【猿レベル】フィリピンの役所にメールを送ると返事が来るのにどのくらいかかるのか?




 

日本人や韓国人が経営するセブにある英語学校は、フィリピンの移民局から「外国人を受け入れる許可」を取得する必要があります。これをSSP / Special Study Permitと言います。留学生の皆さんが、入学時に6500ペソ支払うアレです(セブ英語倶楽部では5000ペソです)。

 

そして、このSSPを移民局から取得するためには、TESDAに学校を認定してもらうことが必要です。TESDAとは、Technical Education and Skills Development authority(フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁)の略で、要は学校を司る役所です。そして、このTESDAは私の経験上フィリピンで最もトロい役所で、放っておくと学校に認可が下りるのに1年くらいかかったりします

 

セブ英語倶楽部は、私が足繁くTESDAに通ってやり取りしたので、約3ヶ月で認可を取得しました。おそらくフィリピン新記録だと思います(自慢)。

 

そんなTESDAからは、たまに嫌がらせのようなメールが届きます。下記が先日届いたメール。

 

・・・・・引用ここから・・・・・

Dear Partners,

This is to remind all TVIs to submit Enrollment/Terminal reports thru T2MIS from January 2018 to present. 

For your strict compliance, please.

Note: This advisory is intended only for those TVIs who have no T2MIS reports

Thank you!

・・・・・引用ここまで・・・・

 

まず「Enrollment/Terminal reports」などというものは、TESDAのシステムには一切存在しないのです。見たことも聞いたこともありません。そこで、フィリピン人スタッフに電話で問い合わせてみてもらったところ、全く名前の異なるレポートを指していることが判明しました。本当に毎度お騒がせなんです。言葉の定義が曖昧で、意味不明の略語ばかりで大変です。。。

 




 

それから、TESDAと並んで評判の悪いフィリピンの役所といえばSSS / Social Security System。今年に入って新システムに移行したのですが、そのシステムがうまく作動しない。

 

そこで、2月13日に問い合わせメールを送って、そのまま返事が来ずに忘れていたところ、6月6日に下記の返信が入りました(笑)。メールの返信に脅威の4ヶ月です!

 

・・・・・引用ここから・・・・・

Good day!

We apologize for the late response. May we know if you are pertaining to generating of Payment Reference Number (PRN) as for member or employer?

・・・・・引用ここまで・・・・・

 

一応謝ってるけど、アホな質問やめてくれ!

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス | 【猿レベル】フィリピンの役所にメールを送ると返事が来るのにどのくらいかかるのか? はコメントを受け付けていません。

これがフィリピン人ビジネスマンの猿レベルのマナーです。




 

知人のビジネスの手伝いで、フィリピンでの損害保険加入を手伝うことになりました。ということで、保険のブローカーを紹介して貰いまずは面談。

 

私はマクタン島在住、先方のオフィスはセブシティ。昼間は渋滞のため、移動には1時間以上軽くかかります。そこで、心優しい私はセブシティへ行く用事に合わせてミーティングを設定先方に私との面談のためだけにマクタンまで来て貰うなど胸が痛みます。

 

某日、待ち合わせは某モールに16時。タクシーで向かうも普段以上の渋滞にあい若干間に合わない可能性が発生。

 

15:55  日本人の私は日本人らしく律儀に先方へ連絡。「すみません、数分遅れる可能性があります」。

 

16:02   待ち合わせのカフェに到着するも先方は(当然?)来ていない。そこで先方からのテキスト受信「私も遅れています」。いやいや、もう約束の時間過ぎてるんですが。。

これだけはやってはダメと、日本なら新入社員研修で口を酸っぱくして言われることを、フィリピンではベテラン・ビジネスマンがこのようにさらりとやってのけます。

16:40  先方到着。一応平謝りなので許す(というかノーチョイス)。

 

この後の打ち合わせは全て口頭。資料とか一切なし。色々ヒアリングされるも「ヒアリング・シート」のような文明の利器とか無論なし。それ絶対、聞き忘れとかあるでしょ、と心の中で突っ込みながら、フィリピン人独特のやけに堅いビジネス英語に耳を傾ける。

 

30分の面談の終わりに「来週中には見積もり出します」と宣言する保険ブローカー。この日は木曜日。営業日ベースで(最長、来週金曜として)期限まで6日あるので、まあフィリピンにしては頑張ってるじゃん、てな感じでさようなら。

 




 

その後、3週間音沙汰なし。

 

業を煮やして「まだ見積もり出す気あるの」とメールしたところ、3日待って下さい!とのこと。

 

