セブ留学 ファースト・イングリッシュ 体験入学




 

先日、セブのマクタン島にあるファース・イングリッシュに体験入学に行ってきました。

正式名称は、First English Global Courage.
公式HPは、http://www.firstcebu.com/

スケジュールは、下記の通り。
1、朝10時から日本人スタッフによる学校説明&校内ツアー
2、11時から1コマ(50分間)のデモ・レッスン
3、12時からフリーランチ

感想はというと、

 

素晴らしい!!

 

豊富なフィリピン留学の経験から、英語学校の「品質」は、
具体的には下記の5つに分けられると私は考えています。

講師の質
カリキュラムの質
施設の質(学校&寮)
食事の質
学生の質

そして、ファースト・イングリッシュはどの点でも、かなりハイレベルにあるように
感じました。

※スミマセン、あくまでも「感じました」です。短時間過ごしただけなので。。。



まずは、講師の質。
デモ・レッスンを担当した講師のレベルは高かったです。
フィリピン訛りも非常に少なく、ボキャブラリーも比較的豊富でした。
また、単なるデモ・レッスンであるにも関わらず、私のために「ビジネス・プレゼン」の資料をしっかりと準備してくれていました。
感心しました!

 

次に、カリキュラムの質
日本人のビギナー向けに非常に良く工夫されています。
”コツコツ、地道に頑張る”日本人の性格に合ったプログラムです。

瞬間翻訳(日本語を即座に英語に言い換える)、発音クラス、状況別実践英会話等、
しっかりとカリキュラムが構成されています。

逆の言い方をすれば、”フリー・トーク”を推奨していません。

実はこれ、非常に重要なポイントです。

ビギナーの場合、フリー・トークにすると、自分の話せる領域(Comfort Zone)から出ようとしないのです。ですから、強制的にその領域から追い出す必要があるのです。そういう意味で、この学校の”かっちりした”カリキュラムは、非常に有効だと思います。

自己紹介や身の回りのこと(comfort zone)については、比較的流暢に話す一方、例えば経済の議論になった途端、全然話せなくなってしまうタイプの方は結構多いのです。

 

施設の質。

この学校の教室は、他の学校と一線を画します。

 

オープン教室です。
個室(キュービック)ではありません。

ファースト・イングリッシュ 教室

常に”周囲の目に晒されている”ことで、個室内では可能な”怠慢”が許されません。

経営面から見ても、内装工事コスト・空調コストを大幅に節約できる優れたアイデアです。

また、気分転換に屋外で授業を受けることも可能です。

ファースト・イングリッシュ 屋外教室

残念ながら、寮の部屋を見ることはできなかったのですが、評判は良いそうです。
一番の売りは、「トイレとシャワーが別」ということだそうです。
日本人目線の配慮が伺えますね。

学校の外観

ファースト・イングリッシュ 外観

 

売店

 

ファースト・イングリッシュ 売店

 

ラウンジ

 

ファースト・イングリッシュ ラウンジ

 

それから、食事の質。

実際に頂いたランチはこれ↓です。

ファースト・イングリッシュ 食事

合格点です!!

お米も餅米を混ぜて炊くことで、程良い食感を実現しています。
随所に工夫が見て取れますね。

 

最後に学生の質。

これは、一緒に過ごしていないのでコメントできません。。。

日本人スタッフに聞いたところでは、学生はほぼ100%日本人で、非常に真面目に勉強する人が多いそうです。

実は、ファースト・イングリッシュは、セブの繁華街からは非常に遠いので、物理的に遊びに行きにくいという理由もあります。

学校から撮った写真。周りには何もありません。。。(生憎の雨でした)

DSC_0366

真面目に勉強する友人から刺激を貰って、自分も更に勉強する。
これが、一番良い環境だと思います。

 

以上、5つの「質」についてコメントしてみました。

少々褒め過ぎの感も否めませんが、近年できた日本人資本の学校は、
非常に工夫が凝らされており、日本人への配慮が随所に伺えます。

詳しくは学校のHPを見てみて下さい。

最後に、経営者の方の笑顔が素晴らしいですね!

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: 英語 フィリピン留学 タグ: , , , パーマリンク