セブからシンガポールに飛ぶ!!




今日は、セブからシンガポールへの直行便について。

マニラまで行けば、アジアの大抵の都市には飛ぶことができますが、
費用・コスト・ストレス(マニラ乗継)全ての点で、セブからの直行便
の方が断然ありがたいですね。

そこで、今日は、セブから最も多くの国際線直行便が飛んでいる
シンガポール線についてお話ししたいと思います。




 

まずは、結果から。

 

セブ発 シンガポール着

航空会社 出発 到着 運行日
セブパシフィック航空 15:00 18:40 月,水,金
セブパシフィック航空 19:55 23:35 毎日
タイガーエア 18:20 22:00
タイガーエア 12:20 16:00
タイガーエア 12:45 16:25
シルクエア 15:25 18:55 月、木、土
シルクエア 16:15 19:40 火、日
シルクエア 18:45 22:15

 

シンガポール発 セブ着

航空会社 出発 到着 運行日
セブパシフィック 0:20 4:00 毎日
セブパシフィック 19:25 23:05 月,水,金
タイガーエア 13:55 17:35
タイガーエア 8:00 11:40
タイガーエア 8:25 12:05
シルクエア 8:20 12:00
シルクエア 9:05 12:45 火、水、金、日
シルクエア 14:20 18:00

 

3つの航空会社が運航していますが、すべてLCCです。
シルクエアーは、かのシンガポール航空のLCC子会社です。

 

セブパシが、毎日
タイガーが週3便
シルクが週6便

 

飛行時間は公式には3時間40分ですが、実経験から実際には
3時間15分~20分程度です。

機体もどれもほぼ同じで、3列・3列の座席配置です。

 

そして、値段。

1月30日(金)セブ発
2月2日(月)シンガポール発
3泊4日の条件で、各社のHPで価格を調べてみました。

※機内食なし、荷物は預けない条件
※約1ヶ月前に予約した場合の値段

 

結果は、

セブパシ :7902 ペソ =21,270円
タイガー:7,726ペソ =20,797円
シルク:468 米ドル 

 

シルクエアーは論外ですが、セブパシとタイガーに
大きな差はありませんね。

ですので、時間帯や航空会社の好みで選べば良いと思います。

いずれにせよ、2万円ちょっとで海外旅行に行けるのですからお得ですね。

 

それと、豆知識を一つ。

シンガポール空港からホテルまでの移動について。

深夜着の場合は、MRT(電車)はありません。
よって、タクシーを使うことになります。

しかし、それなりの値段はするので(2,000円程度?)、セブでの格安タクシーに
慣れている人にとっては払うのが馬鹿らしくなります。

MRTを使えば、都心まで片道2.5シンガポールドル程度(約230円)ですから。。。

 

そこで、庶民の味方、バス。

空港の地下に行けば、バス乗り場があるのです。
空港リムジンとかではなく、普通の街を走っているバス。

シンガポール バス

値段は、MRTより若干安いのでかなりお得です。
ホテルの近くまで行くバスが仮になくても、まずは都心まで
バスで移動して、そこからタクシーに乗ればかなりの節約になります。

まあ、深夜の行動になりますので、海外に不慣れな方はタクシーを
使った方が良いかもしれませんが。。。

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

関連記事&おすすめ記事


カテゴリー: 旅のテクニック, 旅行記 タグ: , , , , , パーマリンク