LCCに乗るなら追加で千円払って足元の広い席を!セブパシフィック/ エアアジア / バニラエア編




 

LCC(格安航空会社)では座席の指定が有料です。少なくとも、セブパシフィック、エアアジア、バニラエアーではそうです。そのため、大半の人が座席を指定しません。そうすると、狭い席に、運が悪いと3人席の真ん中に詰め込まれることになります。これはかなり辛いです。少なくとも、パソコンを広げて仕事をすることは狭くて不可能です。

 

私は必ず追加料金を支払って、足元の広い席に乗ります。

下記は、今日乗ったセブ→クララルンプールのエアアジアの12列目の席。

 

 

十分な足元の広さ。

そして、3席を一人で独占。

 

 

私の経験上、LCCでは1列目・12列目・14列目の席には十分な広さがあり、快適に過ごすことができます。ちなみに、12列目と14列目が広い理由は、そこが緊急時の避難口だからです。そして、13列目がないのは縁起が悪い数字だから。

 

更なるメリットは、今回私が体験できたように3席独占できる確率が高いということです。私の経験上、過去5回に4回は3席を独占できています。こうなると、LCCといえどもかなり快適です。そして、そのくらい追加料金を払う人が少ないということなのです。本当に不思議なことです。

 

会社によって異なりますが、追加料金といっても1,000円程度です。

たった1,000円です。

 



例えば、セブからクアラルンプールまでは約4時間のフライトです。十分なスペースがあればこの時間を実に有効に使うことができます。実際に、私はこの記事のドラフトを機内で書いています。この記事を書く前は、2時間くらい3人席を独占して横になって寝ていました(朝4時半起きだったので)。

 

 

たった1,000円でこの違いです。

 

 

最後にエアアジアにはご注意。2列目〜5列目が少し高い料金設定になっています。下の写真を見て下さい。前方の席だけ赤くなっています。一見、特別に見えますが、特別なのは色だけです。それと、少しは早く機内から降りられるということだけ。

 

2〜5列目の座席に追加料金を払ってもメリットはゼロです。

どうせ払うなら、1列目・12列目・14列目にしましょう。

中でも、1列目はいつも埋まっているので、3席独占の可能性がある12列目か14列目がオススメです。

 

 

今日は、セブからクアラルンプールまで3時間20分で到着しました。定刻前到着というフィリピンではありえない出来事。

 

セブからどこかを拠点にして飛ぶなら、断然KL(クアラルンプール)でしょう。これまで、3回乗っていますが遅延は一度もありません。KLの空港は、ネットもサクサク(対フィリピン比)で安心・安全な雰囲気で快適に過ごせます。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

関連記事&おすすめ記事


カテゴリー: 旅のテクニック タグ: , , パーマリンク