フィリピンでネット回線を移設する




 

さてPLDT

 

最初は 「ビジネス用回線」を「家庭用」に変更しようと思いましたが

あるコンドミニアムの家庭用回線が1本不要に

そこで ビジネスラインを解約し その家庭用をオフィスに移設することに

 

 

 

ここで もう一度 当社のエース Aリンの出番

Aリンには ホワイトボードに絵を書いて 懇切丁寧に説明

 

最初に家庭用を移設 その後でビジネスラインを解約ね!
(そうしないとオフィスのネットが無くなっちゃうから)

 

最初に家庭用を移設 その後でビジネスラインを解約ね!
(そうしないとオフィスのネットが無くなっちゃうから)

 

最初に家庭用を移設 その後でビジネスラインを解約ね!
(そうしないとオフィスのネットが無くなっちゃうから)

 

 

Yes Sir!  とAリン

(任せといて!あたしを誰だと思ってるの?って感じ)

 

 

 

 

3日後 我がオフィスから インターネット回線が無くなりました…

 

 

 

あれだけ言ったのに…

 



 

これがフィリピンです

 

これがフィリピンでビジネスをするということです

 

確実に それはもう間違いなく 期待を裏切ります…

 

幸いなことに 当社のスタッフは在宅で仕事をできる環境にしてあるので
致命的な事態ではありませんでしたが、やはり週1回程度はオフィスで
打ち合わせをします

 

その際 ネットが無いと不便です

 

結局 ネットが復旧したのは約2か月後のある日

 

私が業を煮やし Aリンに

 

毎日PLDTに電話して催促しなさい 

 

と指示をした翌日でした…

 

これだけ時間が掛かったのは PLDTの怠慢か Aリンの怠慢か…

 

真相は藪の中…

 

結局 このくらい強く言わないと物事は動かないのです

フィリピンでビジネスをするってこういうことなんです…

 
広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: セブのインターネット タグ: , パーマリンク