フィリピンの不動産 賃貸契約書




 

今日は少し実務的な内容

 

不動産の賃貸契約書

 

最近 いくつかの賃貸契約書に目を通す機会があったので 一般的なサンプルと共に
フィリピンの賃貸契約の特徴について簡単にお話します

といっても 原則は日本と同じなので安心してください

ちなみに イギリスも大差ありません(自分が住んでたフラットの契約書しか知りませんが)

 

 

まず 法人で事務所を契約する場合は
「取締役会の決議書」の提出を求められるのが一般的です

____________________, a corporation duly organized under and by virtue of the laws of the Philippines, with office postal address at ________City, represented in this act herein by its -President, ________, the duly authorized representative as evidenced by Board Resolution dated ________, herein attached as ANNEX A, and hereinafter referred to as the “LESSEE”;

 

 

共益費のことは 「コモン・デュー」とか「アソシエーション・デュー」と言います

COMMON DUES” – refers to the monthly share of all costs and expenses incurred in the operation (including but not limited to: utility bills, service agency fees, land and building tax), management, repair and maintenance, and restoration of Common Areas at a monthly rate per square meter of the area occupied as Leased Premises.

 

ちなみみ 契約書で頻出する表現

including but not limited to
~を含むがそれに限定されない

貸主にとっては メチャ便利が表現です

要は 「ここに全部は書けないけど全部含むね」くらいの意味

 

 

次は契約期間について

実はこれが要注意

PERIOD OF LEASE – The term of the lease shall be for a period of TWO (2) YEARS to commence on ______________ and to expire on ____________. If LESSEE does not formally advise LESSOR of its intention to non-renewal of this Contract or if LESSOR does not formally advise LESSEE of its intention to non-renewal of this Lease, ninety days (90) days prior to the prevailing expiry date, this contract shall be automatically renewed for one (1) year. The automatic renewal of this contract term is without limit.

 

事務所の場合は 通常 契約期間は2年

住居の場合は 半年か1年が一般的

そして ポイントは赤字の部分

 

退去通知は90日前 (日本のオフィスの場合は 半年とか普通ですね)

契約終了の90日前までに退去の意思表示をしない場合は 1年間自動延長

 

最初読んだときは  ?と思いました

1年延長しても 借主に支払能力が無かったら意味ないですよね

まあ この条項に関しては交渉次第だと思います
一方で この条項に引っ掛かって 移転を延期したという話も聞いたことがあります

 



 

次は 家賃の支払について

契約時に post dated checkの提出を求められることがあります

ポスト・デイティド・チェック

フィリピンでは まだまだ小切手が普通に流通してます
私は いつも事前に「小切手は受け取らない」と相手に念押ししますが…

このポスト・デイティド・チェック
賃貸契約が2年なら 将来の24回分の支払に応じた小切手を
将来の支払日の日付で発行する必要があります

私も提出しました

もう 小切手なんて書いたこと無かったので 書くだけで大変

小切手の振出日に 銀行に残高が無ければ意味ないのですが…

RENTAL – The total monthly rental (shown in the table below) of the Leased Premises shall be paid starting on _________. Upon signing of this contract, LESSEE shall submit post-dated checks of all future rental payments. Check payments shall not be considered as payment until it is encashed.

 

 

そして これも以前書いたかもしれませんが

There shall be an escalation rate of ten (10%) percent per annum, starting on the second year.

フィリピンでは 1年につき10%の値上げが法律で認められています

実際に 私も10%値上げされました

インフレの国 フィリピンです

 

 

契約に際して 1ケ月分の家賃を前払いします
これは 初月の家賃に充当されます

ADVANCE RENTAL – LESSEE agrees that upon signing of this Agreement, the advance rental fee including common dues equivalent to one (1) month of the total monthly rental , which shall then be applied to the first month of this Contract. The advance rent shall be payable upon the signing of this contract.

 

 

デポジット=敷金?
私の場合は3ヶ月分でしたが 一般的だと思います

礼金はありません

敷金の返還が 契約完了から3ヵ月後というのがフィリピンらしいです
ホント 金払いの悪い国なので注意してください

SECURITY DEPOSIT – In addition to the advance rental, the amount equivalent to three (3) months of the total monthly rental shall be deposited to the LESSOR as security deposit which shall be returned to the LESSEE interest-free (3) months after expiration or termination of this lease and after verification that there are no more obligations, penalties, damages due to the LESSOR by the LESSEE. The security deposit shall be payable upon the signing of this contract.

 

 

最後に火災保険

当社は掛けてません
当初 保険会社を探したのですが全く見つからず 放置してしまいました…

INSURANCE – The Lessee shall carry their own liability and property damage insurance covering any risk within the Leased Premises.

 

広告



Related Articles:

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

関連記事&おすすめ記事


カテゴリー: セブ島現地ビジネス タグ: , , パーマリンク