1日1食ダイエット 42日目




 

体重67.5キロ

先週と変わらず
(ダイエット開始からは6.1キロ減)

 

やはり前回減り過ぎた分、今回は変わりませんでした。。。

6週間経って、さすがに、体も慣れてきました。
日中に数回感じる空腹感も、生活の一部になりました。
このまま、ずっと続けられそうです。

 

私が最も痛感している「1日1食ダイエット」というダイエット法の長所は、

夕食は、好きなものを、好きなだけ食べられる、という点です。

1日1回好きなものを食べることで、ストレスを発散することができるのです。

 

「食べない」ということが、これほど大きなストレスを生むとは、ダイエット前には考えもしませんでした。やはり、食べるということは、人間の根源的な欲求なんですね。

また、どんなに食べ物から距離を置こうとしても、世の中は食べ物で溢れています。
町を歩けば、レストランが目に入り、良い匂いが鼻をつきます。
こうした誘惑だらけの世の中で、「食べない」というダイエット法は非常に難しいと思います。きっと私には無理でしょう。

 



ですから、1日1食ダイエットは、私には向いているのだと思います。

一方で、ダイエットにより胃は確実に小さくなりました。
ですので、以前必要とした「量」はもう要りません。
年齢的にも、必要な栄養量は減っています。

 

更に、とにかく体が「健康的な食事」を求めるようになりました。
従って、自炊も野菜中心で、味付けもかなり薄くなりました。

私が普段食べているものは、下記のようなものです。

 

生野菜:レタス、キャベツの千切り
酢の物:キューリとワカメ
野菜スープ(肉と野菜の煮込み?)
肉野菜炒め
温野菜:オクラ、ブロッコリー
野菜の煮物:大根、人参等
ヨーグルト

 

完全、草食動物です。

外食時は、刺身を注文して良質なたんぱく質を採るように心掛けています。
また、納豆巻きも欠かせませんね。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: 筋トレ&1日1食ダイエット タグ: , パーマリンク