2017年9月 エアアジア搭乗紀 バンコク→成田 エコノミークラス




 

まずフライト・スケジュールは下記の通り。

 

成田発 9:15 バンコク着 13:45
バンコク発 11:15 成田着 19:40

*日本とタイの間には2時間の時差があります(日本が進んでます)

 

抜群のスケジュールですね!
到着初日から十分に遊べて、最終日もこの時間ならそれほど早起きする必要もありません。

価格も上手に買えば片道15,000円程度と超お手頃です。

 

今回は、バンコク→成田の帰路のみ利用したので、そのレポートです。

 

ドンムアン空港にてチェックイン
* エアアジアは、スワンナプーム空港ではないので要注意

 

エアアジアのチェックインはかなり待たされるので、事前のWebチェックインが必須です。

しかし、この便ではWebチェックインではBoarding Passが発行されず、Document Check Counterに行く必要がありました。

 

チェックイン待ちをする長蛇の列

 

その横にあるDocument Check Counter

今回は旅慣れない?方が数組私の前にいて、すっごい待たされました。
スーツケースの重さとか事前に測るの普通でしょ…ブツブツ…

 

Passport Controlを超えて、セキュリティチェック

結構、厳しいです。
まあ、厳しい方が良いのですが、あれこれ指図されるとあまり気分は良くないですね。



スワンナプームができる前のドンムアンは、古くて殺虫剤の匂いが漂っていたのですが、いまではすっかりリニューアルされて綺麗です。

 

エアアジア成田便は15番ゲート

結構奥の方にあって、周囲には売店とかありません。
ですので、飲み物とか買うなら早めに買った方が良いです。
私はお水を買いに戻りました(3分くらい歩いたかな)

 

待合エリア
フリーWIFIはアップロードは貧弱ですが、まあ諸々作業するには問題ないスピード。

 

座席は、追加料金を払って足元の広い席をゲット。
非常口横の35H。

足は伸ばせて楽チンだったのですが、何となく横幅の狭さを感じました。
隣の方が少し大柄だったからかもしれませんが。

 

機内はほぼ満員。
成田までの6時間20分、普通の(狭い)席では多分しんどかったと思います。

 

足元の広い席、追加料金は約5,000円。
これを安いと考えるか高いと考えるか…
追加料金を払っても片道2万円なので、私は迷わず購入しましたが。。

 

最後に、
エアアジアってかなり定時発着率が高いと思います。
そういう意味で私はかなり好きです。
フィリピンの国内線でも、いつもエアアジアです。
広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

関連記事&おすすめ記事


カテゴリー: 旅行記 タイ タグ: , パーマリンク