ヨーロッパ鉄道の旅(1)ロンドン→ワルシャワ→ベルリン




 

ヨーロッパではLCC(格安航空会社)をバス感覚で利用できるので、ついつい飛行機に頼りがちなのですが、お時間のある人は(例えば10日以上)是非ぜひ鉄道の旅にトライしてみて下さい。

 

すっごく楽しいです
欧州の美しい景色に魅せられます
ゆったりとした穏やかな時の流れに包まれます
電車内での嬉しい出会いもあります

 

下記が私が実際に辿ったルートです(2013年)

 

ロンドン → ワルシャワ(ポーランド) *飛行機
ワルシャワ → ベルリン(ドイツ)
ベルリン → プラハ(チェコ)
チェコ → ウィーン(オーストリア)
ウィーン → ブダベスト(ハンガリー)
ブダベスト → フランクフルト(ドイツ) *飛行機
フランクフルト → ブリュッセル(ベルリン)
ブリュッセル → ロンドン

計7カ国



本当はハンガリーの後にクロアチアまで攻めようと思っていたのですが、何となく飽きてしまい当時住んでいたイギリスに引き返してしまいました。

私が辿ったルートがベストとは思いませんが、個人的にはかなりベストな選択であったと思っています。順を追って説明します。

当時の旅程の記録と記憶を頼りに…

 

 

ロンドン → ワルシャワ(ポーランド) *飛行機

 

 

ロンドンのちょい郊外にあるルートン空港から、ポーランドの首都ワルシャワまで、ハンガリーのLCC / Wiz Airで飛びました。

 

 

2時間以上の国際線にも拘らず、6500円程度で飛べるのですからヨーロッパは本当に旅行のしやすいエリアですね。

私も当時の記録を見ると、47ポンドでチケットを購入しています。

ちなみに、ワルシャワの空港の正式名称は、Warsaw Chopin Airport(ワルシャワ・ショパン空港)。そうです、あの偉大な作曲家ショパンはポーランド人なのです。

今回のシリーズのテーマは「鉄道」なので旅の詳細は省きますが、ポーランドはあまり英語が通じず少し苦労しました。それでも、ワルシャワは本当に美しい街でした。物価も安く、旧ソ連の面影も味わえるオススメの場所です。

 

 

 

ワルシャワ → ベルリン(ドイツ)

 

 

約5時間の電車の旅。
私の席は6人乗りのコンパートメントの1席。一緒に乗り合わせた外国人との触れ合いも、電車ならではの醍醐味。座席もゆったりしているので、快適に過ごせました。

 

料金は、5時間の国際線でもたった29ユーロ(3500円程度)と激安です。但し、これは事前に買った場合。欧州の電車は、早い時期に買えばこのように格安で購入できますが、直前や当日はグンと跳ね上がるので注意が必要です。

 

実は私、このポーランド→ベルリンの移動でトラブルに遭遇。私は当日券を購入したのですが、乗りたかった電車がなんと満席。8月の欧州は旅行シーズン、勉強になりました。結局夕方の電車のチケットを購入し、初めてのベルリン到着が深夜12時となってしまったのです。

 

次回へ続く。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: 旅のテクニック タグ: , , , パーマリンク