セブ島 タクシーの安全な乗り方 Easy Taxi と Grab Taxi




本ブログでは、セブ島のタクシーについてボロクソに書いてきましたが、
ココとか、ココとか、ココ
最近、少し賢い乗り方を見つけました。

それは、タクシー配車サービスの活用です。

現在、セブにはGrab TaxiEasy Taxiの2社があります。
いずれも、スマホで簡単にアプリをダウンロードできます。

さて、何故、この配車サービスが優れているのか?



1, 第一に安全を確保できる

勿論、100%ではありませんが、流しのタクシーと比べて格段に安全を確保できます。
何故なら、ドライバーの身元が晒され、それを簡単に保存することができるからです。

まずは、出発地点と到着地を入力します。

Screenshot_2015-01-07-12-41-09

 

↓は運転手が見つかった時の画面。

右上に予想料金も表示されます(いつも少し高めに出ます)。

 

Screenshot_2015-01-07-12-42-21

 

そして、到着までの予想時間に加え、

運転手の顔写真、車のナンバーまで表示されます。

下段のContact Driverから電話やテキストも可能です。

↓ Grab Taxi

Screenshot_2015-01-07-12-43-13

 

↓ Easy Taxi

 

Screenshot_2015-01-12-23-59-18

さすがにこの状況で、犯罪や顧客への著しい非礼を働くことは、考えにくいと思います。

残念ながら、”ある程度の非礼”はありますが。。。

 

2, 面倒な料金交渉から解放される

メーターを倒さないタクシーは、セブからはいなくなりました。
(マニラは、依然として、殆ど倒しませんが。。。)

しかし、長距離ドライブの場合、追加料金を要求される確率が
未だに高いのは否めません。

例えば、セブシティから、マクタンのリゾートエリアまで乗ろうとすると、
乗った時点で、

”帰り道はお客さんがいなので(空車で走るので)、追加料金をくれ”

と言われます。

観光客や、英語があまり話せない方には、
平気で”追加で100ペソ”とか言うのです。

私の経験上、半分くらいの確率で、「追加なしで走る」か、
「降りて他のタクシー探すか」です。

しかし、雨の日などは、他のタクシーを探すのは本当に面倒です。

また、たとえ追加なしで走ったとしても、下りる時点でもう一度
「追加をくれ」と言われる確率が非常に高いのです。

本当にうざいのです。

私は良いサービスに対してチップを払うことは拒みませんが、
どう考えても、払いたくなるような対応ではありません。

しかし、配車サービスを使えば、この交渉から解放されます。
運転手は、会社にクレームを言われるのを恐れ、追加を要求することはありません。

私の経験上、今のところ一度もありません。

 

3、超混雑時でもタクシーを捕まえられる。

セブでは、「全くタクシーが捕まらない」という事態が頻繁に発生します。

下記のケースに当てはまる場合は、流しのタクシーを捕まえることは
ほぼ不可能です。

金曜日の夕方
強めの雨が降った時
給料日(フィイピンでは、月2回もあります)の夕方
クリスマス~年末年始

そんな時に、この配車サービスが役立ちます。

配車サービスのアプリには、チップ額を入れる欄があるのです。

Screenshot_2015-01-07-12-41-22

要は、「金で釣る」ことができるのです。

私は、セブシティからマクタンまで帰る際は、いつも配車サービスを使用しますが、
たまに捕まらないことがあります。

そういう時は、チップの欄に50ペソと入れれば、まず捕まえることができます。

20ペソでも割と捕まります。

50ペソでもダメだったのは、クリスマス直前の週末、12月20日(土)の夜だけでした。
この日は最後に、チップを100ペソにして、約40分後にタクシーを捕まえることができました。

同じ額のチップを払うにしても、こうやって”生きた使い方”をするのと、
失礼な態度で要求されて払うのとでは、雲泥の差です。

皆さんも、どんどんGrab taxi とEasy taxiを活用してください。
そして、酷いドライバーがいたら遠慮なく通報しましょう。
そうすることで、より安全なタクシー環境がこのセブで実現されることを切に望みます。
広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: フィリピンのタクシー タグ: , , パーマリンク