9Gビザ(就労ビザ)を新しいパスポートに移し替える「リスタンプ」という儀式




 

最初に、この記事を読む上での前提知識を整理します。

 

(1)外国人がフィリピンで合法的に働くためには「9Gビザ」が必要です。

(2)9Gビザの有効期限には「1年」と「3年」のものがあります。

(3)9Gビザとは、物理的には「パスポートに押されたスタンプ」のことです。

(4)パスポートを更新した場合は、9Gビザを新しいパスポートに移し替える(これを「リスタンプ/restamp」と言います)必要があります。

 

そして、ポイントは(4)の手続きはマニラの移民局本部(BI Head Office)でないとできないという理不尽な事実です。

(参考)
Restampをせずに、フィリピン出入国の度に新旧パスポートを持参する方もおられるそうです。これでも空港は通過できるそうです。

 

ということで、几帳面な私はマニラにRestampに行って参りました。以下、「マニラRestamp紀行」です。

 

 

1、パスポートの更新

 

私はセブシティのケッペルタワーにある日本領事館で行いました。

10年パスポートで、料金は7510ペソ。

申請して4日後くらいで受領できました。

「申請の待ち時間ゼロ」「受領の待ち時間ゼロ」と、ここフィリピンで存分にジャパン・クオリティを満喫させて頂きました。

セブ在住者の方、パスポート更新は日本よりもセブの方が多分楽チンです。

詳細は、在フィリピン日本大使館のウェブをどうぞ。
https://www.ph.emb-japan.go.jp/visiting/consular_j/new%20visa/consul_ppt.htm




 

2、リスタンプ

 

早朝6:50発のエアアジアでマニラに飛びました。

 

理由は、

(1)フィリピンの役所に行くのは朝一が鉄則です。遅くなればなる程待ち時間は長くなります。というか、「その日のうちに終わらない」という事態も普通に発生します。

(2)慢性的な遅延が頻発する「セブ・マニラ間」のフライト。比較的早朝便は送れません(あくまでも私の経験に基づく)。

 

定刻通り、8:10にマニラに到着。8:20にはタクシーに乗り込むも「マニラ名物大渋滞」に巻き込まれ移民局到着は9:20。

たった9キロの距離で1時間掛かりました。料金は260ペソ(普通にメーターを使用しチップも要求してこない珍しい運転手だったのでチップを20ペソ渡し計280ペソ)。

 

 

マニラの移民局本部様に到着。

 

(1)申請者の作成

建物に入ってセキュリティを超えると「お客様相談カウンター」みたいなコーナーがあるので、そこで要件を告げます。

すると、紙ファイルに綴じた申請書をくれます。

指示は、

・申請書に記入すること(超シンプルな内容)

・新パスポートと旧パスポートの顔写真のページと、ビザのページをコピーすること

 

コピーは建物の中に1枚2ペソでコピーしてくれる業者さんがいます。

サクッと処理して、紙ファイル代25ペソを支払うと22番カウンターに行くよう指示されます。

 

(2)22番カウンター

待ち時間ゼロで書類を提示して要件を告げると、「ここではリスタンプはしない。306へ行ってくれ」の一言。

何のために22番カウンターがあるのか意味不明だったので質問すると、完全無視。フィリピン名物「答えたくない(答えられない)質問は無視」に久しぶりに遭遇しました。

 

(3)Room 306

カウンターに3人くらい座っていたので、暇そうなお姉さんに要件を告げると、ACR-I cardのコピーを取ってきてくれとのこと。

フィリピンでは、必要書類をその場で言われることが普通なので、どの役所にもコピー業者がおり、そこにコピーに行き時間を浪費することになるのです。

書類と新旧パスポートを提出し、待つこと約1時間半、無事リスタンプという儀式は終了しました。

移民局に到着してからは、ちょうど2時間。フィリピンの役所手続きにしては上出来です!

 

ちなみに下記が9Gビザの実物です。

 

そして下記が新パスポートのリスタンプ。

 

 

最後に要注意情報です。

 

実は、マニラに行く前にセブの移民局事務所(Jセンターモール内)にリスタンプについて問い合わせをしたのです(スタッフにお願いして)。

反応は、下記の通りでした。

・普通はマニラに行て手続きする

・でも俺がなんとかできないこともない

・詳しくはその日本人と話すからそう伝えてくれ

 

要は「お金を払って裏でやってくれる」ということでしょう。コスト的にはマニラまでの航空券代が浮くので裏金を払っても構わないのですが(旅費程度までなら)、次回のビザ更新時に何らかの支障が出るというリスクを取りたくなかったので、今回はマニラに行きました。

 

海外でも、法的手続きは正面切ってやるのが正解です!

 

たまに「裏金払ってすぐできた」「いつでも紹介するよ」と自慢する人がいますが、全然格好良くないですよね。どうして「ぼられたこと」を自慢してるのか理解できません。。

セブのイミグレのオヤジには気をつけて下さい。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: セブ島現地ビジネス, セブ島現地ビジネス ビザ パーマリンク