フィリピンの洗濯事情




海外に住んでみて、困ることの一つは洗濯。

先進国のイギリスでも大変なんです。

↓は、私が実際に住んでいたイギリスのフラットのキッチンです。

2012-09-14 17.41.39

奥の方に、洗濯機らしきものが見えますよね?

そうなんです。

 

イギリスでは、キッチンに洗濯機があるのが”普通”なんです。

 

そして、この洗濯機が相当頭悪い。

 

一度廻し始めると、止まるまで、扉を開けられないのです。
安全上の問題でしょうが、「あっ、これ入れるの忘れた」って時でも、
どうにもならないのです。
確か、途中で止めることもできなかったような。。。

 

そして、もの凄く時間が掛かる。

 

乾燥機能までついているので、一気通貫で試したところ、

 

3時間超え

 

ありえません。

しかも、何枚かの服は完全に縮んでしまいました。

そりゃ、3時間もいじくりまわせば、縮みますよね。

ですから、それ以降、乾燥機は一度も使いませんでした。

というか、電気代の高いイギリスでは、みんなあまり乾燥機は使わないのです。

 



 

さて、一方でフィリピン。

ローカルエリアを歩いていると、こんな光景に出くわします。

 

グラフィックス1

 

はい、手洗いが普通です。

そこで、フィリピンの洗濯機の普及率を調べてみました。

しかし、フィリピンのサイトでは一向に見つかりません。

ところが、日本語でググったら一発。

↓です (表をクリックするとクリアに見れます)

グラフィックス2

http://www.apir.or.jp/ja/research/files/2013/03/423_02.pdf

 

フィリピンの洗濯器の普及率(2009年時点)

 

37.9%

 

う~ん…..

体感では、セブはもっと低いように感じます。

とはいえ、日本人にとっては驚愕の数字ですよね。

ですから、「家具付き」が普通のフィリピンのマンションでも、
洗濯機はついていないのです。

というか、”洗濯機置き場”がありません。

 

ということで、「洗濯屋さん」にお世話になることになります。

↓は、いまお世話になっているマクタンの洗濯屋さん

DSC_0668

DSC_0666

店内もこんな感じ。

なぜか、この日だけ異様に整理されていたのですが、普段は「いつ洗濯モノが無くなっても不思議ではない状態」です。

しかし、近くに他の店もないので、No Choiceです。

まあ、スタッフの対応は悪くないので良しとします。

 

参考までに、セブシティ在住時に使っていた2店。

KoshKosh

グラフィックス4

http://ceburyugaku.jp/8485/

スタッフの対応が良くなかったので、途中で他に切り替えました。

少量であっても、最低料金90ペソ(確か)を請求されます。
ということで、他に比べて高い。

クオリティは悪くない。

ダウニー多め。

ダウンロード

約束の時間以降に取りに行って、できていなかったこと数知れず。。。

 

次に、Wash’n dry

グラフィックス5

ここは、最低料金がないので安いです。

店内も綺麗。

しかし、やはり遅延は頻繁にありました。

ダウニー少な目。

洗剤もケチっている感じがしましたね。
たまに、生臭さが残っているように感じたことがあります。

 

いま考えると、日本の洗濯事情は、最高です….

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: フィリピン生活 タグ: , , パーマリンク