セブでの人脈の作り方




 

私には、人様に人脈の作り方や人との付き合い方を指南できるような知見も経験も人徳もありませんが、「セブに限った方法」として少し書いておきたいと思います。というのも、残念な人脈に振り回されてしまっている日本人が後を絶たないからです。

 

以下、実話。

・現地在住のベテラン日本人に会社の設立を依頼したが、1年経ってもできない。
・業務を依頼してもこちらから連絡しない限り、先方からは一切報告が入らない。
・フィリピン人弁護士に法人設立を依頼したが、半年経ってもできない。
・信頼できる(と思った)フィリピン人に会社のお金を持ち逃げされた。
・コンサルとは名ばかりで、知識も経験も全くない。

 

こうした話は既に遠い彼方の昔話かと思っていたのですが、残念ながらいまだに耳に入ってきます。確かに騙す方が100%悪いのですが、よくよく話を聞いてみると騙される方も悪い。要は人を見極めていない。極端な言い方をすれば、海外にいて頼る人もいないので、最初に目の前に現れた一見信頼できそうな人に全てを委ねてしまうのです。



 

私は海外経験も長いのですが、旅行も含めて「騙された」という経験はありません。それは、海外にいることを片時も忘れずに常に慎重だからです。そんな私の経験に基づくセブでの正しい人脈の作り方を簡単にご紹介します。

 

短期でもいいのでセブで就職してみる

中には瞬間風速的に良い人を演じることができる人もいます。しかし、毎日は無理です。まずは、日常を共有できる身に自分を置いて人と付き合ってみる。トラブルが発生した時にどういう行動をとるか、仲間が困っている時にどう振る舞うか、そんな点に注目すれば信頼できる人かどうかは、割と簡単にわかると思います。決して難しいことではありません。日本でなら、普通にやっていることです。

私の場合は、セブに来てすぐに会社を設立する機会に恵まれたので、そこでの従業員とがっつり腰を据えて付き合いました。その中の1人には、いまだにお世話になっています。

 

短期でもいいので留学してみる

この手段の目的も、上記の就職のものと同じです。学校の日本人スタッフやフィリピン教師から海外での人脈構築を始めるのもオススメです。同時に英語の勉強もできますし。しかし、学校だからといって盲目的に信用してしまうのは厳禁です。詳しくは話しませんが、お金の貸し借りのトラブル等何度か聞いたことがあります。

 

教会に行ってみる

実は私、セブに来た最初の3ヶ月は毎週日曜日に教会に行っていました。私は無宗教ですが問題ありませんでした。教会のメンバーにも正直にそう伝えました。フィリピンはキリスト教の国、だからフィリピン人を理解するには教会に来てキリスト教を理解することが重要だと思ったのでここにいる、と堂々と伝えていました。セブに慣れるまでは、教会のメンバーに色々と助けてもらったものです。

 

ウェブサイトのない会社は信用しない

ウェブサイトを持っていて、そこで顔出ししていれば中々悪いことはできませんよね。それだけです。シンプルです。

 

ブログをしっかり読む

毎日ではなくとも頻繁に更新していて、長期間続いているブログをじっくり読んでみて下さい。ブログには必ず人格がでます。そして、長きに渡って人格を偽ることは不可能です。ブロガーとして断言します。たった1回の1時間の面談よりも、1年分のブログ連載を読む方がそのブロガーの性格を知るには効果的且つ確実です。そして、信頼できるブロガーを見つけたら迷わずコンタクトしてみる。良い人の周りには良い人がいるものです。きっとそのブロガーを起点として良い人脈が広がることでしょう。

 

偉そうに書きましたが、良い人脈は簡単にはできません。人脈は自分の時間と労力と知恵を使って勝ち取るものです。うわっ、最後まで偉そう。スミマセン(詫)

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

関連記事&おすすめ記事


カテゴリー: セブ島現地ビジネス, フィリピン生活 タグ: , , , , パーマリンク