セブでビジネスを始める -5 営業許可取得




さて、今日は営業許可(Business Permit)の取得プロセスについて。

1, バランガイ・クリアランスを取得する

バランガイとは、フィリピンの最少行政単位のことです。
その役所は、日本でいう各市に複数ある「支所」のようなものでしょうか。

会社があるバランガイの事務所に、SECで得た書類等を提出し、
クリアランスを取得します。

また、法人住民税も支払います。
これは、日本と同様に「地方税」です。



2, 市役所(市長)に営業許可を申請する。

これまでのプロセスの中で、SECやバランガイで得た書類等と、
その他の資料を添えて、申請書を提出すれば終わりです。

”その他の資料”も、事務所の賃貸借契約書の写し等、
簡単に用意できるものばかりなので問題はありません。

また、事務所の査察もありますので、フィリピン人スタッフに対応して
貰えば大きな問題はないでしょう。

必要な書類を不備なく提出すれば、提出後30~40営業日で
営業許可が出ます。

私の経験上、フィリピンで何かと話題に上る”賄賂”を払う必要は全くありません。

規定に即した書類を提出すれば、正々堂々、正面突破できます。

 

↓当社の営業許可証です。

ビジネス パーミット

バランガイ・クリアランス

バランガイ クリアランス

これは、Business Tax Plate

ビジネス タックス プレート

 

 

当社では、下記に関する現地サポートを”リーズナブルな価格”で提供しております。
ご興味のある方は、是非、お問い合わせ下さい。

会社設立登記
営業許可取得
PEZA(税制優遇措置)取得
VISA取得
銀行口座の開設
月次・四半期・年次の納税手続き
フィリピン人雇用契約及び社会保障関連の手続き
オフィス開設(物件探し、契約手続き)
オフィス開設までの仮オフィスの提供
その他

良質なサービスを、リーズナブルな価格で、提供できる理由とは?

1、現地在住の日本人が直接対応 ~フィリピン人弁護士へのマージンなし

2、良質な現地ネットワーク ~経験豊富な現地企業とのアライアンス

3、フィリピン人と互角以上に渡り合える確かな英語力

4、日本における豊富なビジネス経験

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

関連記事&おすすめ記事


カテゴリー: セブ島現地ビジネス タグ: , , , , パーマリンク