セブ島 インターネット事情 / 月額利用料金とダウンロード・スピード




 

以前、オフィスの”イニシャルコスト”についてお話しましたが(家賃工事費家具空調)、今回は、”ランニング・コスト”についてお話します。

 

毎月掛かるコストといえば、細かい雑費を除くと家賃以外では下記の3つですね

インターネット回線料金
電気料金
水道料金

 

そして、具体的に当社の支出額は、

 

インターネット回線料金 : 5,800ペソ
電気料金 : 1476.45ペソ(2014年5月実績)
水道料金 : 102.6ペソ(同実績)

 

3つ合わせて、日本円で約17,000円。
事務所スペース50㎡、従業員5名程度、夜間シフトなし、でこの程度です。



 

電気料金の大半は空調ですので、季節によって多少の変動はでます。

基本、常夏のセブですが、雨季と乾季では結構気温の差はあるのです。

 

そして、やはり最大のコストはネット料金ですね。
月間5,800ペソが、高いのか安いのか?

 

コスパベースで考えると(日本と比較した場合)、激高です!

 

なぜなら、めちゃくちゃ遅いのです。

 

ネットがあるフィリピン人家庭では、月間1,000ペソのパッケージが一般的です。
外国人や比較的裕福な現地の方で、月間2,000ペソ程度。
私も自宅のネットは、月額2,000ペソです。

それと比べると、5,800ペソって相当なものですよね。

しかしながら、こんなものです↓。

 

speed test

 

実は、Download 4.16 Mbpsって、新記録です(少し感動)。
いつもは、4Mbps以下です。

 

当社では、フィリピン最大手の
PLDT(Philippine Long Distance Telephone Company)のビジネス・ラインを使っていますが、HP上で、どうしても料金表が見つからないので、競合相手のGlobe社の料金表を貼り付けます。

 

Globe price list

スミマセン、少し見にくいですね。

 

一番上が、ダウンロードのスピードで、
左から2Mbps, 3Mbps, 5Mbps 10Mbps, 15Mbpsです。

そして、2行目が月間コストです。

 

皆さんの参考になれば幸いです。

ただし、契約通りのスピードが出るかどうかは、誰も保障してくれません。

そして、いつも繋がるとは限らないのが、フィリピンです。
広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: セブ島現地ビジネス タグ: , , , , , パーマリンク