イギリス英語を堪能できるお勧めコンテンツ




 

今日は、イギリス英語のハナシです。

最近、「これ、やば過ぎっ!!」ってレベルの、
ブリティッシュ・イングリッシュ・コンテンツに遭遇したので、
2つご紹介します。

 

最初は、BBC Podcast 606 Football Phone-in

606 football

http://www.bbc.co.uk/podcasts/series/606

Fans take part in a lively debate about the latest matches and talking points.
とある通り、熱狂的なフットボール・ファンが、直近の試合について議論を戦わせます。

この番組を聞くと、大学院よりパブやフットボール・スタジアムのことを思い出しますね。

イギリスにおいては、ビジネスやアカデミックな場と、それ以外の場では、「話される英語」が全く違うように聞こえるのです(少なくとも私には)。

そして、このpodcastでは、後者の、そう完全ローカルな英語を楽しむことができます。

この番組を聞いていると、

そうそう、これこれ!

こんな感じ!

と、思わず呟いてしまうくらい、ローカルそのものです。
熱くなったフットボール・オヤジから、若い女性のファンまで参加者も多様です。

私は、いつもニヤニヤしながら聞いています。

是非、お試し下さい!



次は、映画 The theory of Everything

邦題は、博士と彼女のセオリー

今回の日本帰国の際に、機内で観ました(2回も)。

物理学者スティーブン・ホーキングの自伝的映画です。
(ホーキング、いままでアメリカ人と思ってました…まさかイギリス人とは)

映画としてもかなりレベルは高いと思います。
少なくとも、私はかなり好き。

アカデミー賞にも5部門ノミネートされ、オスカー直前には毎日のようにBBCで扱われていました。

 

さて、映画の舞台は、イギリスのケンブリッジ(大学)。

ロンドンからも近く、私も訪れたことがあるのですが、
それは、それは、lovelyな街なんです。

緑豊かで、運河が走っていて、校舎そのものが歴史的建造物。

そんなケンブリッジで、私には耳慣れた
”大学で話される”ブリティッシュ・イングリッシュ
が満載です。

ちょっと気取り過ぎでは?と思えるようなシーンもあります。

個人的には、こうしたPoshな Englishは大好きですが…

606footballに比べれば、断然、聞きやすいので是非お試し下さい。

敢えて、日本語字幕なしの予告編です↓

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: 英語 フィリピン留学, イギリス生活&MBA タグ: パーマリンク