セブ島でゴルフなら『ウィー・ラブ・マクタン』当日の現地引率と受付を格安でサポート

 

今日はセブ島で格安にゴルフを楽しめるツアー会社のご紹介。

 

この会社は、私のフィリピン人の友人が経営しています。

彼女は日本語ペラペラ

 

セブ島格安【ゴルフサポート・ツアー】

 

この会社の良い点は、

 

1、日本人がホテルからゴルフ場まで引率してくれる

2、ゴルフ場での受付もしてくれ、カートに乗るところまでサポートしてくれる

3、プレー代は直接ゴルフ場に支払うので、現地価格でプレーができる

4、この会社に払う費用は、1人〜1000ペソの手数料のみ

5、移動は原則タクシーも、要望に応じて格安で専用車も手配

6、ゴルフ以外にも、ディープな現地情報をゲットできる(実はこれが本当の売り?)

 

 

お問い合わせは下記ラインからどうぞ。

https://line.me/ti/p/%40ayw2788w

 

Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島ゴルフ | タグ: , | セブ島でゴルフなら『ウィー・ラブ・マクタン』当日の現地引率と受付を格安でサポート はコメントを受け付けていません。

フィリピン・ビジネス 公証(Notarize)という面倒臭い商習慣




 

フィリピンでビジネスをしていると、文書に公証(Notarize)を求められることがたまにあります。

 

例えば、下記のような時です。

 

・法人の設立

・法人銀行口座の開設

・ビザの申請

・インターネット回線の申込み

 

実務的には、Board ResolutionやSecretary’s Certificateという文書を作成して、それを公証してもらいます。

 

フィリピンでは、公証資格を有する弁護士がこの公証を行います。
わざわざ、公証事務所のようなところへ赴く必要はありません。

 

私が経営する会社は、セブといってもマクタンにあるのですが、公証はいつもセブシティにいる弁護士にお願いしていました。

融通が利く弁護士なので。

 

ただ、今回はすぐにでも公証が欲しい書類が発生したので、マクタンで公証を取ることにしました。

昼間(営業時間)にマクタンからセブシティに行くには、渋滞で片道1時間はかかるので。

 

 

トライ1

 

知人のフィリピン人の友人の弁護士を紹介して貰いました。

フィリピン人には珍しく笑顔が少ない、弁護士には似つかわしく無いタトゥーだらけの弁護士。

 

早速、要件を伝えるべくテキストを送ると、下記の返事が。

 

Please bring your secretary with you.

She needs to sign the notarial register.

 

(Secretary’s Certificateに署名した)セクレタリーを一緒に連れてきて下さい。

公証登録が必要なので。

 

 

面倒臭い。。。

だいたい、セクレタリーはセブ・シティにいるし。

 

 

おそらく、この弁護士のやり方が正しいのでしょうが、このいい加減な国でこんな厳格な対応をされては、関係も長くは続かないと思い、今回は見送ることにしました。

さーせん!

 

 

トライ2

 

私の経営する会社は、ラプラプ市役所から徒歩5分程度のところにあります。

市役所の周りには、多くの役所があり(日本の合同庁舎さながら)、Department of Justiceもその中の一つです。

 

 

そして、その周辺には多くの弁護士事務所が軒を連ねています。

軽く5件以上は簡単に見つかります。

 

 

そこで、今回はその中の一軒に飛び込んでみました。

 

書類を見せ、事情を説明すると、その場でスタンプを押して、サインをして公証完了。

お代は150ペソ。

 

 

所用時間、約50秒。

 

 

こうして、私は理想的な弁護士に出会うことができたのです。

 

 

やはり、ビジネスの基本は自分の足で歩くことですね。

そうすることで、多くを学べるし、何よりも「的確に」「最速で」業務を進めることができます。

 

フィリピンでは、フィリピン人に何かを依頼すると、

 

・目的が達成されない

・時間ばかりかかる

・費用が高い

 

の三重苦に喘ぐことになります。

 

ということで、気の短い私はいつも自分でやることを選択するのです。

やってる時は面倒ですが、圧倒的に早く終わるので。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島ゴルフ | タグ: , | セブ島でゴルフなら『ウィー・ラブ・マクタン』当日の現地引率と受付を格安でサポート はコメントを受け付けていません。

フィリピンの役所はどうしてこうも愚かなのか?BIR / SSS編




 

このブログではフィリピンの役所の超絶低レベルぶりを余すことなくお伝えしてきましたが、ここに続報を伝えなければならないことを痛く残念に思います。

 

不動のフィリピン3バカ役所といえば、

 

・BIR(内国歳入庁)

・SSS(社会保障機構)

・BI(移民局)

 

今日は、その中からBIRとSSSの心温まる幼稚な狼藉ぶりをご紹介します。

 

まずは、BIR。

今年に入って、意気込んで一部の仕組みを変更しました。

まあ、変更=改善なら非常に良いことなのですが、ここはフィリピン、一筋縄ではいきません。

 

・仕組みの変更が発表されたのが2月8日。

・フィリピンの事業年度は、1月1日から。

 

理解不能だと思いませんか?

マトモな人間なら、新しい事業年度から新制度を開始できるよう、事前に(例えば9月頃)に公式に通知して、周知&準備期間に充てるものです。

 

しかも、オンラインのシステムが間に合っていない。

具体的には、1601Eや2551Q(間違ってたらスミマセン)という毎月報告&納税するためのフォーマットがあるのですが、そのフォーマットができていない。

例えば、1601Eの提出&支払期限は毎月10日なのですが、未だできていない。

そして、この記事を書いているのは4月11日です。

 

愚か過ぎます

知能レベル 小学2年生並 小学2年生に失礼?

推定偏差値28

 

更には、新しい仕組みが銀行まで浸透していないため、当面は御用銀行であるLand Bankでしか支払えない。

 

私が経営する会社のフィリピン人スタッフは、毎月空いてるChina Bankで涼しい顔をして支払いを済ませているのですが、今月はこれを理由に支払いを断られ、Land Bank様で2時間程待たせて頂いたそうです。

 

4月15日は所得税の納税期限。
BIRと銀行は業務の佳境を迎えます。

 

更には、私が暮らすセブのラプラプ市のLand Bankは、こんな時期にも関わらず、店舗のリノベーション中♪

 

ごった返す顧客に対する見事な帰り伐ち。

 

この国の役所に「思いやり」という文字は無いのです。



 

 

そして、BIRの良きライバルSSSも負けてはいません。

2018年に入ってから、新しいシステムを導入したSSS。

目的は、加入者・利用者の利便性の向上。

 

ところが、システムが動かない。

 

出てくるのはエラー・メッセージのみ。

 

私は月が変わると、前月分の処理を一気に済ませるのですが、先月SSSの処理を終えたのは20日過ぎでした。要は、20日間システムが動かなかったということです。

 

最後に、このSSSの新システム。

 

 

人間の感性では、絶対に直感的に扱えない猿レベルの代物!

 

 

これがトップページ。

 

 

普通ならページ中段の「E-Service」をクリックすると思うのですが違うのです。

私がSSSの管理職なら絶対にこんなトップページでゴーサインは出しませんね。

 

 

以上が近況です。

愚痴ではありません。

もうフィリピンには慣れたので、こんなことも笑顔で平常心で接しています。

 

 

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: セブ島ゴルフ | タグ: , | セブ島でゴルフなら『ウィー・ラブ・マクタン』当日の現地引率と受付を格安でサポート はコメントを受け付けていません。