フィリピンで銀行口座を作る Metrobank編




 

フィリピンで銀行口座を作るのに必要なもの

 

1、2つのID (パスポートとACR-Iカードが望ましい)

2、現住所を特定できる請求書

3、写真

 

上記については多くのブログで書かれているので詳しい説明は省きますね

 

さて アヤラモールの地下へ

そこには BPIとMetrobankの店舗が隣り合わせにあります

 

時間帯は金曜日の午後

 

BPIは激コミ

店内では椅子が足りず立って待っている人まで

image2

 

一方でMetrobank

image1 (4)

 

スカスカ

顧客よりスタッフの方が多い状態



ということで まずはMetrobankへ

 

新しく口座作りたいんですけど

 

目的は何ですか?

あなたはフィリピンに住んでいるのですか?

 

まあ どの銀行に行ってもこういう質問から始まります
全然ウェルカムな感じはありません…

口座を作る目的って…(呆)

答えるのも阿保らしいですが 郷に入れば郷に従え なので
一応答えます

 

私はセブに一年以上住んでいて ○○の仕事をしていて
□□にオフィスがあります そして….

 

一応 先方了解

次に 必要書類の確認

 

「現住所を特定できる請求書」に関して
私は電気料金の請求書を持参しました

しかし その名義はコンドミニアムのオーナーの名前のまま

そこで もう1通 私の名前が記載されているMovenpick内の
スポーツジムの領収書を持参しました

 

私はこのオーナーから借りてここに住んでいます
そして これがジムの領収書
ねっ、住所同じでしょ?

 

上司に確認を取ります

 

はい よろしく

 

3営業日以内に連絡します

 

えっ?どういうこと?

 

本部の承認(approval)が必要なので ここでは判断できません

 

この支店の支店長は何のためにいるのか….

フィリピンのお役所仕事ぶりは 日本の数倍上をいきます
こんな些細なことでも「上の承認が必要」というのは よくあることです

 

権限移譲が進まない国

 

信用できないので委譲できない?

上の人間が 権限・権益を自分のものにしておきたいだけ?

 

まあ こういう背景が(おそらく)あって 無意味な書類が膨大にあるのです
そして 書類には間違いがつきもの
更に 処理は超スロー

こうしたサイクルが フィリピンの非効率さの裏には存在すると確信します

 

 

話を元に戻します

 

承認が得られたら 次はどういう流れになりますか?

 

来店して頂ければ 即日口座を開設します

 

当日 持参するものはありますか?

 

デポジット用の現金だけです

 

写真は不要?

 

パスポートのコピーを取ったので要りません

 

以上が MetroBankでのやり取り

 

そしてまとめ

・Metrobankでは 書類が完璧であれば即日開設が可能

・写真は不要

・必要書類は2つのIDと現住所を特定できる請求書だけ

 

店舗や担当者によって 間違いなく条件は異なると思いますが(フィリピンですから)
セブのアヤラモールの地下の店舗では 上記の通りでした

 

そして「3営業日以内にOKの返事が来る」と考えるほど
私の頭の中はお花畑ではないので 隣にあるBPIに向かいました

9月9日加筆:

予想通り、We can not let you open an account since it has been disapproved. という断りのテキストが入りました。

 

明日に続く…

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。


青木啓次 について

日本とは言語も文化も全く異なる別世界のフィリピン。セブ在住5年の筆者が、セブ島での生活とビジネスをリアルに語ります。嘘&誇張一切なし。ガチで書いてます。
カテゴリー: セブ島現地ビジネス フィリピンの銀行 タグ: , , パーマリンク