅のテクニック タグ: , , パーマリンク