セブでビジネスを始める-12 GIS




 

「セブでビジネスを始める」シリーズ、久々の追加です。

 

フィリピンには、GISという書類があります。

General Information Sheet

の頭文字をとってG.I.S.です。

 

日本の商業登記簿謄本のようなもので、
株主構成等、会社の基本(重要)情報が記載された書類です。

作成は簡単です。
記載事項は、登記簿に全部載ってます(変更が無ければ)。



 

以下、主なルール。

・毎年、定時株主総会後30日以内に提出しなければいけません。

・提出先はSEC(Securities and Exchange Commission/証券取引所)

・Corporate Secretary(秘書役)の念書も要提出

・上記の提出日に関わらず、GISの記載内容に変更が生じた場合は、変更が生じた日から7日以内に変更分を提出しなければならない

・提出は、ハードコピーで4部 (2013年に5部から4部に削減)  

 フィリピンにもほんの少しエコ精神が

・オンラインでの提出も可能らしいので、詳細は担当者に確認した方が良いでしょう。

・提出が遅れた場合は、”フィリピン名物”罰金があります。
websiteに記載はありませんが500ペソです(セブの場合)
ホント、フィリピン人ってpenaltyが好きですね。
http://www.tripleiconsulting.com/legal-blog/sec-amends-gis-requirements/

 

 

他の手続きと比べて簡単ですが、
「うっかり忘れやすい手続き」なのでブログに書くことにしました。

はい、私もうっかり忘れて500ペソの罰金組です…

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: セブ島現地ビジネス タグ: パーマリンク