PhilHealthというフィリピンで一番マシな役所の実態




 

PhilHealth / フィル・ヘルスとは、その名の通り、フィリピンの医療保険制度。雇用者は一定の割合で、従業者の掛け金を毎月支払う義務があります。

今回は、従業員が1名退職したので、PhilHealthにその届出に行きました。と言っても、たった一枚の書類を提出するだけです。

 

Form Er2

 

PhiHealthの開館時間は、朝の8時。そして、フィリピンの役所対応は朝一が鉄則。ということで、私も開館時間に合わせて家を出ました。

7:50にPhilHealth到着。しかし、館外には既に多くの人が。。。

 

8:00開館。そして、私がもらった整理券の場号は、

 

 

 

40番

 

 

 

朝から思いっきり絶望感を味あわせて頂きました。その後、8:50まで待つもその時点で進んでいたのは15番まで。

9時にBIRでのアポがあった私は、一旦退散しBIRへ。




 

9:40に再びPhilHealthへ。

既に私の整理番号は超えて60番あたりを処理中。

 

そこで順番を仕切るスタッフと交渉。

 

私は朝7:50に来て9時まで並んでいたが、順番が来ずに他の用を済ませにいった。

そして、いま帰ってきたら私の順番は過ぎていた。

なんとかしてくれない?

Help me!!

 

本ブログで何度も書いていますが、フィリピン人の心を動かすには「Help me / 助けて下さい」が一番です。どれだけ自分に正当性があっても、割り切ってHelp meと言えるか?これ、フィリピンで(特にビジネスで)上手くやっていけるかどうかの、ターニングポイントでしょう。

 

ということで、何とか押し込み(割り込み?)書類を受領してもらいます。PhilHealthでは、この時IDも一緒に渡します。フィリピンでは、色んなところでIDの提示を求められれ不安なのですが、不思議と一度も紛失されたことはありません。

まあ、それでも不安ですが。。

 

そこから、待つこと約1時間。10:40にようやく、「たった一枚の書類の提出」という手続きが完了したのです。

 

 

 

PhilHealthに到着してから、実に2時間50分。

 

 

 

これが、フィリピンで最もマシな役所の実態です。PhiHealthは他の役所のように、どこにも載っていないよな資料の提出をいきなり求めたりはしませんが、「待ち時間」という点では、残念ながら他の役所と同じ水準なのです。

 

そういえば、私がセブに来た5年前とあんま変わってないな〜

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: セブ島現地ビジネス パーマリンク