セブでビジネスを始める -6 BIR登録




 

営業許可がおりたら、次はBIRへの登録です。

日本でも、すぐに税務署に届出をする必要があるので理解しやすいと思います。

 

1, まずTaxpayer Identification Number (TIN)を申請し取得します。

これは簡単です。

 

2, 次に、印紙税や登録料を支払います。

はい、これも払うだけです。

 

3, 請求書・領収書の作成許可を得て、印刷を依頼します。

私は、最初、これが何のことか分からなかったのですが、
フィリピンでは、自前の請求書や領収書の発行は認められません。

BIRの許可を得て、指定業者に印刷して貰う必要があるのです。

また、ここで言う領収書とは、Official Receipt(オフィシャル・レシート)のことで、
よく目にするAcknowledgement Receipt(アクナレジメント・レシート)とは異なります。

ちなみに、フィリピン人はオフィシャル・レシートのことを、
「オーアール(O.R.)」と呼びます。
最初の頃は、何のことか分かりませんでしたね。。。

 

4, 帳簿を購入しBIRの承認スタンプをもらう。

請求書・領収書同様に、フィリピンでは会計帳簿まで役所にコントロールされます。
文房具屋さんで帳簿を購入し、最初のページにBIRのスタンプをもらう必要があります(帳簿は1年単位で更新、都度BIRのスタンプをもらう)

 

そして、本当の地獄は、これらが「全て手書き」ということです。

 

書く方も面倒であれば、領収書の発行を待つ方もいい迷惑です。
フィリピンの事務処理の遅さの理由の一端は、間違いなくここにありますね。

 

(いつも通り)愚痴が入りましたが、これでBIRへの登録も完了です。

BIRとしては、どんどん登録して貰って早く税金を払って欲しいので、
この登録そのものは、さして難しいものではありません。

と言いつつ、フィリピンに慣れていないと結構大変かもしれませんが。。。

 

実はBIR以外にも諸々あります…ご参考まで。

 

Sanitary Permit

サニタリー パーミット

 

Fire Inspection Certificate

Fire Inspection Certificate

 

Environmental Inspection Certificate

Environmental Inspection Certificate

 

 

当社では、下記に関する現地サポートを”リーズナブルな価格”で提供しております。
ご興味のある方は、是非、お問い合わせ下さい。

会社設立登記
営業許可取得
PEZA(税制優遇措置)取得
VISA取得
銀行口座の開設
月次・四半期・年次の納税手続き
フィリピン人雇用契約及び社会保障関連の手続き
オフィス開設(物件探し、契約手続き)
オフィス開設までの仮オフィスの提供
その他

良質なサービスを、リーズナブルな価格で、提供できる理由とは?

1、現地在住の日本人が直接対応 ~フィリピン人弁護士へのマージンなし

2、良質な現地ネットワーク ~経験豊富な現地企業とのアライアンス

3、フィリピン人と互角以上に渡り合える確かな英語力

4、日本における豊富なビジネス経験

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: セブ島現地ビジネス BIR タグ: , , , パーマリンク