ドゥテルテ万歳!フィリピンで所得税ゼロの衝撃!!




 

零細企業を経営する私、フィリピン人経理スタッフを雇う余裕もないので、毎月の給料計算等もコツコツと自分でやってます。

 

自分でやった方が早いし、間違いもないダカラ…

 

そんな私に今年に入ってから、フィリピン人スタッフの1人から助言が。

 

今年から税制変わりましたよ♪

 

早速、ググってみると衝撃の内容が明らかになりました。

以下、日経新聞の記事からの抜粋

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24820720Z11C17A2000000/

 

 

新税制では、年収25万ペソ(約55万円)以下の場合、個人所得税をゼロにする。税率は年収25万ペソ超から段階的に上がり、20~35%かかる。個人所得税を納める750万人の99%が減税となるという。

 

 

年収25万ペソということは、月収で2万ペソ程度。

私の経験上、このレベルの収入を得ている「雇われフィリピン人」には会ったことがありません。

 

まあ、この所得の低さも衝撃ですが、一気に所得税をゼロにしてしまう大統領の剛腕ぶりには脱帽です。

 

これにより、ますますフィリピン人の個人消費は増大し、GDPを大きく押し上げることになりそうです。

 

この税制改革により、当社で所得税を納めるのは私だけになりました。

そして、私の所得税も約3分の1に減りました。

 

経営者としては、払う金額の総額は変わらないのですが、

これまで国に払っていた分を従業員に払えることは嬉しい限りですね。



 

一方で、所得税減税と同時に、引き上げられる税金もあります。

 

一方、物品税などは引き上げる。
自動車への物品税は卸売価格が60万ペソ以下の場合、現行の2%から4%に上昇。
高価格帯の100万~400万ペソの場合は20%となる。

ガソリンは現行の1リットルあたり4.35ペソから、18年に7ペソ、19年に9ペソ、20年に10ペソに段階的に引き上げられる。
相続税と贈与税は従来の累進課税から一律6%にした。
砂糖や人工甘味料を加えた飲料に対して1リットルあたり6ペソ課すなどとした「加糖飲料税」も新たに導入。
美容手術に対しても5%を課税する。

 

ガソリンと「砂糖や人工甘味料を加えた飲料」に対する増税は庶民を直撃しますが、所得税の減税で十分に賄える範囲でしょう。

 

それ以外を見ると、今回の税制改革は、明らかに「高所得者への増税」ですね。

 

格差の激しいフィリピンでは、妥当な政策だと私は思います。

 

それにしても、フィリピン人の人件費、安過ぎますね。。。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: セブ島現地ビジネス パーマリンク