フィリピン航空のマイル特定航空券の予約が面倒くさい件




 

年明けの一時帰国のため、セブ→成田便の特典航空券を予約したのですが、
これがもう超絶面倒臭かったわけです。

 

というわけで、今日はその19世紀級の超非効率な手続きの一部始終を書いていきます。

 

 

まずは、21世紀のまっとうな航空会社JALの場合。

 

JALのWebsiteで「特典航空券の予約」を選択し、

 

希望のフライト情報を入れると、

 

下記のような欲しい情報が全部出てきます。
あとは、フライトを選択してクレジットカードで決済するだけ。
すっごい簡単です。
5分もかかりません。

 

次にフィリピン航空。

 

コールセンターに電話します!

 

この21世紀に緊急でもトラブルでもないのに、いきなり電話です(泣)
また、ウェブサイトでは簡単にコールセンターの電話番号が見つからないので、
グーグルで「フィリピン航空 コールセンター」で検索しました。

 

そして、当然すぐには繋がりません。

この時は約10分待ち。

 

ようやく、つながったオペレーターさんの声はやや暗い(文句言ってスミマセン!)。
しかし、これまで5回くらい電話したことがあるのですが、明らかにウェルカム感がないのです。
ということで、終始事務的に淡々と対応されます。

 

希望のフライトを告げ、空席の確認をします。
幸いこの時は希望のフライトに空きがありました。

 

そして、ここからがPALの真骨頂。

 

電話だけではお申し込みは完了しないので、専用の申込書に記入の上、メールで送って下さい。

 

申込書ってウェブサイトにあります?と私。

 

ハイと一言、オペレーター。

 

普通、ウェブのどこにあるかとか説明すると思うのですが、「自分で探せ」オーラ全開で先に進みます。

 

これから言うメールアドレスに送って下さい。

 

といい、メールアドレスをローマ字で読み上げていきます。
こちらは、それをメモって復唱して確認して…

 

私の部下がこんなことやったら、叱り飛ばすと思います。
口頭で、しかも電話でメアドを伝えるなんて、トラブルのモトです。

 

私はPALのマイレージ会員なので、メールアドレスを登録しています。
まっとうな会社なら、先方から申込書をそのメアド宛てに送ってくると思うのです。
その方が効率的であり、最低限の親切だと思うのですが,,,

 

まあ、相手がPALであることは重々認識しているので、私も淡々と処理しました。
まさに、処理って感じです。

 

しかし、ここで終わらないのが我らがPAL。
なんと支払いは、銀行振り込み一択!

 

「今回はセブ発なので」とか訳の分からない言い訳をしてましたが、
クレカも、ペイパルも駄目。
ビットコインなんて、多分その存在すら知らないのでしょうね。

 

ということで、手数料の1,000円を銀行振込でお支払いさせて頂きました。

 

そして、当然ここでも終わらないのがフィリピン航空のフィリピン航空たる所以。

 

このやりとりの2時間後に、フィリピン航空から留守電あり。

 

お伝えしたいことがあるので、折り返しお電話下さい!

 

当然、無視。
また、10分も待ちたくないし、さっきメールを送ったばかりです。
普通、メールにはメールで返信するものです。
それが常識であり、マナーです。

 

そして、翌日の朝も同じ留守電が。。。

 

お伝えしたいことがあるので、折り返しお電話下さい!

 

早く終わらせたいので、仕方なくこちらから電話すると、

 

申込書のサインがパスポートのサインと異なるので、同じサインをした申込書をもう一度送って下さい。

 

これこそ、フィリピン・クオリティの真骨頂ってやつです。

 

パスポートのコピーも提出し、マイレージの会員でもあり、更には既に支払いを終えてる相手に、こんなこと要求するなんて馬鹿げてます。

 

でも、これフィリピンでは本当によくある光景なんです。

 

その後、終始事務的に作業し、メールで再送。
メールには「この時代に緊急事態以外で、電話でやりとりすることの非効率さと非常識さ」を訴える文面を添えました。
クレームではなく、提案として。

 

先方からは詫びのメールが届きましたが。。。

 

これが、フィリピン航空とのやりとりの一部始終です。
記事冒頭の JALと是非、比べてみて下さい。

 

フィリピン航空には、外部のコンサルを入れることを強く強く勧めます。
なんなら私がやりますので、フィリピン航空の方がこの記事を読んだらご遠慮なくご連絡下さい。

 

 
広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

関連記事&おすすめ記事


カテゴリー: 搭乗紀 フィリピン航空, 旅のテクニック タグ: パーマリンク