2018年1月 JALプレミアムエコノミー搭乗紀 成田→バンコク




 

久しぶりのプレミアム・エコノミー。

普段、LCCばかりの私には、JALならエコノミーでも十分快適なのですが、今回はマイルの特典航空券の空席がエコノミーになかったことから、一つ上のプレミアム・エコノミーをチョイス。

 

JALが素晴らしいのは、マイルの特典旅行でも「片道」で予約ができること。

参考までに、東京:バンコク間の片道の場合の必要マイル数は、下記の通り。

 

エコノミークラス:17,500マイル
プレミアム・エコノミー:25,000マイル

 

今回利用したフライトは、

 

JAL717便
東京/成田発  12:40
バンコク着    18:00

 

しかし、今回は残念ながら4時間ディレイのため、バンコク到着が22時。
まあ、JALの遅延は珍しいので(経験上)、たまには仕方ないですね。

 

 

では、出発。

JGC(ジャル・グローバル・クラブ)のカウンターを利用。

待ち時間0分で快適でした。

 

 

プレミアム・エコノミーって、「W」なんですね。

ちなみに、ビジネス・クラスだと「C」ですね。

 

 

セキィリティも専用レーンをサクッと抜けて、サクラ・ラウンジへ。

そして、毎度恒例のJALビーフ・カレー。

美味しゅうございます。

今回の一時帰国して食べた食事の中で、実は一番美味しかったかも…

 




 

さて、搭乗。

今回はラッキーなことに、プレミアム・エコノミーの最前列3席を独占。

 

足を伸ばしても向かいの壁まで足が届きません。

フィリピン航空のビジネスクラス(成田セブ便)より、確実に広いです。

 

目の前には憧れのビジネスクラス。

早く、もう一度ビジネスに乗れる身分になりたいものです。

 

 

機内食。

まずは、メニュー。

先日乗ったフィリピン航空のメニューは何と手書きのメモでした..

 

機内食は、エコミノーと一緒です。

まあ、私にはこれで十分です。

美味しゅうございます!

 

 

サントリーのプレミアムというだけで、気分が上がりますね。

どんだけ庶民?

 

その後、ワインを飲みながら映画を2本みて、約7時間のフライトを快適に過ごすことができました。

 

細やかながらもこういう贅沢は、たまには必要ですね。

普段満たされない心の隙間が埋まる感じがします。

 

個人的には、欧州路線の10時間以上のフライトでも、JALならプレミアム・エコノミーで十分ですね。

 

最後に、機体がボーイング787というのも快適さを増してくれました。

787は、明らかに他と違います。

私は、同じ路線で機体が異なる場合は、いつも787の便を選択しています。

 

 
広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

関連記事&おすすめ記事


カテゴリー: 旅行記 タイ パーマリンク