フィリピンの治安情報 アメリカ政府の在比米人へのメッセージを読む




 

2017年8月時点、ここセブは至って安全、穏やかな時間が流れています。一方で、フィリピン南部のミンダナオでは未だ戒厳令が敷かれており緊迫した状況が続いております。

 

どこが安全で、どこが危険?

 

これは誰にも断定できません。ましてや一個人が言うべきではありません。ですので、今日はアメリカ政府がフィリピンに住んでいるアメリカ人向けに発したメッセージを「客観情報」としてお送りします。

 

全文は下記ウェブサイトでお読み頂けます(勿論、英語)。

https://ph.usembassy.gov/security-message-u-s-citizens-security-message-u-s-citizens/

下記は、2017年7月18日の情報です。

 

Security Message for U.S. Citizens: Updated Travel Warning for the Philippines

The Department of State warns U.S. citizens to avoid all non-essential travel to the city of Marawi, Mindanao and the Sulu Archipelago including the southern Sulu Sea, and to exercise extreme caution when traveling to other regions of Mindanao, due to terrorist threats, insurgent activities, and kidnappings.

 

ざっくり訳すと、

・テロに巻き込まれる可能性があるので、ミンダナオのマラウィと南スル海を含むスル諸島には行かないように!

・また、ミンダナオの他のエリアに行く際も最大限の注意を払って下さい!!



 

以上から、セブは最高警戒レベルの地域には指定されていないことがわかりますが、一方で下記のような記述もあります。

 

U.S. Embassy Manila received credible information that terrorists planned to conduct kidnappings in Palawan, Cebu, and Bohol provinces in 2017.

在マニラ米国大使館は、「2017年に入ってパワラン、セブ、ボホールでテロリストによる(外国人)誘拐計画があった」という確かな情報を入手した。

 

これは少しショッキングな情報ですね。

 

最後にフィリピンの治安に関する最近の動きを箇条書きで紹介します。

 

・In September 2016, a terrorist group detonated a bomb in Davao City, killing 14 and wounding at least 70 people. Following the attack, the Philippine government declared a “State of National Emergency on Account of Lawless Violence in Mindanao.”

・In May 2017, an ongoing conflict erupted between terrorist groups and Philippine security forces in Marawi City, Mindanao, resulting in multiple dead and injured.

・In central Mindanao, extremist groups aligned with the Islamic State, the Bangsamoro Islamic Freedom Fighters, and other armed groups have carried out attacks on local government institutions, civilians, and security forces in the Cotabato City area, and in the Maguindanao, North Cotabato, and Sultan Kudarat provinces, where the government maintains a state of emergency and a greater police presence.

・In Mindanao, terrorists, insurgents, and criminal gangs regularly conduct kidnappings for ransom. Since January 2017, at least six separate kidnappings have been reported.

・In western Mindanao, terrorists, insurgents, and criminal gangs regularly conduct kidnappings for ransom.

・The U.S. Embassy has restricted U.S. government personnel travel to Mindanao.

・There have been no reports of U.S. citizens in Mindanao targeted specifically for their nationality; however, general threats to U.S. citizens and other foreigners throughout Mindanao remain a concern.

 

 

ざくっと訳すと、

 

・2016年9月、ダバオ市で爆弾が爆発し14人が死亡、その後ミンダナオ全域に戒厳令が敷かれた。

・2017年5月、マワウィで政府軍とテロ集団との戦闘が始まり複数の死者・負傷者がでている。

・ミンダナオ中部の過激派グループが、自称イスラム国(アイシース)等のテロ組織と連携し、現地の役所や市民、治安部隊を襲撃した。

・2017年に入ってから、少なくとも6件の身代金を目的とした誘拐がミンダナオで発生している。

・アメリカ政府は、アメリカ政府関係者のミンダナオへの渡航を禁止している。

 

以上、淡々と事実を記載しました。恐怖を煽るつもりは毛頭ありません。私は人が集まる場所に行くときは、結構キョロキョロ周囲を見るようにしています。

 

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

関連記事&おすすめ記事


カテゴリー: フィリピン生活 タグ: , , , パーマリンク