セブでビジネスを始める -8 法人口座開設




 

当社の法人口座は、BDO銀行なので、BDOでの手続きについて書きます。

銀行によって、多少手続きが異なる場合もあるかもしれませんが、
きっと大差はないと思います。

手続きは簡単です。

窓口に行って「法人口座を作りたいのでどうすればいいの?」
と聞けば教えてくれます。

必要な書類は(私の記憶ですが)、下記の通りです。

1, SECの登記資料一式のコピー
2, (銀行口座開設を取締役会が議決したことを証明する)Secretary’s Certificate
3, Signatory / シグナトリーの身分証明書のコピー

1は簡単ですね。
2も銀行でくれます。しかし、紙で渡されたので、”ファイルで下さい♥”
とお願いしたら直ぐにメールで送ってくれました。

3については、少し注意が必要。
というのも、シグナトリー以外は、この銀行口座での手続きができないのです。
シグナトリー以外の人が窓口に行っても、お金を引き出してもらえません。
たとえ社長であっても駄目です。
一方で、シグナトリーは役員でなくても誰でもなれます。

ちなみに、当社では私だけです。
シグナトリーの追加・変更等は、Secretary’s Certificateを
提出すれば、多分簡単にできると思います。



 

ここで、豆知識を二つ。

まずは、海外からの送金について。

日本等から海外送金した場合、5ドルの手数料を取られますが、
為替レートは全うです。

最初は少額を試しに送金してみたのですが、思いのほか良心的なレートで
安心しました。

次に、Interbank Fee / インターバンク・フィー

当社は、ITパークのBDOで法人口座を開設したのですが、
異なるブランチ / 支店でお金を下ろしたりすると、100ペソの手数料を取られます。

これが、インターバンク・フィーというものです。

ちなみに、セブ以外、例えばマニラだと200ペソ取られるそうです。
(私のヒアリングに間違いが無ければ)

BDOの職員、みんな声が小さいんですよね。。。
現地人とは大きな声で話しているのに。
シャイなのか、不愛想なのか、分かりませんが。

 

 

当社では、下記に関する現地サポートを”リーズナブルな価格”で提供しております。
ご興味のある方は、是非、お問い合わせ下さい。

会社設立登記
営業許可取得
PEZA(税制優遇措置)取得
VISA取得
銀行口座の開設
月次・四半期・年次の納税手続き
フィリピン人雇用契約及び社会保障関連の手続き
オフィス開設(物件探し、契約手続き)
オフィス開設までの仮オフィスの提供
その他

良質なサービスを、リーズナブルな価格で、提供できる理由とは?

1、現地在住の日本人が直接対応 ~フィリピン人弁護士へのマージンなし

2、良質な現地ネットワーク ~経験豊富な現地企業とのアライアンス

3、フィリピン人と互角以上に渡り合える確かな英語力

4、日本における豊富なビジネス経験

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: セブ島現地ビジネス タグ: , パーマリンク