フィリピン留学のクオリティ フィリピン英語は訛ってる?




 

今日はフィリピン留学のクオリティについてお話したいと思います。

品質(クオリティ)と一言で言っても、色々ありますよね。

 

先生(授業)の品質
マネジメント(学校運営)の品質
寮の品質
食事の品質
学生の品質

 

それぞれについて、小一時間は語れそうですが、今日は「先生の品質」について。

まず、結論から言います。

 

全く問題ありません!

 

なぜこういう言い方をするかと言いますと、

 

「フィリピン人訛ってない?」
「アメリカ人やイギリス人とは違うでしょ」

 

というようなご意見をよく耳にするからです。

そして、多くのメディアが

 

「いや、訛りはないから大丈夫」
「綺麗なアメリカ英語です」

 

とアピールしています。

 

しかし、私の意見は逆です。

 

たとえ学校の先生でも、フィリピン人、正直訛ってます
アメリカ英語ではなく、フィリピングリッシュです。
(私の感覚では、本当に流暢に英語を話すフィリピン人は10%程度かと思います。)

 

そして、だからこそ、日本人にはフィリピン留学が効果的なのです

 

その理由については次回。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

関連記事&おすすめ記事


カテゴリー: 英語 フィリピン留学 タグ: , , , パーマリンク