セブパシよ!敢えて言おう、カスであると!




 

またまた、昨日からの続き。

私の記憶に間違いが無ければ、あれは1月2日か3日。
当然、ボラカイ島もピークシーズン。

何はともあれ、セブパシの予約カウンターへ。
事情を伝え(半分、悪態をつき)、次のセブ便の予約を申し入れた。

 

3日後です。

 

Pardon?? (なに??)

 

明後日までいっぱいです。
正月なので。

 

ようやく事態が飲み込めてきた。

このままだと、セブ行きの航空券、セブのホテル代を失うどころか、
日本への帰国便に乗ることも危うい。

当時、”泣き落とし”という”(ほぼ)100%フィリピ人を落とせる方法”を知らなかった私は、あらん限りの(F○ck以外)罵詈雑言・悪態を浴びせ交渉したが梨の礫。。。

 

セブは諦めるから、マニラ便なら何時?

 

明日までFully booked(満席)。

 

こいつらと、話しても無駄だ。

カスだ。

猿だ。



再度、気持ちを切り替え、他の航空会社へ。

まずは、フィリピン航空。

結果は同じ。

Zest air (いまは、エア・アジアに吸収されてます)

予想通り、同じ。

 

まあ、ここで焦っても仕方ない。
喫茶店に入り、ビールを飲み、喉を潤すと共に、脳を活性化させる。

と、その時、ホテルのガイドが通りかかった。

 

あれ、どうしてここにいるんですか?

 

(お前の迎えが遅いから)飛行機に乗り遅れた。

 

次の便は取れました?

 

3日後までない。
ちなみに、マニラ便すらない。

 

え~???

 

(そんなに驚いても、仕方ない。全部、お前のせいだけどな)
と口には出さず、心の中で中指を立てる。

 

ちょっと聞いてきます。

 

このガイド、フィリピン人には珍しく、責任を痛く感じたようで
航空会社に聞き込みに行ったのです。

しばらくして、ガイドが戻ってくる。

どうせ、無いだろ、と思いきや、

 

 

今夜、カリボからマニラまでの便に空席がありました。
フィリピン航空です!!

 

なるほど、その手があったか!

 

このガイドにコーラを一本驕り、
急いでフィリピン航空へと向かった。

早速、航空券を購入し、カリボまでのバスを待った。

 

当然、このカリボ⇒マニラ便も大幅に遅れ、
マニラのホテルに到着したのは、確か夜の10時を廻っていた。

 

この時失ったもの。

セブへの航空券代
セブのホテル代
マニラ行きの航空券代
マニラのホテル代
体力
フィリピンへの信頼感(もともと、ちょびっとだが)
そして、貴重な貴重なバカンス・タイム

 

得たもの。

セブパシへの憎悪
「いつか○すリスト」の新メンバー

 

※「敢えて言おう、カスであると」:機動戦士ガンダム ジオン軍ギレン・ザビの名言

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: 搭乗紀 セブパシフィック航空 タグ: , , , パーマリンク