3日後、メールにて見積到着。しかし、保険会社からそのブローカーへのメールを転送してるだけ。しかも、両者間のやり取りも全て筒抜け。情報管理とかいう概念は全く無し。更には専門用語やフィリピン人大好物の略語だらけ。そこには「顧客に分かりやすいように」などという配慮はゼロなのです。

 

速攻で、いくつかの質問をメールで返信するも、かれこれ1週間返信なし。

 

これがフィリピンでビジネスをするということです。フィリピンでの起業を考えている方はぜひ参考になさって下さい(悲)。参考までに、ブローカーからのメールの一部をそのまま抜粋。意味分かりますか?本当に、一切解説とか無いんです。

 

ーーーーーここから抜粋ーーーーー

Group Personal Accident Insurance: (condition: Addition / Deletion)

AD & D Php 50,000.00 75,000.00 100,000.00
UMA   25,000.00 37,500.00 50,000.00
MR    5,000.00 7,500.00 10,000.00
BE   5,000.00 7,500.00 10,000.00
Premium per guest Php150.00 Php225.00 Php250.00

ーーーーー抜粋終わりーーーーー

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス | 【猿レベル】フィリピンの役所にメールを送ると返事が来るのにどのくらいかかるのか? はコメントを受け付けていません。

セブの悪徳タクシーを撃退する




 

残念ながらいまだ蔓延るセブの悪徳タクシー。今日は無謀にも百戦錬磨の私に挑んできた愚かなタクシー運転手について書いていきます。

 

先日、私は日本からの帰途、セブの空港でタクシーに乗りました。私の家は空港から近いのでメーターにして70-80ペソ程度。空港にいるタクシーはセブシティへのロングドライブや、リゾートエリアへの観光客(奴らにとっての絶好のカモ)を期待して長時間待っているので、私は「招かれざる客」ということになります。

 

それでも、文句ひとつ言わない運転手には100ペソ渡して「釣りはいらねえ」と言うのですが、まあこんなことは10回に1回の珍事です。

 

さて、今回の運転手。私が行き先を告げると、「プソック・オンリー?」と驚いて聞き返してきました。プソックとは私の家がある地域の名称です。私は気分が悪いので無視。すると運転手、「150ペソOK?」と一言。私、「止めろ」と一言。

 

この運転手、私の二指真空波並みの即答に一瞬たじろぐ。まあ、普段はこんな感じで観光客からメーターの倍額を難なくゲットするのでしょう。

(注)二指真空波とは、北斗神拳の技。詳細は昭和の教養「北斗の拳」をお読み下さい。

 

先方が少したじろいだので、私は少しイジってみることにしました。窓ガラスに印字されたタクシー会社の名前と電話番号を指して、「クレームはここに電話すればいいの?」と聞きながら写メを撮りました。

 

運転手は無言。しばしの沈黙の後、Where are you from?とか聞いてくる運転手。要は、フレンドシップ戦略に作戦変更したわけです。仲直りしようと。しかし、私は無言を貫き、最後には一言「黙って運転しろ」と。




 

自宅まで数分のところで、メーターをチェックすると既に100ペソを超えていました。これはおかしい。完全におかしいのです。よく見てみると、メーターが尋常じゃない速度で動いているのです。そこで、運転手に一言。

 

「何これ?」

 

焦る運転手。

 

「お前、改造しただろ?」

 

「ノッ、ノー」(汗タラ~)

 

私は笑いながら「これまずいだろ、君。自分が何やってるか分かってる?」

 

焦ってメーターを止める運転手。そして渾身の一言。

 

「70ペソOK」(70ペソでいいです)。

 

私の切り返し。

 

「いいよ払うよ。多分、すぐに警察から電話いくと思うからよろしく。こういうこと2度とするなよ、特に日本人にはな。」

 

完全に目が泳ぎ、70ペソOKと繰り返す運転手。哀れです。これ以上は面倒なので、家の少し前で降りて70ペソ渡して終わりにしました。悲しいですが、まだこうした運転手がセブにはいるのです。

 

しかし、改造メーターに当たったのはセブでは初めてでした。ちなみにマニラでは3回遭遇し、いずれも返り討ちにしています。

 

最後にどうして私が「家の少し前」で降りたのか?これは、自分の家を特定させないたためです。フィリピン人の逆恨みは日本人の想像を超えています。今回のように100対0でこちらが正しくても逆恨みをします。そして、感情的になった猿は手に負えません。

 

ということで、運転手と揉めた時は目的地で降りないこと。これフィリピンで身を守るコツですね。やや、上級者編ですが。少し神経質になり過ぎ?いやいや、

「臆病なくらいが丁度いいのよね~」 by カイ・シデン(機動戦士ガンダム)

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島現地ビジネス | 【猿レベル】フィリピンの役所にメールを送ると返事が来るのにどのくらいかかるのか? はコメントを受け付けていません。